忙しくなりそう

今日は先週金曜日に辞表を出した同僚の

最後の出勤日。

私が彼女の仕事の引継ぎを受けた。

その時に、彼女が言うには

本当は今日出勤するのを迷ったんだけど

あなたを路頭に迷わせたくなかったから来たのよ~

新しい同僚達のことは別にどうでもいいけど

以前からのチームメンバーだもんね、だって。

うーん。

1分でも1秒でもここにいたくなさそうな彼女。

でも、私としては、たった1日の引継ぎだと不安・・・。



そんな彼女からの引継ぎは超早いペースで行われた。

週一のデータ・クエリーやらレポート作成

データ・ファイルの保存場所等

日常業務について、手短に説明する彼女。

彼女が引継ぎにかけた時間は1日どころか、なんとたったの2時間。

それが終わり次第、彼女はランチ前に退社したらしい。

らしい、というのは、彼女は親しい人には挨拶したのかもしれないが

いつの間にかいなくなっていて

周りの同僚に聞いても、誰もいつ退社したのか知らなかった。



とにかく、業務自体は難しくはなさそうだけれど

運輸会社とのシステムでの連動のステップ等

基本的な知識が私には不足しているし

彼女からは業務のみの引継ぎのみで

それらの背景にあるビジネスの説明はなかったので

これから仕事しながら勉強することになりそう。

そのシステム自体はファンクションは違うものの

私も利用しているものなので、まあ、何とかなるでしょう。

ただ、私の仕事を別の同僚への引継ぎもしなければならないから

しばらくの間は、業務に遅れが少し出るかも。

え?残業?イヤーーー!



とは本当は言ってられないんだけれど

私にはバイトもある・・・。

え?バイトを休めばいーのでは?

そうなんだけれど、来週は年に2回だけある

大きなセールが入っているので、店員はみんなフル稼働。

私も20時間もシフトが入っている。

どうすんの~ (×o×;)

これは何かの修行なのか・・・。

さっきも言ったけど、まあ、何とかなるでしょう。

頑張るぜ。



Have a good night☆



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

職場でドラマ、再び。

今週末はレイバーデーをはさんだ3連休なのに

バイトが金曜日から月曜日まで続けて入っている (´д`)

でも、今日は夜7時から11時までのシフトだったので

夕べは思いっきり睡眠が取れた!

朝1時に就寝して午後の3時半まで。

その間、息子に起こされ、頭痛で目が覚め

トイレに起きたものの、眠くて眠くて起きていられず

14時間以上寝ました!(゚∀゚)

あー、すっきりした。



さて、先月、ジェラシーには早すぎるというタイトルで

同僚が異動するかも、とジェラシーに満ちた推測をして

当たってるかどうか報告すると書いた。

結果は、半分当たって、半分はずれ。

当たったのは、彼女が今のポジションから離れること。

はずれたのは、隣の部署へは異動しないこと。

もしかしたら、彼女は隣の部署のポジションに応募したかも知れないが

私は彼女とは親しくないし、わからない。



で、彼女は今のポジションを離れてどこへ行くか、というと

別の会社。

彼女が上司に不満があったのは明らかだったので

転職先が見つかって良かったね、なんだけれど

ちょっと複雑な気分。



アメリカでは、辞職するときは2週間前に会社へ通告するのが

礼儀、といういか一般的なんだけれど

彼女は1日前に通告!

金曜日に週明けの火曜日(月曜はお休み)が最後の出勤日と

上司へ伝えた。

多分、上司への仕返しのつもりなのだろうが

直接の災難は私達同僚へ降りかかる・・・・。

1日じゃ、きちんとした引継ぎは無理。

経費削減で、彼女のポジションをうめないようだし。



結局グループ内で、仕事内容のシャッフルがまた行われる。

私が彼女の仕事を引き継ぎ

私が今までやっていた仕事は別の同僚が引き継ぐ。

その同僚は、今まで取り組んでいたプロジェクトが

一段落したらしく、それはラッキーといえばラッキー。

でも、彼女は私がやっていた仕事を引き継ぐのが不本意らしく

上司の前で、私も他の仕事を探すから、と宣言。

もう、なんだかなあ・・・・。

火曜日に出勤するのが憂鬱ですわ。



あああ、もう1時半。

明日のバイトは朝10時からだから、もう寝ないと。

では、またね~。



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

いつかは・・・。

金曜日に同僚のドロシーがリタイアした。

うちの会社では会社を退職する際、最後の日に

Exit Interview といって人事の退職者面接があり

それが終わったらいつでも帰っていい。

ドロシーは、名残り惜しそうで

2時の面接が終わった後、4時ごろまでには出るわ~

と言いつつも、5時過ぎまで残っていた。


Dorothy.jpg

彼女は多分60代前半。

高校を出たあと、10何年か別の会社で勤めた後

今の会社に移り、26年間勤務。

旦那さんが急に亡くなったあと

50歳を過ぎてから働きながら大学へ通い出し、何年か前に無事卒業。

芯の強い女性なのである。

私も大学院へ行くかどうか迷っていた時は

ドロシーだって50歳過ぎてからやり通したから、私も頑張るか!?

といつも思っていたけれど、まあ色々事情もあり、結局行っていない。



アメリカでは定年退職というものがないので

退職して収入がなくなっても生活できる見通しが立ったときに

リタイアする、というのが一般的。

退職後に今までできなかったことを色々楽しめる歳で

なおかつ健康だったら言うことない、とみんな口を揃えて言う。

私なんていつかリタイアできる日が来るんだろうか

よぼよぼのおばあちゃんになってもリタイア出来なかったらどうしよう!

と言うと、リタイアした人達は

その日は自分が思っているより早く来るから大丈夫!

とみんな言ってくれるけど、本当かなあ。

って、もうすぐ50歳になっちゃうんですけど!



働き者のドロシーは

I'm going to miss the work と言っていた。

私、働くの好きだし、自分の仕事大好きだったから、だって。

私なんてリタイアしたら、ぜーーーったいそんなこと思わないと思う(キッパリ)。

遊ぶことに夢中になれる程元気なうちにリタイアできるといいなあ。

って、ぐうたらな私はヒッキーになっちゃったりして(笑)



では、また~。


読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ


コメント欄は、ブログタイトルの下の吹き出しマークの横の

数字をクリックすると表示されます。


お化けズッキーニ / くじ引きに当たる

ここ2日ほど職場で腹痛やら頭痛に悩まされている。

昨日は腹痛に吐き気が加わってギブアップ。

早退してしまった。

これって、会社に行きたくない病か ( ̄□ ̄;)!!

と思ったけれど、今日の午後にはすっかり治ってしまったのでw

(ちなみに1日オフィスにいた)

24 Hour Flu か何かかな。




おととい、仲良の良い同僚から

ズッキーニいくつか(Some zucchini) いる?とテキストが来たので

いる~、と返事を出した。



IMG_4662.jpg



で、翌朝出勤すると、私の椅子の上に大きな紙袋があったので

ふむふむ、ズッキーニだな、と思って袋の中をのぞいたら

なんだか、でっかいのが一つ入っていた!


IMG_4658.jpg


テレビのリモコンと比べると、そのデカさがわかるでしょ?

2キロはあると思う。



さて、これどうしよう。

ラタトゥーユ?

てんぷら?

パスタソースに入れる?

ズッキーニブレッド?


旦那はズッキーニが大嫌いなので

これで何か作って~、と頼んでも料理してくれないかもな~。

今週末ズッキーニブレッドでも焼こうかしら。


----------------


私の所属する部署では、職場のモチベーションを上げるための

プログラムのひとつに「ハイ・ファイブ!」というのがあって

同僚への感謝をカードで伝えることになっている。

そして、そのカードの半券を提出し

週に1回、集まった半券から1枚抽選(くじ引き?)で引かれる。

そして、その半券の提出者が賞品をもらえることになっている。

その賞品を選ぶのに、このホイールが使われる。


IMG_4459.jpg


IMG_4460.jpg



この写真はちょっと前に撮ったもので

今はセレクションが少し違うけれど、まあこんな感じ。

ちなみに社員の手作り(!)

うちの部署はこういうことにかなり労力を使うの・・・・。

チームビルディングにもかなり力を入れているから。




そして!今週は私の半券が引かれた♪

私が当てたのは賞品バッグ。

会社のロゴの入った色々なもののうちからひとつ選ぶ。

毛布とかペンとかあった。

あ~あ、有休が良かったな~、とつい口に出したら

だったら、ジェフと交換してもらえば?

この間やったイベントで彼が抽選で当たって

このホイールを回したら、半休が当たったんだけど

本当は何か賞品が欲しかったんだって、と担当者。

で、交換してもらった!

休みをもらったほうがいいもんね♪



これ以外にも色々プログラムや委員会があって

とここの部署へ異動したときには

ここは学校か!と、かなりびっくりした。

そのことは、いつか書いてみようかな。

では、また~。

おやすみなさい。





読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

ジェラシーには早すぎる


ちょっと聞いて~。

職場のゴシップなんだけど、いいかしら?



私、普段はぼーっとしていて

あまり周りに注意を払わないんだけど

その気になれば、耳に入ってくるヒソヒソ話とか

ちょっとした行動とか、ささいなことを組み立てて

状況判断するのは得意。

あまりにも周りを気にしすぎると

深読みしすぎてドツボにはまったり

ああ、勘違い~、ということもあるので

周りを気にせず、Mind my own business がやはりいいよね。



なんだけど!

今日、ちょっとある同僚の行動が妙に気になった。

3週間ほど前だったか、上司からメールで

隣の課のアカウンティングのポジションが空いたけど

興味あるか?

と私のいる課の何人かにメールがあった。

私はその時は、別の部署のポジションに応募していて

そこのマネージャーの反応から

多分そこへ異動できるんじゃないか、と思っていたので

隣の課のポジションには応募しなかった。

その業務内容にあまり興味もなかったし。



で、先の行動が気になった同僚。

彼女も上司からのメールを受け取った一人。

今日の午後、彼女は上司のオフィスに呼ばれ

その後すぐに、隣の課のマネージャーのオフィスに呼ばれ

席に戻った途端、彼女と仲が良い同僚とヒソヒソ話し。

ピーーーーン、こりゃ何かあるな。

彼女は隣の課の空きポジションに応募して

そこへの異動が決まったのかも!

と密かに推測していた私。



そして、その後、その推測が(ほぼ)確信に変わった。

上司が帰宅前に、彼女のデスクに近寄り何やらヒソヒソ。

そして、そこを離れる前に Good luck! と一言。

彼女は満面の笑みで、Thank you!

・・・・・きっとそうだよね~。



彼女は以前から隣に移りたいと思っていたらしいので

良かったね~、なんだけど。

実は、正直、モヤモヤ・・・・。

先も書いたように、そのポジションには興味がなかったけれど

やはり、異動できる(であろう)彼女がチョッとうらやましいぞ。

わが社は現在、Hiring freeze で、採用停止状態。

私が応募していたポジションもキャンセルになってしまった。

彼女の場合は、同じ部署内ということで移ることが可能なんだろう。



もうひとつ気が重い理由がある。

もし、彼女が異動してしまって、さらに私のグループの人数が減ったら

人員の補充はあるのかしら?

最近2人が異動やら辞めたりで、グループから離れ

1人しか補充されなかった。

ちょっと心配。

まあ、もし私も異動してたら大変なことになってたかも 笑



私は特に運命論者ではないけれど

基本的に Things happen for a reason と思っている。

だから、今回私が異動できなかったのも

まだその時ではないから、と思っている。

というか!思うようにしている。

内心、やっぱりジェラシーだから 笑



これはすべて私の推測の上に立てた仮説なのに

すでにジェラシーとか、私ったら、もう気が早い 笑

ブルーになるのはその時まで保留!

まあ、すぐに私の説が正しいかどうか、明かされるでしょう(大げさ)

その時は、ご報告しますことよ。

それまで、とりあえず魔法の言葉でもつぶやくとしよっと。



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ