日本語の授業を取りたかったのに

高校生になって3日目の息子

昨日も緊張のあまり、ろくにランチも食べれなかったらしい。

今日は大丈夫かな、と思い、学校が終わった後の時間に

テキストをしたら、大丈夫、だって。

良かった~、と思っていたら

でも、ちょっと色々あって・・・。

夕食の時にでも話すよ、とテキストが返って来た。

な、何?

何があったの~?

良いこと?悪いこと?と聞いても

私の携帯はウンともスンともしない。



何があったかというと。

時を息子の入学前に戻す。

彼は、入学にあたり、みたいな資料の中に

外国語は必修で、学校でオファーされている授業は

スペイン語とフランス語。

それ以外にも、中国語、ドイツ語等、オンラインで受けることができる

と書いてあり、その中に日本語もあった。

へ~、こんな小さな町でも日本語が取れるんだ~、と

何だか嬉しかった私達。



恥ずかしながら、私は子供達に日本語を教えて来なかった。

(話がもっと過去に戻ってる・・・)

子供達は小さい頃から託児所に預けられていたので

日常的に日本語を話す機会が少なかったし

何といっても、私が根気がなかったから。

1日働いて家に帰ってきた後に

日本語で話しかけても、キョトンとしている子供達に

それはね、と英語で説明するのに疲れてしまったのもある。

特に娘は少し大きくなると、公衆で日本語で話しかけられるのを

恥ずかしがり、英語で話して!と言うようになり

もういいや、と諦めてしまった。



そんな娘は、彼女が中学生の頃に

友人が根気よく日本語を教えてくれたので

ひらがなの読み書き程度はできるようになった。

息子も、中学生になり、日本語が話せるようになりたい、と言い出し

事あるごとに、この意味はね、とか教えるようになったものの

全然続かない。



で、話を入学前に戻すと

息子は日本語の授業をオンラインで取れると知り大喜び。

本当は多くの友達が行く私立の高校に行きたかった彼は

このことで、踏ん切りがついたほど、楽しみにしていた。



そうしたら!

今日、オンラインの授業の担当の教師に初めて会い

日本語は選択できない、と言われたらしい。

そして、今すぐどの外国語にするか決めろ、とも。

スケジュールは学校側が認めたし

今さら言われても、と思わず感情的になってしまったらしい。

何でも、授業はオンラインでも、テストの採点は教師がするらしく

日本語を教えられる教師がいないためらしいが

よくわからない。



追いつめられて(?)、ドイツ語を取ります、と息子は答えたみたい。

え?ドイツ語?!

旦那は(ひいて息子も)ドイツ人の血が入っているけれど

ほんの少し(本当にすこーし)話すことができるくらいだし

私のようにネイティブ(日本語のね)じゃないからなあ。

息子は、その教師に対して感情的になったことは謝った、と言っていた。

母親の私でさえ、彼が怒るのをほとんど見たことないので

よっぽどショックだったのかも。



まあ、こんなことは、後になって振り返って

笑い話になるようなことだけれど

慣れない環境で、ランチタイムに

食事が喉を通らないほど緊張している息子にとっては

泣きっ面に蜂といった感じだったんだろう。

なんだか、聞いていてせつなくなった。

もう高校生だけど、いつまでたってもマイベイビーだからね

(また、そいういうことを・・・)

頑張れ、息子!

母は、明日学校に電話して聞いてみようと思う。

しゃしゃり出すぎかしら、とは思いつつ・・・。



では、おやすみなさい~。


読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

ドキドキ

週末にたっぷり寝て疲れを取るのが唯一の(?)楽しみなのに

両日とも用事があったりバイトがあったりで

7時間位ずつしか眠れなかった

よって今日は眠くて眠くて・・・。

やっぱり1週間に1晩は10時間ぶっ続けで寝ないとダメね!



今日、最後のカイロプラクターの治療に行って来た。

その前の治療は2週間前だったけれど

今日まで、ほとんど痛みも感じなかったし良好。

また調子が悪くなったら来てね、と言われて終了。

ああ、長い道のりだったw

まだ、腰や背中の筋肉が硬いらしいが

座りっぱなしの仕事に加えて

立ちっぱなしのバイトの組み合わせでは仕方ないね、とのこと。



あと、姿勢を気をつけるのももちろん大事だけれど

なるべく体を動かして、体をほぐすように、と言われた。

でも、エクササイズして腰を痛めたら、と、つい不安になってしまう。

動かない方がよっぽど悪い、と言われても

また痛めたらどうしよう、と心配になる私。

ゆっくり、少しずつ歩き始めてみようかな。



さて、明日は息子の高校への初登校日。

気の小さい彼は、2週間くらい前から徐々に早起きの練習をし

明日に備えて来た。

最後の最後にならないと行動に移さない私と大違い ( ゚ ロ゚)

息子が卒業した中学校は小中一緒で

ほとんどのクラスメートが系列の高校へ進学するなか

息子の高校へは彼を含めて3人なので

友達ができるかどうか心配みたい。

それより何より、高校生になること自体超ドッキドキみたい。

そんな彼を見ていたら、私までドキドキしてきたよw



こちらでは、スクールバス登校の子供達も

学校の初日は親に送ってもらったりすることが多い。

あと、小学校へ入学の場合なんかは

バスの後を学校まで付いていくお母さんも結構いる。

息子は高校へ行くということで、当然最初の日からバスで、と思っていたら

旦那が、学校まで二人で送って行こう、と言う・・・・。

こちらの高校は朝の7時ごろに始まるので、明日は早起きだ~。

その翌日からは、朝に強い旦那が息子と一緒に早起きしてくれる。

ありがたや~

朝、本当に弱いんです、私・・・ とか言ってないで

早寝早起きの生活に変えるいい機会かもね。



ということで今日は11時前に寝るぞー!

明日の午前中は半休を取っていて、息子を送ったあと

友人達と用事があり、そしてランチを一緒にとる予定。

忙しくなりそう~!

おやすみなさい





読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

子供達とショッピング

4日連続のお休みも今日が最後。

はぁ~、明日からまた仕事かあ。

たった2日有休とっただけだけど、メールを開けるの怖い。

ん?なんか、ウツっぽいぞ、私。

リフレッシュしたはずなのに、おかしいなあ ┐( ´ o `)┌



え~と、気をとりなおしてっと。

今日は、子供達と3人でミルウォーキーのモールへショッピング。

(ショッピング嫌いの旦那はお留守番)

メインは息子の洋服を買うこと。

アメリカでは新学年が始まる前の夏に

Back to school shopping といって、学校の文房具の他に

ガッツリ子供の洋服を買う人が多い。

バイト先のデパートでも、500ドル分とかいっぺんに買う人も結構いる。

うちでは、洋服が小さくなったら、その都度次のサイズの洋服を買う。

あとは、バイト先のデパートでお買い得のときに、えいやっと買ったり。

今回は、何となく、彼が高校生になるということで

私が妙にワクワクしてるからw

まあ、彼の誕生日のプレゼントも兼ねてるけれど。



彼の誕生日には、実はラップトップも買った。

やっぱり高校生になったら必需品かな、と思って。

それで予算いっぱいいっぱいだったので

今回はセールのものをハンティングしに。

いくつか彼の気に入ったTシャツがあったので、それを購入。

靴も必要なんだけれど、あまり好みのものがなくて

これはまた今度。



娘も一緒だったので、彼女のお気に入りの

ZumiezやJourneyに寄ったり、ぶらぶら。

で、Hot Topic へも冷やかしに入った。

ココは、日本で言えば、ヴィレッジヴァンガードみたいな雑貨屋さん。

ソフトなオタク系。

日本のアニメのものもたくさん置いてある。


20150809-3.jpg
ジブリのものも色々

20150809-2.jpg
顔なし

20150809-4.jpg
進撃の巨人

娘が弟へのプレゼント、と進撃の巨人のTシャツを買ってあげていた。



Old Navy に寄って、思わずギョッとしたのでパチリ。

20150809-1.jpg

入り口を入ったら迎えてくれていた“人々”。

マネキンの集合体ってなんかコワい。



昨日バイトで8時間のシフトを働いたせいか

ぶらぶら歩いているうちに腰が痛くて痛くて・・・。

時々座りながらソロソロと歩いた。

普段はほとんど痛まないんだけれど

やっぱり、ちょっと動きすぎるとダメなのね・・・。

あ~、この腰早く治らないかなあ。

でも、子供達をからかったり、反対にからかわれたりで

大笑いしながらのショッピングはとても楽しくて

休日の終わりにぴったりな過ごし方だった。




読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

息子の誕生日

いやー、昨日はヘンな人でしたねー、私。

有休2日取るだけで、あれだけ浮かれる人も珍しい。

とにかく、旅行に行きはしなくても

平日に堂々と休むのは気分がいい。

(ちょっと負け惜しみが12%位入ってるけど 笑)



さて、今日は息子の14回目の誕生日。

声変わりもまだだし、背も低いし細っこいので

まだまだ男の子って感じ。

額のにきびだけが思春期を主張してるかな。

これから、彼はぐんぐん変わっていくんだろうな。



思春期といえば、まだその時期にさしかかったばかりだからか

彼にはまだ反抗期が来ていない。

今まで、父親に言い返したりしたことが2、3回あった位けれど

それはその時々にすぐ鎮火したし、普段の態度は全く変わっていない。

そういえば、私に言い返したことって全然ないかも。

これから来るんだろうか、反抗期。



私の反抗期はかなりひどかったし、娘のもしかり。

もう10年近く前のことだから、よく覚えてないけど(笑)

でも、今思えば、これはホルモンのせいでコントロール出来てないのね~

とはっきりわかるような反抗の仕方だったような。

とにかく、私の言うことに同意したら負けって思っていた感じ(笑)

っていうか、彼女は私に似て天邪鬼なところがあるので

今でも態度が悪くて、いっつも私をキーーーっと言わせる天才。

あの人の反抗期は終わってないのかも。



で、息子の誕生日に、久しぶりに家族で外食。

彼のリクエストで近辺にある日本食レストランへ。

旦那はとんかつ、息子はテリヤキチキン、娘は鉄火丼

私はちらし寿司。

まあまあおいしかった。

IMG_4592.jpg


あ、ちょっとだけ愚痴。

ここは日本食レストランで、スタッフは全員アジア系だけれど

日本人のスタッフはいない。

キッチンにいるのかはわからないけれど。

私達のテーブルを担当したウェイターは新人なのか

メニューに何があるか把握していないらしく

メニューを差して、これを下さい、と言わないといけなかったくらい。



それで、一番むううっと思ったのが

飲み物のオーダーで、ラムネありますか、と聞いたら

ないです、コークでいいですか?と返って来たので

あら、もう置いてないのかしら、思い、OKと答えた。

息子はこれが楽しみのひとつだったので、ちょっとガッカリ。



で、5分ほどして、仕事帰りの娘が合流。

そして、彼女がJapanese Soda,please とオーダーしたら

ちゃんとラムネが出てきた!

ラムネって何か知らないんだよ、きっと。

と、むっとする私をなだめる家族。

日本語で、ラムネではなく英語でRamune とちゃんと書いてあるよ!






別に日本のものを知らないから怒ってるんじゃなくて

仕事をしている以上、自分の勤め先がどんなものを

提供しているのか、きちんと把握しているべき、と言いたいだけよ。

第一、日本食レストランで働いているのに

Tekkadon (鉄火丼)やTonkatsu (とんかつ)を知らないってどーいうこと?

と鼻息の荒い私に、思いっきり引いている家族。

結局息子にはラムネを追加オーダーしてあげた。



私ったら楽しい有休のはずなのに、何怒ってんのかしらね

デパートでバイト始めてから、サービス業の人に対する目が

かなり厳しくなった様な気がする。

今思い返すと、ウェイターの彼の顔には

1回も笑みが浮かばなかった。

そういえば、How are you? の一言もなかったし。

Ramune ってなんですか?とか、コミュニケーションを取っていたら

こういうことななかったんだろうな。

やっぱり、サービス業は、客とのコミュニケーションが大事なのね~。



あ゛~~~、ちょっとだけ愚痴とか言っといて、すんごく長くなっちゃった。

更年期かな(何でも、更年期のせいにする)。

失礼しましたw( ̄Ω ̄;)ゞ



明日は息子とスクールショッピング(新学期の用意の買い物)の予定。

楽しみ~♪

では、おやすみなさい。





読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

夢で遭えた / 息子のトリップ

元義母が亡くなったその夜

彼女が夢に出てきた。

私は彼女と2人きりではなく、周りにも何人かいて

確か、彼女はベンチに座っていた。

私は普段一度寝付くと朝まで起きない。

でも、夕べは、夢の印象が強かったのか、途中で目が覚めた。

そして、ああ、今彼女が夢に出てきた、と嬉しくなり

その様子をちゃんと覚えておかなくちゃ、と自分に言い聞かせ

またすぐに眠りに落ちた。



翌朝起きて、娘に、あなたのおばあちゃんが夢に出てきたよ、と告げた。

どんな夢だったの?と聞かれたものの

もう、その夢はおぼろげで、ほとんど思い出せなかった。

覚えているのは、彼女が笑っていたこと。

一度目が覚めたときに、あ、お義母さんが笑っていた!

とホッとしたのを覚えているから。

あと、そこがとても明るい場所だったことと

彼女が赤の入った洋服を着ていることくらい。

これって、ただ単に、彼女のことを思いながら眠りについたからかな。

私的には、自分本位な解釈かもしれないけれど

もう一度会いたかったのに、と後悔していた私に会いに来てくれた。

そう思いたい。





----------------------------


今日、旦那と2人で、息子をシカゴの叔母宅へ送って行った。

息子は、来週の日曜日まで叔母家族と過ごす。

メインイベントは、叔母、そして彼女のひ孫達4人の総勢6人で

ウィスコンシンの北の方へ向い

別のひ孫3人と落ち合い、川下りを楽しみ、そこで一泊。

そして、その後、ウィスコンシン・デルズへ行き、そこで二泊。



彼は、まだベビーカーに乗っているころ

一度デルズへ連れて行ったことはあるけれど

全く覚えていない(当たり前)ので

彼にとっては初めてのトリップ。

以前から行きたがっていたので

ひ孫達に交ぜて連れて行ってくれる叔母に感謝。

彼らの1人はジョージアから遊びに来ていて息子と同じ歳。

何回も会っていて、とても仲が良い。

きっと楽しんで、真っ黒になって帰って来ることだろうな。

(私はちょっと寂しいけど!)



では、また。



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ