あれから1年

今日はリーバイの命日だった。

あれから1年たったんだなあ。

私が寝ている間に静かに逝ってしまったリーバイ。

ゆうべというか今朝の0時過ぎにお線香を焚いた。

お線香って夜に焚いていいんだかどうだかわからないけど。

リーバイが大好きだったローハイド・スティックをお供えして。



この1年の間に、リーバイをそばに感じたのは一度だけ。

夢を見たのも一度だけ。

ゆうべも出てきてくれなかった。

もう生まれ変わって素敵な飼い主と一緒なのかな・・。

そうだったらいいな。

でも、たまには夢に出てきてくれないかな。

20131224Levi.jpg
これは雪の中で撮った写真。バックグラウンドが空みたい。



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

ルーシーのおねしょ

夏時間になって二日目の今日。

気温が上がり、雪解けが始まった!

(上がったといっても10℃とかだけどさ~)

やっぱり太陽が出ていて空が青いだけで気分は上昇。

3-9-2015 PM

とはいっても、まだまだ肌寒いので、ダウンコートを着ていた私だけど

仕事帰りにスーパーへ寄ったら

さすがアメリカ人、コートを着ている人は少なくて

中には半そでのTシャツだけの人も。

季節感ないのよね~、全く



さて、うちのわんこのルーシー(もうすぐ3歳)は

トイレトレーニングが終わった後、息子の部屋で寝るようになった。

ちょっと怖がりの息子は、ルーシーがいるだけで安心するし

ルーシーも誰かの隣でぴったりと寝るのが好きなので

まあ、Win-Win なのね。



でも、しばらく前から、誰も見ていない時に

自分のベッドや息子のベッドで粗相することがたまにあり

息子の部屋に出入り禁止にして様子を見ることになった。

その間、息子が寝た後に、彼の部屋のドアの前で

じっと座って待つ様子はちょっと寂しそうだったけれど

洗濯の量がハンパなかったので(こんな理由でごめん)

リビングで寝るように促すのが習慣になっていった。



そんな彼女も、ここしばらく自分のベッドを汚さないようになり

よく寝るカウチでも全く粗相しなかったので

ちょうど、息子にまだルーシーは僕の部屋で寝ちゃダメなの?

と聞かれたのもあり

今夜からまたお試ししてみるか!ということになった。

それなら、と、冬の間入れていなかったお風呂にも入れた。

久しぶりで気持ち良さそうだったわ~




今、思い返すに、粗相するようになったのは

リーバイがいなくなってしまった後だったような気がする。

彼女も色々不安定だったのかな。

犬もそんなに長い間、相棒の死をひきずるものなの?

不安定といえば、彼女は盲目なので

そういうことも精神的に影響するのかな。

それとも、トイレも近かったので、ただ単に軽い膀胱炎か

何かだったのかな。



さて、これから念のために、ルーシーを一度トイレに

出してから寝ようっと。

明日の朝に、大きな日本地図が息子のベッドに

できてませんように!




読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

夢で逢えたね。

Young Levi
2歳くらいのリーバイ


ゆうべ、リーバイの夢を見た。

あの子がいなくなって3ヶ月。

初めて夢に出てきてくれた。



夢の中で、ルーシーはドアの外に寝そべっていて

リーバイがぴょんとベッドに上がって来て

生きている頃よくやっていたように

私の隣に真ん丸く、くるんと横になった。

そんなリーバイを当たり前のようになでている夢。



朝起きたときは、リーバイの夢を見た!と嬉しかったけれど

今は、これを書きながら涙が止まらない。

I miss you, Levi.




読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

お知らせ

リーバイが永眠しました。
しばらくブログをおやすみします。

リーバイ、獣医へ

ここのところリーバイのお腹の調子が悪く

時々吐いたりしていたのだが

夕べ、夜中から今朝にかけて5回も吐いてしまった彼。

その度に起きていた私も寝不足でふらふら。

朝のリーバイの様子は、普段と変わらず、目もクリアだし

ぐったりもしていない。

でも、あんなに吐いたりしていることは

もしかして胃腸のどこかに異物でも詰まっているのかも、と思い

会社から獣医へ電話し、午後一番の予約を取った。

リーバイはルーシーと違って、もう7歳だし

その辺に転がっているものを噛んだり、食べたりはしないけれど

念のため。



獣医というか動物病院が苦手な彼は

車に乗った時からくーんくん、鳴いている。

なんで、わかっちゃうのかしら。

私が心配してるのが伝わっちゃうのかしらね。

診断が終わって帰るときになると、全然鳴かないもの。



私が行く動物病院は獣医が4人か5人いて

今日は、うちの2匹の主治医(?)との予約は取れなかった。

でも、今日予約を取った獣医さんは、友人が彼女のペット達を

連れて行ってると聞いたことがあるので、とりあえず安心。



獣医でチェックインしてから、小一時間ほど待たされた。

その間、リーバイはうろうろ、うろうろ、落ち着かない。

外に連れ出して、ちょっと歩きまわったり

他のわんこ達のオーナー達と話したりして

時間をつぶしたあと、やっと診察開始。


201406301.jpg
まな板の上のリーバイ


熱をはかり、触診等しても、特に気になるところはない様子。

異物が詰まってるってことはないですか?と聞くと

お腹を押してもリーバイは無反応だし

(何かが入っていたら、痛がるし、脹れていたりするとのこと)

肛門の中を触診しても、何の異常も感じられないとのこと。

獣医さんのいうことには

もしかしたら膵炎かもしれないし、ただの胃腸の不調かもしれない。

なので、血液の検査をしてみましょう、とのこと。

とりあえず、吐き気止めやら何やらを注射してもらった。



ちょっと、中断。

今夜は雷雨で荒れ模様なのだが

今(夜10:50位)、外の様子がくっきり見えるくらいに

光ったかと思うと、ずーん!とすごい轟きがして家が揺れた。

いくら雷好きの私でも、びびって、キャッと叫んでしまった。

旦那も息子も、それぞれの場所から飛び出してきた位。

うちの犬達は、雷とか全然平気なんだけど

今回は、思わず、ワン!って吠えてた(笑)

近くに落ちたのかしら。

火事とかにならないといいけど。



えーと、リーバイの話。

夕ご飯にはドッグフードではく、さつまいもをあげた。

今のところ、吐いてもいないし、とりあえず元気。

今日は獣医のところで思ったより時間を取られてしまったので

仕事に戻らず、半休を取ることにした。

リーバイを家に連れて帰り、ちょっと一息。

会社に戻るつもりだったので、点けっ放しにしてきた

ラップトップを取りに仕事場へ出向くついでに

せっかくなので、友人のくーみーとマックで落ち合い

小一時間お茶をした。

その後、彼女の娘さんがビーチバレーをしているミシガン湖の.

ビーチへ息子をちょっとだけ連れて行った。

ゲーム漬けの息子もバレーに参加させてもらい

久しぶりに手足を伸ばし、楽しそうだった。

201406302.jpg
ビーチバレー用のポストがいっぱい立っている。



今日は、リーバイ共々ゆっくり寝れますように。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ