胴長のメリット?





今日、ふと以前一緒に働いていた同僚の一言を思い出した。

それは、何年か前のある日職場で同僚と会話していた時のこと。


話はそれるのだけど、ちょっと彼女のことを少し。

彼女は毎日出勤前にジムに通い、エクササイズを欠かさない人。

当時、彼女は夜は大学院へ通い、その合間にデパートでバイトも。

子供の習い事にも連れていったりしていた。

サウスアフリカ出身でインド系の彼女は、ベジタリアン。

肉食の家族のために、毎日2種類の食事を作る。

私より年上だけどすごいのである。

多分、就寝時に横になる以外は、常に動いているに違いない!

ふう。


話を元に戻しますね。

そんな歩くエネルギーのような彼女はとてもスタイルがいい。

でも、悩みはぽっこり出たおなかなの、と彼女はこぼす。

確かに、細長い手足や、きゅっと上がったヒップに比べると、

ちょっとぽっこりしてるかな。

「あなたはいいわよね、おなかが平らで」

へへ、おなかはまだちょっとマシなのよね、と照れ笑いをしたら、

彼女の強烈なひとこと。

「あなたは胴長だから、おなかが出ないのよね。

うらやましいわ~」

え?今、胴長って言いました?

なんか、

ピキッ

としていいのか

ズキッ

とするべきなのか、よくわからず言葉を失っていると、

「やっぱり、胴が長いと、腸がちゃんと収まるのよね。

私はほら、胴が短いから、腸の行き場がねえ」

え?そうなの?そういうものなの?

彼女の思い切りの断定口調に、思わず言葉を失ってしまった私。

彼女は、さも当たり前のことを言ったという風に喋り続けている。

その後は、あまりのおかしさとショックに何を話したか覚えていない。

彼女はこのことはとっくの昔に忘れているだろうけど、

私は、いまだに時々ふっと思い出しては、くすりと笑ったりしている。



クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

二歩進んで一歩下がる え?

今日は、おなかの調子が悪く、仕事を早退してしまった。

手術後6週間、仕事に戻って2週間。

やっと、たまっていた仕事を、ほぼやっつけたかな

という時なので、

また遅れをとってしまった~ ウガー

まあ、一歩進んで二歩下がる、というよりは

二歩進んで一歩下がるといった感じかな。


突然ですが、

明日は花金(古っ)!

そのお祝いに、面白い画像を二つ載せて、

お休みの挨拶とさせていただきます。

帰ってきて寝たけど、まだ眠い。






マツコデラックスが痩せたら・・・
マツコ
pic.twitter.com/Ph2JDWIEzR より

なんと!のび太とロビンは同じ服を着ていた!
のびた
pic.twitter.com/OlqSZzPtri


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

国際離婚 ハーグ条約が可決

Hague.jpg
http://savingjapan.netより

私は、娘が2歳の時に最初の旦那と離婚したのだが、

離婚の裁判を始める前に日本へ娘と2ヶ月ほど帰国した。

アメリカへ戻ってきたときに、元旦那の家族から、

「もう戻ってこないんじゃないかと思ってたわ」

と言われた。

私は、再スタートをアメリカで切ろうと決めていたので、

ちょっと心外だったが、当時はその選択もあったのだ。

今日は、今後、それは選択外になる、という話。


1週間ほど前に、ハーグ条約が参院で可決された。

国際結婚をして子供を授かったけれど、

離婚を考えている方や協議中の方はご存知だと思う。

これは、国際結婚が破綻した夫婦間で国境を越えた子どもの

連れ去りを「不法」とする国際 ルールを定めた条約。

主要国で加盟していなかった国は日本とロシアだけだったが、

今年、日本でも加盟可決。

年内には加盟の見通しらしい。


さて、これによって、どう変わるか。

例えば、アメリカでアメリカ人と国際結婚をした日本人女性が

離婚に伴い、元ご主人の同意を得ずに日本へ子供と一緒に

帰国するとする。

もし、元ご主人が国を通して日本へ子供の返還や面会を請求した場合、

子供の母親からの引きはがしがあり得る。

これは、子供が16歳未満であることが前提だが、

子どもを養育する「監護権」の手続きは、

子供が「連れ去られた」以前の居所地であった国で行われるべきだと

の考えから、子供を帰還させることが原則なため。

近年、ウィスコンシンでも例があったが、

同意なく子供をアメリカから連れ去ると、

誘拐罪として、FBIから指名手配され、逮捕されることもある。

(追記:もちろんアメリカ国内でも誘拐罪に当たります。

先のウィスコンシンの女性はハワイへグリーンカードの更新に

渡航した際に拘束されました)



私は、基本的には、両親共々養育権を共有するのは

当然だと思っている。

夫婦としてはお互いが他人になってしまっても、

子供にとっては、両方とも大事な親だから。

だが、もし離婚して、アメリカで自分と子供の両方を

サポートできる見通しが立たない女性だっているだろう。

子供と別れたくがないがため、破綻している結婚生活を

続ける女性も多く出てくるかもしれない。

あと、ひとつ危険だなと思うのは、もし、家庭内DVがあった場合。

日本国もこのことを理由に子供の帰還を拒否できるとしているが、

両サイドとも弁護士をつけ、争われることも多々でてくるのではないか。

離婚の弁護士料はもともと高額だが、国境を越えてに争うのには、

さらに高額になるのでは。

となると、財力がないと裁判で勝てないかもしれない。

特に、アメリカは父権の主張の発達している国。

サポートする団体も多々ある。

日本へ逃げ帰れば何とかなる、という時代は終わった。

もし、お子さんがいて、離婚を考えている方には、

本当に深刻な問題だろう。

まずは、弁護士や専門家に相談。日本へ帰る前に、

ご主人との合意へ持っていくことが必要!

なんか、熱くなってしまったが、ちょっと真剣に

考えていたことなので、記事にしてしまいました。

(念のために。私は法の専門家ではありません。

調べたことに対して意見を述べただけです。

質問や相談は弁護士等になさってくださいね。)



クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

いい年こいて、ゲームにはまってどうする私・・・

ここ2,3日、ゲームにはまってしまってやばい。

それは、塊魂

250px-Katamari_Forever_cover.jpg


ボールを転がし、いろんなものを巻き込んで、

大きくしていくゲーム。

小さなものをちまちま集めるレベルや、ビルから山、大陸を集める

レベルまで、色々あって楽しい。

前回のゲームにはない、新しいレベルもあって嬉しい。

アメリカでは、PS3の塊魂は、今年4月にやっと発売。

娘が仕入れてきた。

何年か前に、PS2で出たときにもはまったが、今回もはまってしまった。

このゲームアメリカでは、KATAMARI DAMACYという名前で売られている。

そのまま、日本の名前を英語読みにしていてかわいい。

PS3のゲームの名前はKATAMARI FOREVER

日本では、多分塊魂TRIBUTE。

何年か前にはまった時は、すべてのレベルでパーフェクトを

取るまで続けた。

今回のブームはそこまで続くかな。

年を取ったのか何なのか、スコアが伸びない。うう。

もともと、熱しやすく、冷めやすい私。

飽きる前に、攻略したい!

と、今夜も熱中していたら、11時になってしまった。

ブログ書き終わったら、寝ます。

おやすみなさい。


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

いいえ、「お母さん」じゃありません (ーー゛)

アメリカに住んでいるせいか、今まで年より若く見られて来た私。

ふふ、今日あの人に、まだ30代に見えるわ、って言われちゃった。

やっぱ、私って若く見えるのね~♪

ってな感じ。

そんな私の(アホな)自信を揺るがす事件が!!

昨日、友人のくーみーの息子さんの誕生会のことを書いたが、

そのパーティに顔を出した時のこと。

入り口にいた女性(アメリカ人、初顔合わせ)に、

あら、くーみーのお母さん?

と言われたのでした…。

がーーーーーん!

くーみーは40になったばかり。

私とそんなに変わらない。

第一、くーみーは沖縄出身の濃いソース顔。

私は、関東出身の薄口しょうゆ顔。

顔がまるっきり違う。

そこには、くーみーの旦那さんのご家族の

女性陣(全員アメリカ人)が揃っていたのだが、

その場はしーーーーん

私は一瞬の気絶からよみがえり、にっこり笑って、

「いえ、違います。そんなこと言われたの初めてだわ~」

彼女は、気まずくなったのか、そそくさとその場を離れ、

外のバーベキューをしている人達の輪に加わった。

そこに残った人々は、

「ひどいわねえ、顔もきちんと見ずに言ったのよ、あの人」

「気にしちゃだめよ。どう見たって、くーみーのお母さんの

年齢には見えないわよ」

そーすか。フォローありがとうございます。

その後、その話を聞きつけたくーみーの旦那さんは、

私のことを「義理のお母さん」やら何故か「おばあちゃん」と呼び出す始末。

もちろん、その度に、みんな爆笑。

私も、私は母なんだから、言うこと聞けとか威張っていた。

その間違えた彼女は、

「ごめんなさい。くーみーが日本人と一緒にいるのを

今まで見たことなかったから、つい、お母さんなのかしらって

口に出ちゃったの」

と、後で言っていた。

やっぱり、私もいつまで若くいられないのね…、

やっぱり、ちゃんと化粧でもするかな、

などと、ふと考えてしまったかあちゃんでした。



こんな感じが理想。(デミ・モーア 50歳)
Demi.jpg
PEOPLE.COM


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

ありがとうの週末

土曜日に郵便局で保留されていた日本の友人の香からのパッケージを取りに行った。

開けてみると、おいしそうな日本の食べ物がいっぱい!

うちの犬達にもおやつを送ってくれた。

kaori.jpg
見えてるものの下にももう一レイヤー


香は幼稚園以来の友人。

お互い結婚して、色々な場所に移り住んだけど、

久しぶりに会っても、つい昨日別れたみたいに話ができる。

パッケージありがとう。

おばばになっても、友達でいてね!


さて、今週はメモリアル・ウイークエンド。

パーティが二つ。

一つは、ミルウォーキーで焼き鳥パーティ

スイスに引越しされる方を囲み、お料理上手な友人

Kazumiさんと、ホトさん2人を中心に集まった。

グリルで程よく焼き色を付けた焼き鳥は、

塩味とKazumiさんの特製たれ味で、絶品!

その他にも、いかの串刺しや、豚のねぎ間、スモークサーモン、

炊き込みご飯、その他色々と、もう食べられません、

というまで食べ続けた。

今、思い出してもよだれが出る。

絶対、1kgは体重が増えたと思う。

残念なことに、カメラに入れてあったSDカードの写真を

私のラップトップにアップロードできなかったので、

ここで、自慢シェアできない。

あとで、再チャレンジしなくては。

おしゃべりに、おいしい、おいしいごはんを堪能しました。


二つ目は、友人くーみーの息子さんの5歳の誕生日パーティ

josh.jpg
Scooby-Dooのケーキ


家族での集まりに、息子と紛れ込ませていただいた。

彼は、5年前に未熟児で生まれたのだけど、

同じ学年の子達と同じか、大きいくらい。

自分の子じゃないけど、よくもここまで大きくなって、

と感慨ひとしお。

彼の生まれた夜に、彼のお姉ちゃんをお泊りで預かった

ことを昨日のように思い出す。

彼女は、妹じゃなかったと大泣きしてたっけ。ふふ。


って感じで、今週末は、友人達のおかげで、

とーっても楽しい時を過ごすことができた。

みんな、ありがとう!

明日は、メモリアルデー。

家族とゆっくり過ごします。

(あ、うちの息子はくーみーのおうちにお泊りだった。。。)


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

ああ、憧れのハイヒール ちょっとイタい話

今までも時々ブログに書いているけど、

私は乾癬性関節炎(関節症性乾癬ともいうらしい)持ち。

ちなみに英語では、PSORIATIC ARTHRITISという。

もともと尋常性乾癬を若い頃に発症し、近年、この関節炎を発症。

日本では、あまり見られない病気のようで、

患者の割合は、10万人に1人位らしい。

これは、リウマチに似た病気で、

自己の免疫系が自分自身を攻撃する自己免疫疾患。

名前の通り、関節に炎症が起き、放っておくと

骨の破壊もありえる。

実際、顎関節症になった際、炎症がひどく、

あごの付け根辺りの軟骨が溶け(?)てしまった。

その当時は炎症がひどく、ベッドから起き上がるのも一苦労で、

端まで転がって、足をまず床におろして、

スローモーでよいしょっと、という感じだった。

こう書いてみると、おお、こわ、である。

これは完治を望めない病気であるが、寛解は可能。

現在、私はそれに近い状態にある。ああ、うれしや。

これは、免疫を抑制する薬や、サプリなどのおかげ。

でも!

やっぱり、色々我慢しなければならないことも多い。

例えば、ハイヒールを履くこと!(何かと思えば...ですね)

何故かというと、ヒールを履くと、

足の指の付け根が炎症を起こしてしまうから。

これは、本当に悲しい。

私が毎日履いている靴は、足に優しい靴。

カスタムメイドの中敷が入っている。

3年前に日本へ帰国した際に、祖母に二足買ってもらって

大事に大事に履いている。
Finn.jpg
          こんな感じの靴を履いてます。

これを履くようなってからは、足の痛みがほとんど

なくなった。本当に優れ靴。

でも、でも!

たまには、おしゃれなヒールを履きたーい!

洋服って靴によって印象が変わるし、

ヒールを履くと足だって細くみえる。

こういうのを英語で、SUPERFICIALという。すみません。

日本語では、みかけを気にするって意味かな。

SUPERFICIALって、わかってるけど、靴箱に(未練がましく)しまってある

ヒールのある靴をみると、ため息が…。

もし、いつか、本当に寛解したら、

最低でも3インチのヒールで街を闊歩してやるー!

という野望
(なにそれ?)があるかあちゃんです。

manolo.jpg
              夢のヒール

クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村

BUTT DIAL 旦那の悪口丸聞こえ

someecards.com - Sorry I accidently butt dialed you.

仕事場でのこと。

私の同僚のトレーシーが切り出した。

トレーシー「ねえ、ティーンエイジャーの女の子ってお父さんと

ぶつかり合うものなのかなあ」

私「なんで?」

ト「うちの子たち、お父さん(トレーシーの旦那さん)のことが大っ嫌いなのよ!」

彼女は16歳の双子の女の子を筆頭に5人の子持ち。

私のうちにも元ティーンエイジャー(20歳になったばかり)が

いるので、ふんふんと聞いているうちに、

彼女の旦那さんの愚痴も混じってきた。

そっかー、うちもねえ、と話していると、

「もう、やってられないから、追い出したいのよね!」

と、だんだん彼女の話が過激になってきた。

すると、ふと、彼女がポケットに入っている携帯を

取り出した。何故か通話中になっているらしく、

とりあえず電話を切った彼女。

その後、しばらく2人でぐだぐだ話した後、

それぞれ仕事へ戻った。

すると、3分くらいして

「ちょっと、聞いてよ!」

と、彼女が私のキュービクルへ笑いながらやってきた。

顔を赤くして、怒りと笑いの混じったような複雑な顔をした

彼女が言う。

I butt dialed him! 旦那に私達の会話全部聞かれちゃった!」

ええ~っ

BUTT DIALとは、パンツのポケットなどに携帯を入れておいて、

かけるつもりがなかったのに、何かのはずみで誰かにかけてしまうこと。

彼女は知らず知らず、旦那さんに電話をかけていて、

彼女と私の会話が全部筒抜けになっていたのだ!

なんでも、旦那さんから電話がかかってきて、

「今の話全部きいたからな

と、ひとこと言って切られたそうだ。

で、2人でどんなこと話したっけ?と記憶を辿る。

彼女は「まあ、旦那はけんかしても私の話を聞かないし、

これで、私の言いたいこと、ちゃんと聞いたんじゃない?」

と冗談めかして言っていたが、

「あー、うちに帰るのやだなあ」

とももらしていた彼女。

今頃、大喧嘩してなければいいなあ。

みなさんも、携帯のBUTT DIALにはお気をつけて!


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

今アメリカで一番高額で売られている家

Huffington Postを読んでいたら、アメリカで現在売りに

出されている中で、一番高い家が紹介されていた。

なんと$190 Million(約194億円)!!!



コネチカット州グリニッジの海沿いの

50エーカー(約6万坪)の土地に建っている。

もちろん、プールはあるし、テニスコートやりんご園も。

あと、なんと海岸から見える小さな島二つも

ついてくるとのこと。

ま・る・で、お城!

一番驚いたことは、所有者はこの家を

別荘として使っているということ。

何それ?

メインのお宅はどんなのか見てみたいもんだ。

とりあえずビデオを見てみてください。

ため息出ること間違いなし。

一度でいいからお邪魔してみたい!


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ


いじめをする娘をこらしめるために親がとった行動は?

今日は久しぶりにフルタイムで働いた。

退社時間の5時頃には、ため息、吐息、ということはなく、

普通に一日が過ぎた。

事務職だから当たり前か。


さて、今日も気になったニュースをひとつ。

これは多分フェイスブックへのポストから、

全国ニュースへ発展したもの。

そのニュースとは、自分の10歳の娘(正確には婚約者の娘)が、

学校で同じクラスの女の子の服装がおかしい、と

いじめをしているという旨のEメールが学校から届いたことが発端。

母親は、いじめられた子の気持ちをわからせようと、

古着屋でショッピングの際に、

娘が「かっこ悪い~」と言った時代遅れの洋服を購入、

それを着せ、学校へ行かせたというもの。

それに加え、その洋服を着た娘の写真を、顔をぼかし、

フェイスブックへポストしたという。

いじめ2

いじめ
Kaylee, wearing her outfit as punishment (Photo by Fox13/KSTU-TV)

このことで、しつけとしては行き過ぎではないか、いや、

あっぱれだ、と意見が分かれているよう。

行き過ぎだという人々は、家族内で解決すべき問題を、

公衆の面前にさらし、子供に恥をかかせるという行為はおかしい、

子供に恥や罪悪感を与えることによってしつけを行うことは、

精神的な問題に発展するのでは、という意見。

私は、フェイスブックにポストするのは反対だが、

よくやった、お母さんと言いたい。

この女の子、その洋服をて学校へ行くことを泣いて拒んだらしいが、

結局は、登校。両親は、これでわかったか、と思いきや、

今度はその子の着ている洋服をからかった別の女の子とひと悶着。

あくる日に、もう一度別の「格好わるい」服を着て学校へ行かせた。

結果からすると、彼女は心から反省し、両親にいじめられる子の気持ちを

気付かせてくれてありがとう、とまで口にしたという。

こういうしつけは、親と子供の間にしっかりとした絆がなければ、

しつけというより罰ととり、親を恨むだけ、という結果に

終わってしまうかもしれない。

でも、いじめは深刻な問題。

このように、両親が率先して子供をガイドし、

問題に向かわせる行為には拍手を送りたい。

私は、母親として満点とは言いがたい(というか程遠い!)し、

反省したり、後悔することもしょっちゅう。

このお母さんのような思い切ったことはできないかもしれない。

なので、偉そうなことは言えないけど、

やっぱりしつけは家庭から、と信じております。


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

オクラホマで巨大竜巻発生 ~竜巻の通り道~

Please pray for OKC and Moore, Oklahoma.  Large tornado caused devestation this afternoon.
http://imgur.com/4OSIaPC

オクラホマに巨大竜巻がタッチダウンした。

ニュースによると現段階で51名の死亡が確認されたという。

そのうち小学生7名も含まれている。

今日夕食後にインターネットでニュースを見て初めて知った。

胸が痛い。

アメリカにはTornado Alley(竜巻の通り道)なるものがあって、

テキサス、オクラホマ、カンザス、ネブラスカ、サウスダコタが

その通り道に位置している。

その州に住む人々には、大なり小なり竜巻は身近な存在だろう。

Tornado_Alley_Diagram.png

私の住むウィスコンシンは竜巻はめったにタッチダウンしない。

毎年一回ほど、竜巻発生のサイレンが鳴り、地下へ避難することはある。

それでも、3年前の2010年には実際にタッチダウンして、

私の勤める会社が持つ工場の屋根が一部吹き飛ばされたことがあった。

今回のストームもウィスコンシンで竜巻が発生する確率は5%。

この辺では我が家も含めて、地下室のある建物がほとんどなので、

その点では安心。

南部では、地層によっては地下室が作れないところが多いらしいので、

竜巻は本当に脅威。

地下室がない場合は、トイレや浴室のような

狭く四方に壁のある部屋へ避難し、体をできるだけ小さくする。

実際に竜巻に遭遇した経験のある人に話しを聞いたことがあるが、

貨物列車のような轟音がするということだった。

今回の竜巻では現在20人以上の小学生が行方不明だという。

無事に救出されますように。


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

なんかイケてない日。

なんか知らんが今日はイケてない日曜日だった。

私は持病の乾癬性関節症があるので

3年ほど前から、免疫抑制の薬を週の一回土曜日に服用している。

飲み始めの時は、次の日に体がだるくて(副作用)辛かったが、

だんだん体も慣れたらしく、あまり気にならなくなっていた。

で、先月の手術の前後にその薬が服用禁止になり、

最近また、少量からはじめ、ゆうべ通常の量の薬を服用。

そのせいかもしれないが、もうだるくて、だるくて。

朝起きたら、なんと10時近くだった。

もそもそとベッドから這い出て、

カウチで踏ん反りかえってテレビを見ていても、

目がしばしばして、なんかまぶしい。

旦那に、目、どうかしたの?と聞かれる始末。

いや、眠いだけなんです。




食料品を一週間分買いに行こうと思っていたのに、

だらだらしていたら、既に夕方の5時すぎ。

あれ、一日なにをしていたんだろ?(何もしていないっす)

とりあえず、今晩と明日の分のおかずの材料だけ買いに行った。

今晩はタコス(はい、手抜きです)。

帰ってきて、急いでレタスを千切りしていたら、

左手の親指を一緒にスライスしてしまった

(皮がちょっとむけただけです)。

そして今夜の9時過ぎ、たまっていた洗濯物を洗濯機にかけながら

このブログを書いておりやす。

まあ、こんな日もあるか。

ぐうたらの王道を行く一日だった。

みなさんは、よい週末を過ごされましたか?

クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

イチオシのサタデーナイトライブ! Stefon Marries Anderson Cooper

夕べのNBCのサタデーナイトライブでのスキットが最高!

これがビル・ヘイダーにとって最後の回。

2005年からのこの番組でのキャリアを終えた。

置き土産に彼のシグネチャーのパニック障害もちのゲイ、ステフォン

スキットが爆笑ものなので、時間がある人はぜひご覧ください。




ご存知ない方のために、

このスキットのゲスト出演者の説明を。

ステフォンの結婚する相手はアンダーソン・クーパー

CNNで自分の番組“アンダーソン・クーパー360°を持ち、

他にも2つ番組を持つ、人気キャスター。

ゲイとしてカミングアウトしている。

あとは、結婚式の招待客としてベン・アフレック。

他の招待客もぷっと笑ってしまうこと必至。

あまりに面白かったのでつい書いてしましました(笑)

クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

ルーシーの石頭 ブルドッグの頭突きは痛い

dogs.jpg

以前、ブログに書いたが、うちのルーシーは目が悪い。

今のところ、光には反応しないが、まだなんとなくは見えているみたい。

で、そんな程度の視力のルーシーは裏庭でチワワミックスのリーバイと

駆け回って遊ぶとき、彼女なりに工夫しているらしい。

グリルやファイアピットなどはコンクリートの打ってあるところに

置いてあるのだけど、最初のうちは

色々なものにごちんとぶつかっていた。

そのうち、芝生の上だったら走っても大丈夫らしいと

学習したらしい。

なので、コンクリートの上は気をつけて歩き、

芝生の上は安心して走りまわって遊んでいる。

ここまでが前置き。

さかのぼること、1週間かちょっと前。

私は裏庭でうんち拾いをしていた。

二匹の犬達は私のまわりで追いかけっこをして遊んでいる。

その時私がいた場所は、芝生の真ん中辺。

ルーシーは安心して芝生の上を駆け回っている。

ああ、なんて平和な光景なんでしょ。

そこで、何故か二匹の遊びがヒートアップ。

ルーシーがもう突進でリーバイを追いかけはじめた。

リーバイは私のすぐ横を通り、反対側へ。

ルーシーは必死でリーバイを追いかける。

何の障害物もない(はずの)芝生の上。

でもそこにはうんちを拾おうとしている私が!

その結果、

ごっちーーーーん!

と、私の足の弁慶の泣き所へ頭からぶつかったのでした。

私は、あまりの痛さに思わず叫び声も出なかったほど。

なぜ、今頃こんな話をしているかというと、

私の足には、ちょっと黄色くなってきたあざが、まだばっちり。

ゆうべ、ベッドに入ってもずきずき疼いていたくらい。

全く、ルーシーに、君の頭は鋼鉄で覆われているの?

と聞いてしまったよ。

もちろん、彼女は全然平気。

リーバイを追いかけられる位見えているのなら、

なんで、私は見えなかったのかしらね?

匂いを追っているのかしら?

ここで一句。

うんち拾い 足元注意 ルーシーもね (字あまり)


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

うちの職場 女子トイレ編

す、すみません、私の勤め先は普通の会社ですが、

ちょこっと、おっ、女性に優しい!という場所があるのです。

それは何を隠そう女子トイレ

ですので、男性の方はすっ飛ばしていただいても結構です。

BATHRM.jpg

では。

通路から女子トイレへのドアを開けると、

大きな鏡と椅子が2脚。

向かって左側にはトイレと洗面所へ通じるドア。

時々、ここで携帯で電話をしている人やテキストを

している人を見かけます。

でも、結構エコーが大きく、トイレ・エリアにいる人に

筒抜けなので、内緒話はできません。

そして、トイレへのドアを開けると、

そこはゴージャスな空間が広がって

publbath.jpg

ということは全くなく、

普通のトイレが5つと洗面所があります。

で、ここまで引っ張っておいて一体何?と思われるでしょう。

実は、









生理用品が使い放題なのです!え?別に大したことない?

PADS.jpg

アメリカの公衆トイレでみかける販売機に入っているのですが、

無料で社員に提供されているのです

(日本の生理用品のようにナイスではないす)。

私は、手術をしてしまったので、もう関係ありませんが、

本当にお世話になったものです。

いちいち、パースを持っていかなくてもいいし。

うちのビルはそれぞれの階に母乳搾乳のできる

個室もあるし、そういう面では

女性に優しい会社のようです。

以上、女子トイレのレポートでした。

(会社を自慢してどうするのって感じ、それもトイレ)。

※誤解を生んでしまったようですみません、二番目の画像のトイレははうちの会社のものではありません。
冗談で素敵なトイレの画像をいれただけです。すみません…。


あとがき

今回のブログを書いてみてちょっと思ったのが、

毎回文体が違うということ…。

私って統一性がないようです。

でも、みんなかあちゃんが書いてますので、念のため。


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

職場でポーカー

poker.jpg

昨日は職場でポーカーのイベントがあった。

というのはまあ、一応本当。

行われたのは、ポーカーウォーク

もちろん、黒スーツのディーラーも賭けもなし。

これは近隣の企業何社かと合同で毎年行われる

2.5マイル(4キロ)を歩くイベント。

その2.5マイルのコースの途中ににブースが5箇所設けられ、

それぞれのブースでカードを一枚ひき、

最後にベストハンドの5名が賞品をもらえるというもの。

いわゆる、健康推奨イベントである。

ミシガン湖のほとりを歩き、ダウンタウンを通りぬけるコースは

結構気持ちいいのだけど(おまけに仕事時間内だし)、

私は手術後間もないので、歩き切る自信がなかったので今回は不参加。

残念!

来年は参加するつもりです。


pokerwalk2.jpg
べスとキム みんなでおそろいのTシャツ  

pokerwalk1.jpg
マイク、ジム、トム、ジュリー フラッシュ使えばよかった…

pokerwalk3.jpg
トレイシーとステイシー オフィスでパシャリ

クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

身障者のツアーガイドを雇い、ディズニーランドで横入りする金持ちママ達

世間ではアンジェリーナ・ジョリーの、がん予防のための

乳腺切除手術が話題。

何回かに渡る手術を受けつつ、仕事もこなしていてプロだな、と思うし、

女優とししては勇気ある決断だと思う。

が、母として子供達のためにしたという。

この手術と乳房再建手術はアメリカでは保険がきくらしいので、

世の中への女性への認識を高めるのに一役買った彼女に拍手。

248087_10151399456705866_450397590_n.jpg
右側がツアー会社の社長


そして、今日ニュースに目を通していてもう一つ真逆の意味で、

ええっとびっくりした“母親”の記事がある。

NY Postによると、タイトルにある通り、

マンハッタンのお金持ちママ達は、ディズニーランド

(正確にはディズニーワールド)に行く際、

あるツアー会社Dream Tours Floridaを通し、身障者の“ガイド”を雇い、

家族のメンバーのふりをさせることによって、

並ばずにアトラクションに子供を乗せるというもの


この“サービス”は1時間$130で、8時間だと$1,040で、

ディズニーの提供するVIPガイドの1時間$310から$380より格安で、

おまけに、待ち時間も短いという。

これはコネのある人のみが使える、少数人数でのみシェアする(していた)

情報らしい。

1人の母親は「これが1パーセンター(この場合収入が上位1%に入る

金持ちという意味)のやり方よ」とのたまったらしい。

全くもう! Shame on you!である。

こういう人達がいるから、こういうアコギな商売が成り立つのよね。

このツアー会社のフェイスブックページは抗議の

メッセージであふれている。

そして、同じページに、このツアー会社による「弁護士のアドバイスにより

コメントを述べることを控えています」というメッセージが。

もっとインターネットで注目されるといいんだけど、このニュース。

身障者を利用するやり方とか、いかに裏をかくかとか、

お金があれが何やってもいいのか、とか

色々な意味で間違ってると思います、はい。


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

仕事再開  みんなへのありがとう

Cherry-Blossom-Thank-You-Cards-01.jpg


やっと、というか、とうとうというか、4週間の医療休暇が終わり、

仕事復帰いたしました。

といっても、最初の一週間は半日だけの出勤。

見逃したゴシップに耳を傾け、枯れかかったプラントに水をやり、

(もちろん仕事もして)あっというまに半日が過ぎた。

全然余裕じゃーん、と帰ってカウチに座ったら、

眠気が…。

やっぱり、ちょっと疲れたかな。

ところで、休んでいた4週間、友人達の暖かいサポートがありました。

この場を借りてお礼をさせて下さい。

朝食を持ってきてくれたり、買い物に行ってくれたり、

電話でどうでもいいことを聞いてくれたくーみー、

できたてのスープを持ってきてくれて、暇つぶしのテキストに

付き合ってくれたのりピー、

お花を持ってきてくれた直美さんとクリス、

カードと日本の手ぬぐいを送ってくれたホトさんをはじめ

ミルウォーキーの方々、

本当にありがとう!

あと、私のブログにメッセージを送ってくれた方々、

ありがとうございました。

ブログを通して世間とつながっていたような気がします。

最近は何故か時事物が多くなってますが、

できるだけ毎日続けていきたいです。

それでは、また。

クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

アバクロに非難ごうごう  インターネットはコワい


最近、アバクロンビー&フィッチにインターネットで非難が集まっている。

それがなんと、アバクロのCEOが6年前にインタビューに答えた記事がもと。

アバクロの製品を買うのをボイコットしようという動きもあるらしい。

その問題の発言とは、アバクロはクールで人気者の若者向けに洋服を

作っているので、それ以外の若者には着て欲しくない、というもの。

なんとなく、そういう発言があったと覚えている。

アバクロ
A&F CEO Mike Jeffries こんな感じで攻撃されています。

で、今回また炎上した理由は、その発言をもとに

あるインターネット雑誌のライターが記事を5月のはじめに書いたことによる。

その記事には、アバクロはXLと2XLの女性服を作らない。

太った女性にはアバクロの服を買いに店に来て欲しくないから、

と書いてある(リンクはこちら)。

ご存知のとおり、多くのアメリカの人々は肥満に悩まされている。

でも、今は、“あるがままが美しい”という自己肯定を勧める時代。

よって、人々はインターネットで怒りを吐き出しているのだ。

私は、デザイナーがターゲットを絞ってデザインするのは当然だとは思う。

でも、CEOがそれを公的な場で堂々というのは、

マーケティング的に大失敗。

大昔に発言したことでも、インターネットは忘れないのね。

アバクロがこれからプラスサイズを作るかどうか注目です。


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

母の日にはベッドで朝食を

今日は母の日。

アメリカでは、お父さんと子供が作った朝食をベッドで

ゆっくりしているお母さんのへ届ける、というのが

よくテレビで描かれる光景。

実際にやっている、と人から一度も聞いたことはない。



私のうちでは、今日は旦那と息子がパンケーキとベーコンの

朝食というかブランチを作ってくれて、全員で一緒に食べた。

ブログにアップ、と考えていると(口に出していない!)、

“お鍋のせいで”ベーコンが焦げたからダメとストップがかかった。

母の日ということで、一日くらいは家事サボって

ゆっくりするのもいいけど、私は手術後4週間ほど、

まともに家事をやっていなーい

火曜日には仕事に復帰予定だし、ドクターから重いものを

持ち上げるのでなければ、家事OKのサインが出たことだし、

ブランチの後、掃除、洗濯をやってみた。

全然大丈夫みたい。

昨日は食料品の買い物にも行ったし、好調です。

でも、あせらず元の生活のリズムを取り戻していくつもり。

4週間、家のことをしてきてくれた、旦那と子供達に感謝!

かあちゃん、そろそろ復帰です。


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

有名霊能者が大間違い -オハイオ監禁事件ー

オハイオ監禁事件後に一躍有名になったのは、ラムジー氏。

女性達の救出に一役買った男性で、その後の発言も注目されている。

そして、彼とは違う意味でこの事件ご注目されている女性がいる。

彼女の名前はシルビア・ブラウン

有名なサイキック(霊能者)である。

インターネットで調べたところ、本を何冊も書き、

60年近くその分野で活動している。

彼女は3人の女性のうちの1人、アマンダ・ベリーが行方不明になった翌年に、

今は亡きアマンダの母親とトークショーに出演、霊視を行った。

Sylvia-BrowneWeb.jpg
Sylvia Browne

シルビアは、霊視の結果、アマンダは既に亡くなっていると、

母親へ伝えた。もちろん、母親は涙、涙。

母親は彼女の娘は既に亡くなっていると信じたまま、

その翌年病気で死去した。

シルビアのフェイスブックは非難轟々のコメントで埋め尽くされ、

今現在はダウンしている。

なんか、あ~あ、である。

私は、霊能者の中には本物はいるだろうな、と思っているヒトである。

実際会ったことはないけれど。

シルビアのような名の通った霊能者でも、間違えることもあるのか、

それとも、彼女はただ単に偽者なのか?私には全くわからないけど、

このことで、霊能者への世間の見方がかなり変わるだろうな。

もともと信じていない人は、それみたことか、と思うだろうし、

信じている人も、疑ってかかる人が増えるだろう。

シルビアはダメージ・コントロールに必死。

「常に正しいのは神のみ」と彼女のウェブサイトにコメントした。

アマンダの家族は、シルビアのことを全く責めてはいず、

サポートするというコメントを寄せた。

でも、アマンダの母親が娘さんの生存の望みを失ったまま亡くなったのは、

哀しいかぎりである

でも、もしかして、天国で娘さんが生きていることを知って、

救出されることを願っていたのかも、

というオチで終わりにしたりして


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

セクシー水着モデル ケイト・アプトン ヴォーグの表紙を飾る

kateuptonvogue.jpg


今月のアメリカのヴォーグの表紙をKate Upton(ケイト・アプトン)が飾る。

ケイト・アプトンといえば、Sports Illustrated(スポーツ・イラストレイテッド)

の有名な水着モデル。

セクシーボディと気さくな性格で人気があり、

2012年、2013年と続けて水着特集号の表紙を飾った。

kate.jpg


最近では彼女はモデルとしては太りすぎではないかと話題になった。

ヴォーグといえば、オートクチュールを紹介するファッションのバイブルであり、

いつも細っこく無表情のモデルで飾られる雑誌。

この雑誌の表紙にケイトが登場ということは、Curvy(ふくよかな)で

表情豊かなモデルを、オートクチュール界がスーパーモデルとして

受け入れたことではないだろうか。

ヴォーグのインタビューでは自分のナチュラルビューティ、

というか彼女の大きな胸(笑)について語っている。

以下、ヴォーグより抜粋。

"The things that they're rejecting are things that
I can't change," she said of her critics.
〝I can't change my bra size. They're natural!
I can work out and I can stay healthy and motivated,
but I can't change some things. I really just live my life.
I love my body. It's what God gave me! I feel confident
with myself, and if that inspires other women to feel
confident with their bodies, great." 


共和党の下院議員をおじに持ち、年少騎手として、全国レベルの成績を残しているケイト。

若干20歳ながら実力でここまで上り詰めた。

彼女を取材したテレビ番組を見たことがあるが、飾り気のない性格で、頑張り屋。

将来は女優として活躍したいという彼女。

演技力はまだイマイチだと思うけど、頑張って欲しいな。


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

アメリカで話題!トレッドミル・ダンス・・・やってみる?

フロリダに住む You Tuber(You Tube投稿者)が

ジムで撮った映像がヒットしている。

この撮られた彼は、いつもジムでこのようにダンスしているそう。

ゴールのない歩くだけのトレッドミルだけど、これで退屈解消!

(でも、本当にやって怪我しないでね…。)




トレッドミルダンスといえば、何年か前に流行った

OK GOHere It Goes Againのミュージックビデオを思い出す。

覚えてる?





クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

拉致、監禁されていた女性3人がオハイオで救出される!

昨日のビッグニュース。

オハイオで拉致され、10年間監禁されていた女性3人が脱出、救助された

容疑者は52歳の男性とその兄弟2人。

女性のうち1人は監禁されている間に6歳の女の子を妊娠、

出産していたらしい。

救助に協力した隣人は、容疑者とバーベキューや音楽を

共に楽しんだりしていたが、

家の中に女性達が監禁されているとは

全く気付かなかったとインタビューに答えていた。


2009年にもカリフォルニアで同じように夫婦に拉致、

監禁された女性が18年後にレイプされ出来た子供2人と

共に救助された事件も、まだ記憶に新しい。


まだ事件の全貌は明らかになっていないが、

3人の女性は10代で発見された家から数キロ内で誘拐され、

その後監禁されていたという。


私は精神科医でも心理学者でもないが、恐怖をを植えつけることによって、

マインドコントロールされていたのであろうと容易に推測できる。

それにしても、誘拐され、赤の他人に24時間見張られ、乱暴され、

外にも出れず、誰とも会えない生活を10年間なんて想像もできない。

そして10年後に初めて訪れたチャンスを逃さなかった彼女たち。

なんといっても無事を信じていた家族にとっても、

これ以上ない素晴らしいニュース。


そういえば、昨日のブログで人種差別について書いたが、

救助に協力した隣人のインタビューで彼が発したジョーク(?)がこれ。



“かわいい小柄な白人の女の子が黒人の男の胸に飛び込んでくるなんて、

何かおかしいぞ、と思ったんだ!”


こちらがYOU TUBE。




クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人種差別のこと。ちょっとマジメな話。



人種差別-アメリカに住んでいると、否応なく耳に入ってくるトピック。

そこで質問。皆さんは差別にあったことあるだろうか?

私はアメリカ在住20年ほどになるが、はっきり言って、記憶にない。


こちらの大学へ通っている際に取ったクラスで

人種差別のディスカッションがあったのだが、

私はそういう経験がない、というと、教授に、

それはあなたが気付いていないだけよ、と言われた。


私はそんなに鈍感なのか!?
 
それとも周りにいる人達に恵まれたたけなのか?


最近、親しい黒人の女友達と話していたら、

彼女が、そういえば!と鼻息荒く切り出したのが、

彼女いわく差別の話。

彼女の旦那さんはフィットネスジムを経営しているのだが、

最近、以前より広く交通の便の良い場所へ移転した。

すると、その新しいロケーションでオープンした途端、

警察官が訪れたというのだ。

理由は隣接するある事務所から

騒音に困っているというクレームがあったため。

確かにジムなので音楽をかけているが、

市からもきちんと経営の許可を得ているし、

外に出ると、そんなにうるさいとはいえない。

その時は、警察官と旦那さんとで会話して終わったらしいが、

そのクレームが毎週のようにあるらしく、

その度に警察官がジムへ訪れる。

ビジネスとしては迷惑な話。

悪い噂だって立ちかねない。

彼女は私達が黒人だから嫌がらせなのよ!と怒っているのだ。

彼女によると、クレームが来るのは朝早い、

そのクレーム主の事務所が営業していない時間。

経営者は白人男性らしく、彼女達は一回も会ったことがないという。

一番最近のクレームでは、警察官を通し、移転すべきてはないか、

とほのめかしているという。

ジムは移転したばかりだし、営業許可も取っているし、

これが続くのなら、営業妨害で訴えると息巻いている。

私には、これが果たして人種差別なのかはわからない。

そうなのかもしれないし、本当に騒音に迷惑しているのかもしれない。

ただ単に黒人としての被害意識が強いのかもしれない。

でも、確かに警察官は苦情があるたびに事情聴取を

しなければならないという規則を利用し、

自分の営業時間外に通報するのは臆病であり、

悪意も感じられる。


これは、黒人と白人の差別についての身近な例だが、

日本人としてもよく聞く話はある。

それは、子供達に起こること。

子供はえてして正直なものであるし、

自分とは違うものに敏感である。

この組み合わせは時として、子供達に残酷な行動を取らせる。

例えば、小学校で第二次世界大戦のことを習う。

当然真珠湾攻撃が教科書に載っている。

すると、そのことについて日本人の子供達(ハーフも含め)

がいじめられるということが実際ある。

私の娘もいじめられはしなかったらしいが、

意地悪されたと最近になって言っていた。

友人の息子はそれがきっかけで、暴力的ないじめにあった。

娘は、白人の子供が自分の両目を脇からひっぱり、

キツネ目にして、“アジア人”とからかわれたことも

よくあったとも言っていた。


アメリカで人種差別待遇廃止が実施されたのが1950年代。

それから60年たった今も根強く残っているといえる。

今では白人が人口統計でいえば、マイノリティになりつつあるのに。


そういえば、つい昨日、GLORY ROAD(グローリーロード)

という映画をテレビでみた。

これは1966年に全国優勝を果たしたウエスターン・テキサス大学の

バスケットボール部の話。

試合に遠征する度に差別行為に数々遭遇、

仲間内でも対立が起こる。

が、白人コーチに導かれ、黒人選手のみのチーム

としては初めての優勝を果たす。

現在では白人の選手がいると、へえ、と思ってしまうが、

当時は珍しかったのだ。

実は、年がバレるが、1966年は私の生まれた年。

私が驚いたのはその年にテレビではアナウンサーが黒人をニグロと呼び、

それが受け入れられていたということ。

たった50年位前なのに!

今では、黒人をブラックではなくアフリカンアメリカンと呼ぶのが

ポリティカリー・コレクト((通称:PC)は、言葉や用語に社会的な

差別・偏見が含まれていない公平さのを用いた表現)。

私が生きている間も歴史は動いているんだな、と実感した。


人種のるつぼのアメリカに住んでいると、

人種差別に苦しむ人達は必ずいるし、これからもこの問題は続くだろう。

でも、私は肌の色や国籍ではなく、お互いにリスペクトし合い、

人格で判断し合う人間でありたいし、

私の子供達にもそうなって欲しいと思う。


なんか、長くなってしまった割には半分も思っていることが書けなかった。

また、いつかの機会に書かせていただきます!


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

絶句。トイレに行くときどうするの?

w( ̄Д ̄;)wワオッ!!


日本の面白画像サイトで見つけた画像。

思い切り日常生活に支障がでそう…。

のりぴー(私の友人でネイリスト)、どうお?


ネイル
ネイル完成❤もう春だから今回はフットもやったの❤明日は萌えだねー❤
pic.twitter.com/7sqPWA7cZx


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ここ掘れワンワン!...ってヤメテー!!

lucy2.jpg


閑話休題。

うちで飼っている2匹の犬のうちルーシー(ブルドッグ)は

ここのところのいい天気を思い切りエンジョイしている。

フェンスで囲まれた裏庭に出しておくと、

なかなか家の中に戻ってこない。

で、今日ちょっと放っておいたらフェンスの下を

がっつり掘っていた。

丸太のような体つきなので、フェンスの下から隣のお宅へ

行くには、かなり深く掘らないといけない。

彼女の試みは失敗に終わったが、

問題は泥だらけの足!何故か後ろ足まで。

手術後5kgまでしか持ち上げてはいけない、というドクターオーダーが

あるので、30kg近い彼女をバスタブへは運べない。

家人も留守。

そこで、日本から持ってきた手桶にお湯を張り、

ルーシーの足を一つずつゆすいで洗った。

ったく…。

平和な午後です。


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

タトゥーはクール?アメリカの刺青事情




日本ではタトゥー(刺青)というと、まだまだ敬遠されているし、

社会的に受け入れられていない。

確か公営のプールとかタトゥーをしている人は入れないとか。

また、去年橋下さんが、大阪市の職員は刺青禁止という

発言をしていたことを思い出す。

一方で、アメリカでは、みんな結構気軽にいれている。

セレブの皆様やスポーツ選手をはじめ、一般の人も然り。

うちの旦那の両腕も半分はタトゥーでカバーされている

(ちなみに、堅気の一般人)。

私も仕事場でも女性のタトゥーはよく見る。

これは踝(くるぶし)にいれる人が多いので、

スカートを履いているとすぐ見える。

私の上司(30代の女性)は背中のウエストのあたりにもしているので、

前屈みになるとたまに見える。

別の同僚はTWEETY BIRD(ワーナー・ブラザーズのトゥイーティー)

のタトゥーを肩にいれている。

男性のタトゥーは見たことがない。

これは男性は肩というか二の腕や胸に入れている人が多いと思うが、

シャツに隠れて見えないのだと推測する。

Source: google.com via Tat on Pinterest




このように一般の人も抵抗がないのは、

日本のように特定の人々がいれるものという

歴史やその固定観念がないからだろう。

アメリカ人にとってタトゥーは恥じるものでもj隠すものでもない。

自分の強い思いをタトゥーで体に刻み、自己主張するのである。

もちろん、ただ好きだから、という人も多い。

例えば、よく見かけるタトゥーは下の通り。

大切な人(家族や恋人)の名前
好きな言葉 - BELIEVE FAITH LOVE など
意味を含んだデザイン - 自分の信念や思いを象徴するものや宗教的なものなど。
単にファッション - 女性の場合、蝶々、ハート、花、星など。
             男性は鷹、ドラゴン、虎など。

もちろん、中にはギャングメンバーで、所属するグループのマークを入れていたり、

骸骨やなにやら怖いものをびっしり入れている人もいる。

こういう人達は、まあ、オフィスでは見かけない。

あとよく見かけるのが、漢字のタトゥー。

友情、勇気とかはまだしもトホホなのもたまに見る。

英語を日本語に直訳しちゃうから変なのよね、と

こっそり思う。

漢字タトゥ

ちなみにアメリカでは基本的に18歳にならないとタトゥーは違法。

なので、高校を卒業と同時にタトゥーを入れる子達は多い。

私の娘の友人の女の子も、肩、腕、おなか、鎖骨のあたりとびっしり。

若さゆえに、恋人の名前をいれたり、変なキャラクターをいれて、

いつか後悔したり、高いお金を払って消す人もよくいるようだ。

私は、興味がないし、乾癬があるので、いれてないし、

これからもいれるつもりはない。

でも、個人的には抵抗も反感もない。

日本でもアメリカのようにファッションとして

受けいれらる日は一体来るのかな?


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

救急車の追っかけ弁護士!?




アメリカでテレビを見ていると(すいません、テレビの話が多くて)

目につくというか、鼻につくのが弁護士のコマーシャル。

彼らは

「もし事故にあわれたら、保険会社ではなく私達のところへお電話ください。

保険会社はあなたの味方ではありません」

とか、

「もし、○○という薬を飲んで副作用がでたのなら

私達がお力になれるかもしれません」

はたまた、

「あなたの愛する家族が老後施設で虐待されている可能性があったら

ご連絡ください」

とか、のたまう。

中には、あなたのお宅に伺います、という弁護士もいる。

こういう弁護士を+という。

アンビュランス・チェイサーとは、直訳では救急車を追いかける者であるが、

法的なサポートが必要であろうクライアントを

何かの出来事や事件を利用し、見つけようとする弁護士のことである。

この言い回しは、交通事故にあった人の乗った救急車を

病院まで追いかけ、クライアントをゲットする弁護士、

と言うことから由来する。

実際、事故現場や病院でクライアントを得ようとする行為は

法律で禁じられている。

が、彼らはテレビで呼びかけ、交通事故や薬害の犠牲者などへ

ダイレクトメールを送る。

これは交通違反者も含まれる。

私は、一度も違反チケットを切られたことがない(Knock on wood)が、

娘が免許をとってしばらくしてスピード違反で捕まり、チケットを切られた。

その際、もちろん、私の怒りの言葉の数々が彼女に降り注がれたが、

弁護士からのダイレクトメールもまた然り。

交通違反や警察が出向いた事故は公共の記録なので、

弁護士事務所はそれを簡単に入手でき、

それを元にクライアント候補へ広告を図る。

まったく、アメリカは弁護士が多いがこういうのは気に食わない。

また、知り合いで事故に実際合い、弁護士を雇った人によると、

彼らは全くもってグリーディ(強欲)。

必要のない高額な手術をすすめたり、これまたすごい額の

Pain and suffering (苦痛)の賠償を加害者へ請求しようとしたり。

これはクライアントのへの加害者からの支払額により

弁護士料が変わるかららしい。

私が被害者だったら、多分、かかった医療費と車の修理代か

ダメージによっては替わりの車で十分だけどな。

でも、これは私が会社を通して、事故保険に入っているから

言えるのかもしれない。

とにかく、競争が激しいのはわかるけど、

やっぱりテレビで人の不幸を利用する弁護士のコマーシャルは見たくないな。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

くじら語を話そう! ---ファインディング・ニモの続編---

Dory.jpg


ファインディング・ニモは私のお気に入りのディズニー映画の一つ。

先月のディズニーのアナウンスメントによると、

2015年の11月にファインディング・ニモ2ならず、

ファインディング・ドリーがアメリカで公開される。

ドリーの声は引き続きエレン・デジェネレス。

今度ドリーが行方不明になるらしい。

忘れっぽいドリーなだけに、どうなることやら。

その新しいの映画のプロポーションの一環に

下の画像がエレンのトークショーで紹介された。

英語ですが面白いので見てみてください。

ロゼッタストーンは外国語を学ぶのに定評のあるソフトウェア。

くじら語を学べるかも?!







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村