LMAO! アメリカのおもしろ誤変換 2

去年一度取り上げたスマホでのテキスト(メール)の

笑えるAutocorrect(自動修正)誤変換。

新しいのを仕入れたので、パート2いきますよ!

なるべくクリーンなものを選んだつもりですが

ま、誤変換なので!




DYAC201406b.jpg

ヴァンパイアのおむつ??

確かあのTV番組名はヴァンパイアダイアリーだったような。




DYAC201406c.jpg

え?あなたはイエス様?



DYAC201406d.jpg

ホラーですな。



DYAC201406ec.jpg

お願い。間違いだと言って。



DYAC201406f.jpg

裸でですと?ビジネスのメールなのに。



DYAC201406g.jpg

授業中に自爆。




番外編 面白いメール

DYAC201406a.jpg
わかってないお母さんからの素朴なリクエスト。



楽しんで頂けたらいいな。



引用元: Damn You Autocorrect


読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

LMAO! アメリカのおもしろ誤変換

日本のメールの笑かす誤変換の例をいろいろ読んで、

大笑いしたことがあるが、

アメリカでもあって、これも笑える。

え、アルファベットなのに誤変換?

あるんですねえ。

これは、スマートフォンなどは

MSワードのような文章作成ソフトウェアと同じように

スペルチェックの機能があり、

間違ったスペルを自動で直してくれる。

英語で Auto Correct (オートコレクト)という。

IT用語辞典 e-Words では以下のように定義している。

よくあるスペルミスや機能の誤用をパターン化して記憶しておき、
パターンに一致する入力があった時に自動修正を行う機能のこと。
数字の表記や長音記号の使用法など、表記のゆれを補正・統一する
のにも使われる。

他の携帯やスマートフォンはわからないが、

iPhoneは単語をタイプを始めると、

ちいさなウィンドウに、

もしかして、この単語?とばかりに

単語を提案してくれる。

これは、結構便利ではあるが、注意しないと、

とんでもないオートコレクトされた単語が使われた

メッセージを送ってしまうことも。


今日、職場でお昼休みにネットサーフィンをしていて、

オートコレクトに関する記事を見つけた。

あまりにも面白くて、涙がちょちょぎれた。

さっき、その取材された記事のソースサイトをチェックしたら、

あるわ、あるわ、おかしいのが。

ちょっと、きれいめなの(これでもきれいめなんです!)

を載せてみます。

では、どうぞ。


あ、ちなみに、LMAOは Laughing My Ass Offの略。

おへそでお湯沸かしちゃうよ~のちょっとお下品版。



auto correct1
おばあちゃんはまだ生きてるってば。


auto correct8
え?聞くんじゃなかった...?


auto correct7
どうやったら、now が you に変換されるの?


auto correct9
パンツのグリル焼き一丁あがり!


auto correct4
一字違いだけれども。


ランキング参加中!

一日一回どちらかにクリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村