いじめをする娘をこらしめるために親がとった行動は?

今日は久しぶりにフルタイムで働いた。

退社時間の5時頃には、ため息、吐息、ということはなく、

普通に一日が過ぎた。

事務職だから当たり前か。


さて、今日も気になったニュースをひとつ。

これは多分フェイスブックへのポストから、

全国ニュースへ発展したもの。

そのニュースとは、自分の10歳の娘(正確には婚約者の娘)が、

学校で同じクラスの女の子の服装がおかしい、と

いじめをしているという旨のEメールが学校から届いたことが発端。

母親は、いじめられた子の気持ちをわからせようと、

古着屋でショッピングの際に、

娘が「かっこ悪い~」と言った時代遅れの洋服を購入、

それを着せ、学校へ行かせたというもの。

それに加え、その洋服を着た娘の写真を、顔をぼかし、

フェイスブックへポストしたという。

いじめ2

いじめ
Kaylee, wearing her outfit as punishment (Photo by Fox13/KSTU-TV)

このことで、しつけとしては行き過ぎではないか、いや、

あっぱれだ、と意見が分かれているよう。

行き過ぎだという人々は、家族内で解決すべき問題を、

公衆の面前にさらし、子供に恥をかかせるという行為はおかしい、

子供に恥や罪悪感を与えることによってしつけを行うことは、

精神的な問題に発展するのでは、という意見。

私は、フェイスブックにポストするのは反対だが、

よくやった、お母さんと言いたい。

この女の子、その洋服をて学校へ行くことを泣いて拒んだらしいが、

結局は、登校。両親は、これでわかったか、と思いきや、

今度はその子の着ている洋服をからかった別の女の子とひと悶着。

あくる日に、もう一度別の「格好わるい」服を着て学校へ行かせた。

結果からすると、彼女は心から反省し、両親にいじめられる子の気持ちを

気付かせてくれてありがとう、とまで口にしたという。

こういうしつけは、親と子供の間にしっかりとした絆がなければ、

しつけというより罰ととり、親を恨むだけ、という結果に

終わってしまうかもしれない。

でも、いじめは深刻な問題。

このように、両親が率先して子供をガイドし、

問題に向かわせる行為には拍手を送りたい。

私は、母親として満点とは言いがたい(というか程遠い!)し、

反省したり、後悔することもしょっちゅう。

このお母さんのような思い切ったことはできないかもしれない。

なので、偉そうなことは言えないけど、

やっぱりしつけは家庭から、と信じております。


クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ