職場のあの人この人

clay business people


今日は少し職場の人の話。

---大ボス---

勤続40年ウン年になる彼は、工場長などを歴任したせいか、

言葉遣いが荒く、興奮したり、機嫌が悪くなると

FやSの付く言葉を発する。

普段は、気のいいおっさん、といった風情だが、

仕事で、真剣になると、熱くなり、そいういう言葉が

つい飛び出てくる様子。

私が、この職場で働き始めたとき、

おお、ヨーコ・オノ!

という寒いジョークをかました。

日本人の女性というとやっぱり彼女なのか。

つい最近も違う名前で呼ばれた。

すうっと、私のところへ寄ってきて話かける彼。

ああ、そういえば、最近、取引先の人とあった時

君の名前がでてね。

えーと、なんだっけ、カラオケ?

・・・・・・

おやじジョーク炸裂。

私の名前はカラオケではありません。

冷房で冷え冷えの職場がさらに凍ったのだった。



---隣の部署のおやじ---

彼は、おやつハンター。

毎日、4階あるビルの中をくまなく歩きまわり、

おやつを探し回る。

確かに、これだけたくさんの人が働いていると、

朝食に誰かが持ってきたドーナッツ、

ランチミーティングの後の残りものサンドイッチ、

誰かが誕生日に持ってきたおやつなど

どこかに何かがある。

(ちなみに、自分の誕生日に自分で職場に差し入れをするのは、

アメリカの会社ではよく見られます。

今日私の誕生日なの♪てな感じで)

その彼は、時々収穫後に、2階のA会議室にベーグルあったよ、

とか耳打ちしてくれる。

私は行ったりしないけど、ありがと、と一応言っておく。

なんで、そんなに、おやつが欲しいのか。

狩猟本能?まさかね。

多分、タダだからだろうな。


---メールルームの人---

彼は、ビル全ての郵便物の管理をしている。

メールルームで仕分けなどの作業の他に、

郵便物を社員に配るのも彼の仕事。

すごく早足で、静かなので、

メールがテーブルにポンと置かれる音を聞き、

ありがとう~、という顔を上げる頃には、

既に彼の姿はもうない。

一日に最低2回は、ビル内を配達して歩いているので

かなりの距離を歩いていると思う。

ある日、ランチタイムに外に出ていた私は

駐車場で彼を見かけた。

スニーカーを履いている。

あれ?もしかしてウォーキング?

と聞くと、

そう、との返事。

歩くの好きなんだ、と言う。

あれだけ歩いているのに、まだ歩き足りないの?

感心して、ほお、と思わず声が出た私。

私も見習わないとなあ、と思った午後だった。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

諦めません

phone.jpg
            注:↑私じゃありません。

再び、クレーマーというか、

言って見なけりゃわからない、という人と化した私。

(前回のストーリーはこちら→

去年の3月に Hey!It's Half Off!というウェブサイトで

ゴミ回収サービスの1-800-GOT-JUNK?のサービス券を購入した。

このウェブサイトでは、グルーポンと同じように、

いろいろな商品やサービスをディスカウントされた価格で購入できる。

このウェブサイトでは、名前の通り半額で提供されている。

私のメールに広告が来ていてチェックしたのだが、

お、これはいつか使えるぞ、と衝動買いした。

$75払って、$150分のサービス。

買ってはみたものの、宝のもちぐされになっていた。


最近、壊れたディッシュウォッシャーや

古いマットレスなどの粗大ゴミを捨てなければ、と考えていて、

ふと、このサービス券のことを思い出した。

購入したのが1年半前だから、もしかして期限切れかも。

とりあえず、1-800-GOT-JUNK? に昨日電話してみた。

すると、確認が必要なので、折り返し電話します、とのこと。

ふーむ、さすがに簡単にはいかない。

そして、早速今日、昨日話した担当者から電話がかかってきた。

申し訳ないが、期限切れしている。

わが社のプロモーションは大抵2,3ヶ月で終わるし、

第一、お金が支払われたのはハーフオフのウェブサイトであり、

わが社ではないので、あなたの購入したサービス券は

受け入れられない、という。

想定内だったので、一応ローカルのオペレーションの

電話番号をもらい、そうですか、と電話を切った。


ちょっと、話がそれるが、

担当者は、ハキハキした若い女性のようだったが、

くすっと笑ってしまったのが、彼女の使ったある表現。

It was expired ages ago!

(大昔に、期限切れしてますよ!)

これって、友達同士では言うけど、客に言うかなあ。


さて、ではどうしよう、とお昼休みに考える私。

ハーフオフのウェブサイトが支払いを

受け取っているが、

実際のゴミ回収のサービスの譲渡が行われていないので、

ゴミ回収会社へは実際支払われていないとすると...

ということで、ハーフオフのウェブサイトのカスタマーサービスへ

メールを出してみた。

すると、2時間もしない内に返答が来た。

ご迷惑かけて申し訳ありません。

わが社の発行するサービス券には有効期限はありません。

そのように業者と契約しております。

私から1-800-GOT-JUNK?へ連絡してみます。

それとも、お支払いされた分の返金を希望されますか?

という、パーフェクトな対応。

私は、サービスを利用したいので、交渉をお願いします、

と返事を出した。

その後、まだ彼からの返答はないが、

多分、私の希望通りに、ゴミ回収のサービスを受けられるだろう。

やっぱり、なんでも言ってみるものですよ、おほほ。(←誰?)

アメリカで遠慮はいりません(笑)




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

雑誌に体験記が載りました。

何ヶ月か前に、

「怪しい者では決してございません!」

と但し書きのついたメールが研修出版の編集部の方から届いた。

私のブログを読んでくださったという方からで、

OLマニュアルという月刊誌の

「海外ワーキングガール事情」というコーナーで

体験記を書いてくれませんか、という依頼だった。

ワーキングガールというには

ちょっと年を取りすぎているんじゃなかろうか、

との質問に、

「お歳のことはまったく問題ございません。」

ということだったので(笑)、快く引き受けた。


その雑誌が今日届いた。

日本の実家にも一冊送っていただいている。

1308ol-top.jpg

ol2.jpg


雑誌には働く女性に役立ちそうな記事が載っていて、

特に目を引いたのは、

「運を呼び込む口グセ」の研究、という企画。

私も心がけていることなので、

興味深く読ませていただいた。

やはり、ポジティブでいること、

自分は運がいい、と思うこと、

感謝の言葉を忘れないということが、

幸運を呼ぶ、というのは本当だと思う。

プラスはプラスを呼ぶし、

マイナスはマイナスを呼ぶ。

これは私が身をもって言えること。


私がちまちま書いているブログがきっかけで、

とてもいい経験をさせていただいた。

研修出版の編集部の方々、

ありがとうございました。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ワンコと歩く。

私には動物愛護団体でボランティアしている友人が3人いる。

のりピーもその1人。

彼女の仕事は1週間に1度の犬の散歩。

何匹も1匹ずつ散歩するので3時間歩き続けるという。

この間は、突然の大雨の中びしょぬれになりながら

散歩した、と笑いながら話す彼女。

彼女は普段働いているので、

フリータイムを使ってのボランティア。

頭が下がります。



そののりピーのところへ、

違う団体からアダプトしたワンコがやってきた。

名前はタミーちゃんといい、1歳のプードル。

すごくおとなしくて、とてもいい子。

tammy.jpg


まだ引き取って一週間なので、先住犬の

お知り合い期間中。

2匹を慣らすためにも、

毎日、朝晩の散歩を欠かさないという。

1週間に彼女が歩く距離は半端じゃないのでは!?

のりピー(とご家族)は花丸つきの飼い主さんなので、

タミーちゃん、あなたはラッキーよ。

これからもよろしく。


さて、うちのワンコたち。

いつも散歩に行く時は携帯もカメラも持っていかないのだが、

今日は、ちょっとブログに

うちの子達の散歩の様子をアップしようと携帯を持っていった。

これが、散歩中のリーバイとルーシー。

sanpo.jpg


慣れないことをするもんじゃない。

とても下手くそな写真になった。

私の影もばっちり写ってるし(笑)

普段は、あまり一緒に遊ばないし、

神経質なリーバイにルーシーはいつも怒られているが、

散歩の時だけは、仲良く歩く。

歩くことに集中しているから、

お互いのことは無関心だけなのかも。

3ヶ月前の私の手術以来、

ちょっとサボりがちだったけど、

心をあらため、ちゃんと毎日歩かなくては。

のりピーがお手本です!



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ゴルフ優勝よりも妻の出産

baby.jpg


さっきインターネットで、

カナダオープンで首位に立っていたメイハン選手が

第一子を出産する妻に立ち会うために

トーナメントを棄権したというニュースを読んだ。

奥さんの陣痛が始まったという連絡を受け、

即決だったという。

日本の男性から見たら、

これってありえないんじゃないだろうか。

まあ、アメリカ人にとっても

驚きのことなので、ニュースになったのだろうけど。

このことを検索してみたら、

よくやった、とまでは言わずとも、

"Understandable" 理解できる、との意見が多いようだ。

トーナメントはこれから何回もあるだろうが、

その子の誕生は一度だけ、

"One time deal"ということだから。


私の時も最初の子は前の旦那が、

下の子も、今の旦那が立会いしての出産だった。

下の子の時は、朝起きて、

あれ?陣痛かな?でも、予定日より一週間早いし、

前駆陣痛かしら、と思いつつ

上の子を学校へ連れていった後、

念のため病院へ行ったら、そのまま入院となった。

旦那はゴルフのトーナメントで首位を取っていたわけではないが、

1時間ほど離れた職場で働いていた。

一応、その旨を連絡したが、

まだまだだと思うから、また連絡するね~、

と言ったのに、仕事場からすぐ車を飛ばして来た。

結果的には、私は出血していて、羊水が濁っているため、

赤ちゃんを早く出しましょう、ということになり、

ピッチの早い出産だったので、

すぐに仕事場を発ってくれたのは嬉しい判断だった。

別に何をしてくれるわけではないが、

いるだけで安心というか。


今の時代、日本でも奥さんの出産に立ち会う男性が

増えているらしいが、

仕事よりも奥さん(または恋人)の出産が大事と

言い切れる人が増えているということなのだろうか。

何もかも放り出して、

奥さんまたは恋人のもとに駆けつけてくれたら

女性は嬉しいですよね。

それとも、ちゃんと職務を果たす男性の方が

いいわ、という日本女性の方が多いのかしら。



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

活字中毒

books.jpg

私は重度の活字中毒。

本を読むためなら睡眠を削ってもいい。

毎晩、何かを読まずには眠れない。

小学生の頃から既に中毒症状が出ていて、

本を読み出すと、周りで起こっていることを

ほぼ完全にシャットアウトしてしまう子供だった。

名前を何回も呼ばれても、全く気付かず、

「全く、本を読み出すと何も聞こえなくなるんだから!」

とよく母に呆れられたものだ。

そして、これは、今でも同じ。

普段、注意散漫な私だが、本を読み出すと

本と私しか存在しないかのように、

周りが見えなくなる。



で、どんなものを読むかというと、

大抵フィクション。

最初から最後まで飽きさせることなく、想像をかきたて、

ぐいぐい引っ張っていく本に出会うと

最高に幸せな気分になる。

あと、創られた人物や場面を頭の中でイメージする至福。

中学生の頃は、石坂洋次郎の「陽の当たる坂道」

の登場人物に恋していた程。

そんな私なので、

好きな小説が映画化やドラマ化されても、あまり見ない。

それは、あくまでも映画を製作する人の解釈であって、

私のものとかけ離れていると、がっかりするので。

別物として楽しむこともあるけれど。

まあ、ハリー・ポターなどは子供と見たし、

よく出来ていると思うが、やっぱり原作の方がいい。



このように、自分のイメージを大切にする私だが、

何故か、漫画も大好き。

大抵は原作者によって描かれているからだろうか。

1日、何十冊でも読める(自慢にならないけど)。

小学校の頃はベルサイユのばらにはまり、

生徒諸君に泣いた。

(ちょっと話がそれるが、「生徒諸君」を以前

ちらりと読む機会があった。

びっくりしたのが、登場人物が着てる服がダサかったこと。

小学生の頃は全然気が付かなかったわ)


アメリカに来て思うが、日本の漫画は本当に質が高い。

こちらでも、英語圏の作家の優れた本は

図書館でも本屋さんでも簡単に手に入るが、

漫画はそうはいかない。

日本の漫画家の漫画がいいし、

日本資本の書店で買うと、円高というのもあるが、

涙が出るくらい高い。



宝くじに当たったら(また言ってる)

絶対家の一室を書庫にしよう。

自分好みの本に囲まれて、

朝から晩まで本を読む暮らしができたら、

毎日幸せだろうなあ(ため息)。

今度、おススメの本などを、

英語のものを混ぜて紹介したく思います。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

出勤前の過ごし方

asagao.jpg


朝、目覚まし時計の鳴る前に起き、

まだ空気の澄んでいるうちに

犬を散歩し、エクササイズをこなす。

シャワーを浴びてすっきりした後は、

淹れたてのコーヒーを飲みながらニュースをチェック。

そして、家族を起こし、ちゃちゃっと作った朝食を

テーブルに並べる。

しぼりたての果物のジュースは欠かせない。


朝食後、食器をさっとゆすいだ後は、

自分の身支度にかかる。

髪をきちんとブロウして、

何を着ていくか、ゆっくり選び、

ぱりっとアイロンもかけた服で出勤する。

充電100%の携帯はバッグに入っている。


職場にはもちろん、10分前に到着し、

同僚に笑顔で朝の挨拶。

始業時間には、起動したパソコンに向かっている。

これが、私の毎朝のルーティン。

・・・・・・・・

なーんて、わけがない!(笑)

実際は、

毎朝、目覚まし時計のスヌーズボタンを

何回か押した後、ぎりぎりの時間に起き、

すぐにシャワーを浴びた後、

家人に白い目で見られながらも、

ブラにパンツでうろうろし、

身支度を整え、

ダッシュで職場へ向かう。

今は、夏なので、息子を学校へ送らなくてもいいので、

ちょっと楽チン。

毎朝、あせっているものだから、

たまに、商売道具のラップトップを家に忘れることもある。

(実際、昨日、忘れたことを会社の駐車場に着いてから気付き、

取りに帰った...)

全く、とっとと早寝して、プロダクティブな朝を

過ごせるような習慣をつけたいものだが、

私にとっては至難の業。

夜になればなったで、寝るのがもったいない、

と思ってしまうのだ。

で、結局、夜更かしし、朝になれば、

愛しのベッドから離れるのがつらい、ということになる。

やっぱり、これは一度えいっと朝起きて

やってみるしかないのかな。

朝型人間の方を心から尊敬します。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ひまな人が見るサイト

すいません、ちょっとのどが痛いので、

お茶にごしです。

のどが痛くても、別に喋るわけじゃないでしょ、

と、突っ込まないで下さい。

こちらは、自分でキャラクターを好きな位置に置き、

音楽を選び、ダンスしまくる彼らを見る、

まあ、それだけのサイトです。

でも、シュールです。

何故か、リラックマがいるように見えるのは

私の気のせいでしょうか。

http://gifdanceparty.com/
danceparty.jpg

あともう一つ。

90’Sが懐かしいというあなたへ。

デイビッド・ハッセルホフの顔をクリックすると、

90年代に流行った曲がランダムでかかります。

これも、それだけです。

http://www.the90sbutton.com
90sbutton.jpg

ひまな方の参考になれば幸いです。

すいません。明日からまた真面目に書きます(笑)



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

魔の7月

CY.jpg


私は現在物流部署内のファイナンスの仕事をしているのだが、

私の職務の1つに、ウェブ・ポータルで海運業者からのBOL(船荷証券)

のオーディット(レートやコストのチェック)がある。


そんな私にとって、毎年7月は魔の月である。

何故なら、毎年7月に海運業者との契約が更新されるから。

といっても、交渉はオペレーションの担当であり、

3月から3ヶ月程かけて行われる。

私はこの交渉結果による契約更新で、

システムが正しくアップデートされているか、

海運業者が新しい契約に基づいて請求しているかなど

確認をしなければならないので

7月はストレスたっぷりになるのだ。


今回は、近い将来ヨーロッパも南米アメリカも

北アメリカが利用しているシステムを利用することになり、

大幅なシステムの変更があったので、

ちょっと大変なことになっている。

おまけに、そのシステムの変更がファイナンスのグループに

きちんと伝達されてなかったので、

私は上司ともう1人の担当者と共に毒づく毎日。

普段なら1、2時間で終わる仕事が、半日もかかる。


全く大きな会社に勤めていると、

The left hand doesn't know what the right hand is doing.

ということが多々あるが、全くその通り。

直訳すると、左手は右手が何をしているか全くわからない、

となるが、まあ、私の職場に当てはめてみれば、

オペレーションはファイナンスがどのように

システムを活用しているかなど、全くお構いなしということだ。

まめなコミュニケーションをお互い心がけないと、

どこかにとばっちりがくる。

今回は、私たちのところへどっかりきた。


今夜は、これから家に持ってきた仕事をやっつける予定。

まあ、テレビでも見ながらぼちぼちやりますわ。

愚痴を聞いていただいてありがとうございます。

では、また。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

苦い秘密

ずうっと昔、私がまだ20代前半だったころの話。

私は、二代目のルームメイト(Aちゃん)と

東京で一軒家をシェアしていた。

彼女は、つぶれてしまった会社に一緒に勤めていた時の元同僚。

年は私と同じ。

結婚して出て行った一代目ルームメイトと

バトンタッチして、私の二代目ルームメイトとなった。

お嬢様育ちでおっとりしている反面、しっかりしている、

そんな彼女との2人暮らしは、ほんわりとしていて、

快適だった。


Aちゃんには7つほど年上の婚約者(Bさん)がいた。

Bさんは最初は週末に来ていただけだったのが、

だんだんと、毎日のように泊まっていくようになっていった。

彼は、いい人だったけど、

女2人の気楽な暮らしを気に入っていた私は、

すこし不便だな、と思い始めていた。

お風呂上りなど、タオル一枚巻いてうろうろすることも

できなくなったし。

それよりも、私がイライラするようになったのは、

ほとんど毎日一緒に暮らしているのに、

家賃や光熱費や食費を女2人だけで負担していることだった。


彼は、別に無職だとか、お金に困っていたというわけではない。

きちんとした会社で専門職として働いていたから。

それでも、その当時、バブルの時代で、

派遣社員ながら、正社員並みの福利厚生を受け、

かつ、並の正社員よりも稼いでいた私は、

一度Aちゃんに湾曲的にそのことを

伝えただけにとどまった。

(私も別にお金に困ってるわけじゃないし...。)

(私が黙っていれば、波風立たない。)

と思ったのだ。

今の私だったら、本人にストレートに

フェアじゃないんじゃない、と言っていただろうが、

当時の私は20そこそこの小娘だし、気も弱かった。


そんな日常を送りつつも、とりあえず友好的だった私達だったが、

ある日突然、事態が一変した。

Bさんが私を完璧に無視し出したのだ。

話しかけても、聞こえないふりをしたり、

2人が台所で食べているときに、私が帰宅すると、

ついっと、ルームメイトの部屋に消えてしまったり。

私たち3人が招待されていたイベントも、

私が行くなら行かないと言い出したこともあった。

Aちゃんに、理由を聞いても、わからない、の一点張り。

私が家計費のことで不満があることを

AちゃんがBさんに伝えたからかな?と思ったが、

彼女は、そうではないって、と彼からの伝言をする。

30になる男が、こんな子供じみたことをすることに

驚いたが、一番リラックスしたい自宅で、イライラし、

落ち込んだ日々だった。


そんな風に何ヶ月が過ぎ、ルームメイトとその彼が

結婚に備え、引越しを計画していたある日、

なぜ無視されているのか謎が解けた。


当時、私がよく遊んでいた友達の1人に、超美人のMちゃんがいた。

ある日、そのMちゃんから電話がかかってきた。

ちょっと相談がある、という。

何?何かあったの?と聞くと、

思いもかけない話だった。


「実はBさんから電話攻撃されている」という。

彼女は時々、私のところへ泊まりに来ていたが、

ある夜、ルームメイトの彼と初めて鉢合わせし、

3人でお酒を飲んだ(ルームメイトは寝ていたと思う)のだが、

私がトイレに行っている隙に、Mちゃんに名刺を渡し、

電話して、と言ったらしいのだ。

彼女は、私から聞いて、彼らが婚約していることを

知っていたので、一度も電話をしなかったという。

すると、なんと、Bさんは

彼女の職場の電話番号を調べたらしく、

ある日彼女宛に電話がかかってきて、

「一度でいいから会ってくれ」

と懇願されたという。

その日は、「困ります」とやんわり断って

終わったらしいが、それが何回も繰り返されているという。

そこで、そうか!と合点がいった。

Bさんは、多分、罪悪感に苦しんでいたのだろう。

いや、罪悪感というより、後ろめたさか。

私がMちゃんから聞き、それをいつAちゃんに

告げ口されるのかと恐れていたのだ。

もしかしたら、Mちゃんと引き合わせた

私を恨んでいたのかも知れない。

Aちゃんは本当に理由を知らなかったのだ。

私は、怒りが沸くよりも、謎が解けたことで

心にもやもやしていた霞が晴れていくことの

爽快感を覚えていた。


私は、このことを心を許している友人1人だけに打ち明けた。

彼女は、ふーん、と冷静に聞き、

「Aちゃんに言えばいいじゃない。」

と言い放った。

私は、そんなことは頭にもなかったので、

心底驚いたが、ちょっと考えてみた。

確かに、Bさんへのいい仕返しにはなるかもしれない。

でも、そんなことをしたら、

彼らの結婚が破談になるかも知れないし、

そんな責任は負いたくない。

第一、友人のAちゃんを傷つけるのはごめんだ。

でも、こんな男と結婚して幸せになれるのだろうか?

結局、心の中でその考えを、飴玉を転がすように

ころころとするだけで、私は口を閉ざすことにした。

その後、彼らは結婚し、私は披露宴で

共通の友人とお祝いの歌まで歌った。


今は当時の友人達とはほとんど連絡を取っていない。

AちゃんとBさん夫妻が子供をもうけたということは

確かはがきで知った。

今書きながら、ふと思った。

もしあの時、AちゃんにBさんの心にさした魔のことを

伝えていたら、どうなっていたのだろう。

2人の間の子供のことをちょっと考えて... やめた、やめた!

Oh well, I will never know...


ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

こらーっ!

levi1.jpg
でぶリーバイ

現在、我が家の犬達は違う種類のドッグフードを食べている。

ブルドッグのルーシーがかいかい()になってから、

彼女のドッグフードを替えたから。

獣医さんによると、かゆみで食欲が落ちることがあるらしく、

彼女はいつも食べ残すようになった。

服用している抗生物質が胃もたれを引き起こす、

とういことなので、それもあるかもしれない。

以前は、あんたは掃除機か、みたいに

ふごふご吸い込むように食べていたのに、

今は、ぽりぽりと仕方なさそうに食べている。


そこで!

それを、しめた!と思ったもう一匹の犬のリーバイ。

自分とは違うドッグフードが気になって気になって

仕方なさそうな彼は、自分の食べ物をそっちのけで、

虎視眈々と狙っている。

大抵は、未遂に終わり、仕方なく自分の分を

食べている。

しかし、ふと目を離したすきに、

ちゃっかりルーシーの残飯整理をしている彼。

そこで、今日のタイトル。

こらーーーーー!

と私に怒られ、急いで自分のクレートに

向かい、身をひそめる。

自分でも、いけないとわかっているのか、

ルーシーのフードを食べに向かっている彼の姿は、

まさに挙動不審そのもの。

私の方をちらちら見ながら、

体を低くして歩いている(笑)


心配なのが、もともと太り気味の彼が、

さらに一回り大きくなったような。

もともと、チワワミックスの小型犬なのに、

抱くと、ずっしり。

どうしたら、彼の盗癖をやめさせられるのか。

とりあえず、最近、また肥えてきた私と一緒に、

ダイエット&エクササイズしようかね、リーバイ?



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

別れと出会いの土曜日

今日は最近知り合った日本人の友人の送別会だった。

彼女は女性ながら1歳のお子さんを連れて単身赴任されていた。

知り合ってほんの1ヶ月ちょっとだったけど、

芯が強く、頑張り屋の彼女とは

いい友達になれそうな予感があったので、

彼女の帰国はちょっと寂しい。

でも、距離は遠いけれども、

インターネットがある!

私のブログを読んでくれているそうだし、

これからもよろしくね!


その送別会だが、本当に楽しいひと時を

過ごさせていただいた。

私はまたまた手抜きの一品を持っていったのだが、

テーブルに並ぶおいしそうな料理の品々!

soubetsukai1.jpg


手作りのジンジャーエールやサングリアなどもテイスティ。

ホストのご主人は焼き鳥やら、えびの串刺しのグリルやら

焼いて、次々と運んでくださる。

soubetsukai3.jpg
soubetsukai2.jpg
さんざん食べてから、写真を撮ってないことに気が付いた...。


その度に、女学生のように嬌声をあげる私。

はい、食い意地が張っております。

そのパーティでは、何人かをのぞいて

ほとんどが初対面の方々だった。

日本人の方も数人いらっしゃって、

日本語での会話が楽しい。

人見知りが激しく、シャイだった若い頃は

パーティが苦手だったが、

年をとって、肩の力が抜けたのか、

初対面の方と会うのがむしろ楽しみに

思えるようになった。

今日は友人とのお別れのパーティだったが、

また新たな出会いもあった。

もし、これを読んでらしたら、

またお会いしましょうね。

これからもよろしくお願いします。

最後に、Yokitoさん、

知り合うことができて良かった!

お互い頑張りましょうね。

Please keep in touch!!!



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

マイルでさくらんぼ

398px-Bing_Cherries_(USDA_ARS).jpg


夕べ、11時過ぎに電話が鳴った。

着信表示をみると、日本の実家から。

どうしたんだろう、と急いで電話を取る。

深夜の電話は心臓に悪い。

「どうしたの?何かあったの?」

すると、少しエキサイトした母の声が聞こえた。

「さくらんぼがアメリカから届いたんだけど」

ああ、その事か、とホッとした。


以前、マイル失効()という、ANAのマイレージの記事を書いたが、

それは、月末に失効したマイレージを翌月の1日に

ANAのカスタマーサービスに電話し、有効期間を一日

延長して頂いたというもの。

そのお情けのマイレージを利用して、

さくらんぼを日本へ送ったのだ。

それが届いてすぐ電話をしたらしい。

いつも、日本のものを色々送ってもらっている私。

私から日本の家族へ、最後に何かを送ったのはいつのことか

思い出せない。

そんな親不孝の私からの

ワシントン州産のさくらんぼ、甘いといいな。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

職場でボケ一発

kaigi.jpg


何故、そう、口をついて出たのかは私にもわからない。

仕事とは別の考え事をしていたとか、

彼をそういう風に思っているとか

全くない。

ただ、自然にそう言ってしまったのだ。


以前書いたが、15日が締め切りの仕事が3つあり、

その内の1つのKPI(業績)レポートを作成し終わり、

上司の1人のDanにチェックをお願いしていた。

彼は、大学卒業後、40年同じ会社に勤め続けている

初老の男性で、とても几帳面。

よって、間違い探しも得意。

スペルの間違いなんかしようものなら、

すぐダメ出しが飛んでくる。

データもグラフもきっちりチェック。

このレポートは、他の部署にも提出するものなので、

100%エラーフリーを確認する。



2回のダメ出しの後、完成し、

カラーコピーを Danに渡しに行った際に、

私の口から出たのは、





“Here you go, Dad!”

はい、どうぞ、お父さん!

お父さんって...。

一瞬、2人ともシーーーーン。

近くにいた同僚もシーーーーン。

少したって、大爆笑が。


彼を父親像と見たこともないし、

白人で身長が190cm近い彼は、

亡くなった父に全然似てないし(当たり前か)。

自分でも、はてなマークが頭をくるくると回っていた。

強いて言えば、Dad と Danは一文字違い。


それ以来、同僚にはからかわれるし、

Danには父親面されるし。

(冗談で、9時までに家に帰るようにとか言われる。)


今週のかあちゃんのボケボケ・モーメントでした。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ウィスコンシンにも夏来る2 おすすめスポット

さて、今日は昨日に続きウィスコンシンの話題。

といっても、昨日は私の冷え冷えオフィスの愚痴に

終始してしまいましたが。


まず、ウィスコンシンといえば、ウィスコンシン・デルズ!

デルズは州の真ん中辺に位置し、

州都のマディソンから車で1時間ほどの所にある。

The Waterpark Capital of the World

と銘打っている通り、

ウォーターパーク(レジャー・プール)が30以上ひしめいていて、

年間のビジターは300万人を超えるバケーションのメッカ。

その数あるウォーターパークの中でも

特出しているのがノアズ・アーク。

NoahsArk_Overview.jpg


アメリカで一番大きく、70エーカー、つまり280,000㎡ある。

東京のとしまえんプールの面積が45,000㎡といったら、

その大きさがわかって頂けるだろうか。

ウォータースライド(水の滑り台)の数も30以上。

ジェットコースターのようにスピードを楽しめるものもある。

うちの息子からも毎日のように、

連れて行って、とせがまれている。

ノアズ・アークは屋外の施設だが、ウィスコンシン・デルズには

インドア・ウォーターパークを持つリゾートホテルも多くあり、

冬の期間も割安で楽しめますよ。

http://www.wisdells.com/


http://www.noahsarkwaterpark.com/


次にご紹介するのが、レイク・ジェニーバ。

"The Hamptons of the Midwest" といわれる。

Hamptonsとはロング・アイランドにあるリゾート地で

豪邸が立ち並ぶ地域。

Geneva.jpg


このレイク・ジェニーバにも、湖を囲むように豪邸が建ち並んでいる。

今はもうないが、ヒュー・へフナーが最初の

プレイ・ボーイのリゾートを建てた場所としても有名。

湖付近には、スパやゴルフ場、リゾートホテルがあり、

湖でももちろん泳ぐこともできる。

おすすめなのは、ボートによる湖のツアー。

そんな大きくない湖のツアーなんて、

と私も思ったものだが、食事も楽しめるし、

湖沿いに建つ豪邸についての説明をガイドから

聞きながら、湖の風を受けるのは気持ちがいい。

ちなみに醤油会社のキッコーマンの

アメリカ工場はこの地域にある。

http://www.lakegenevawi.com/


本当はドア・カウンティも紹介したかったのだが、

ちょっと息切れしたので、リンクだけ貼っておきます。

ここは、湖辺のラインが美しく、

アウトドアはもちろん、アートや音楽、レストランも楽しめる、

バケーションにもってこいの場所。

どちらかというと、大人向けかな。

http://www.doorcounty.com/

以上、ウィスコンシンのおすすめスポットでした。

どなたかの参考になりますように。



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ウィスコンシンにも夏来たる1

ウィスコンシンにもやっと夏到来。

ここ2、3日は90度(32℃)程まで気温が上がっている。

空は高く、青がどこまでも広がっている。

ミシガン湖の畔まで行けば、吹き抜ける風が気持ちいい。


とはいえ、私は毎日冷蔵庫のようなオフィスで働いているので、

仕事が終わって、駐車場を横切り、私の車へたどり着くまでの

2分くらいに夏を感じるだけ(笑)

ビルをでた途端に、もわーっと暑く

まるでサウナみたいと思いながら歩いている。


本当に、この温度差ときたら、半端じゃない。

私の会社には節電という考えはまるっきりないらしく、

毎日凍えている。

大きな声じゃ言えないけど、

真夏なのに、私の足元にはポータブルヒーターが。

会議室などはさらに冷え冷えなので、

セーターは欠かせない。

そんな(私にとっては)寒いオフィスだが、

ほとんどの同僚は、全然へっちゃららしい。

中には、タンクトップに毛が生えたようなトップに

スカート、そして生足の女性とかいて、

女性に冷えは禁物よ、とかテレパシーで念を

送ってみたりしている。


ここまで書いて、タイトルとだんだんかけ離れて

きたことに気付いた。

えーと、ウィスコンシンの夏。

ウィスコンシンは地味で知名度の低い州ではあるが、

何箇所か夏のおすすめスポットがある。

・・・・

すいません、ちょっと前置きが長くなってしまったので、

また明日書くことにします(まさかの続きもの)。

お詫び(?)にトラベル・ウィスコンシンという

ウィスコンシン州の行政の観光課が作った

コメディチックのプロモーションビデオをどうぞ。

これ見て、ウィスコンシンへ行こうと思う人が

どれだけいるかはちょっと疑問。







ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ピアノ ラブ

piano.jpg


最近バイオリンを習い始めた息子に触発されて、

私も久しぶりにピアノを弾くようになった。

乾癬性関節炎を発症してから、ほとんど触っていなかったピアノ。

最近は薬が効いていて、日常生活に支障がないが、

大丈夫かなと、最初は恐る恐るピアノに触れた。


もう何年も弾いていなかったが、以前弾いていた曲は

予想外にも指がまだ覚えている。

といっても、簡単なソナタ程度しかもう弾けない。

今日も、ハイドンのごく易しいソナタを弾いた。

久しぶりに無心になったような気がする。


どんな楽器でも奏でる音はみんな素敵だけど、

ピアノの音が一番好き。

なので、時々図書館で借りるCDは

ほとんどがピアノ曲。

仕事場で時々聞く音楽も大抵ピアノ曲。

何故って聞かれても、自分でもわからない。

ピアノの音がしっくりくるのだ。


プロのピアノの演奏を聞いて、

うっとりするのももちろんいいけど、

下手でも自分で弾くのもいい。

滑らかな和音の進行とか、予想を裏切る変調とか

なんていうか、音楽を体で感じるというか、

音楽が体に入ってくる感じがいいのかな。


また練習して、以前のように弾けるように

なりたいなとは思うが、

今日は、さっき30分ほど弾いただけで、

指がこわばって、関節と手首かすかに痛い。

毎日弾いていたら、きっと症状が出てくるだろう。

関節に負担にならない程度に

すこうしずつ、ピアノを楽しむとするか。



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

色白の悩み

beach.jpg


昨日、ピクニックに行って日焼けした、と書いたが、

英語でいうSUNTAN の域を超え、完全にSUNBURNである。

真っ赤で、洋服がこすれて痛い。

ほとんど、やけどと同じ。


実は(というほどの事ではないが)私は色白である。

色素が薄いのか、髪の色も瞳の色も茶色。

と書くと、ハーフみたい?と思われる方もいるかも知れないが、

顔かたちは、純日本人なので、そう間違われたことは

一度もない(笑)。

で、色が白いせいか、子供の頃から、

ひどい日焼けをしてきた記憶が多い。


母の出身が富山で、子供の頃は夏休みは

毎年のように母の実家へ遊びに行っていた。

母の実家は日本海が近く、海のない県で生まれ育った私は、

海に泳ぎに行くのが何よりも楽しみだった。

当時は、紫外線による皮膚のダメージうんぬんは

あまり問題視されていなかったせいか、

日焼け止めを塗った覚えがあまりない。

学校のプールで毎日のように泳いでいても、

海での日焼けは別物のようで、

いつも、真っ赤になり、水ぶくれができた。

最初の一夜は大抵、皮膚がほてって、

眠れないのが常だった。


大きくなっても海への憧れは強く、

友人とキャンプに行ったり、ビーチに行ったりしたが、

さすがに日焼け止めを使うようになった。

皮膚がんの心配や美白のためというよりも、

あの日焼けの痛みを二度と味わいたくない、

という思いから。

一時は、こんがり焼けた肌、というものに憧れたが、

いつも赤くなるだけで、小麦色の肌になったことがなく、

いつしか、諦めた。


そして、結婚して子供ができると、小さいうちは

ちょっと外で遊ばせるにも、

早く遊びに出たいと気がはやる子供を押さえて、

日焼け止めを塗りたくったものだ。


今回のピクニックでは油断していた。

子供たちは2人とも、どちらかというと

おたく系で、外遊びよりも、コンピューターや

ビデオゲームを好む。

息子は毎年やっていた野球も今年から不参加、

ということもあり、ほとんど外に出ていない。

よって、日焼け止めのことすら、

頭から欠落していた。

Tシャツがすれる肩口が痛いな、あれ、日焼け?

とやっと思いあたったほど。


日本では美白が定着したらしいが、

アメリカでは、いまだに浅黒い肌が人気。

同僚にも日焼けサロンに通う人が結構いる。

太陽の光を見たこともない脚をさらそうものなら、

「うわ、まぶしい!」

と言われること間違いなし。

それが気になるけど、皮膚がんも嫌、

という人は、日焼けスプレーをサロンでしてもらうか、

自分で日焼けローションを塗るのである。


私は、美白にはあまり興味ないけど、

とりあえず、痛い思いはしたくないので、

明日にでも日焼け止めを買いに行こうかな、

と考えています。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

会社のピクニック

今日、私の勤める会社のピクニックに行ってきた。

これは、毎年7月に行われるもので、

従業員(正社員、派遣社員ともに)とその家族が招待される。

私も子供達を連れて参加。

今日は28度で快晴。ピクニック日和。

めったに外に出ない私は、日焼け止めを塗るの忘れ、

思いっきり日焼けしてしまった。

顔も首も腕も真っ赤。

何やってんだか、私。


でもピクニックは楽しかった。

木陰にいると、通り過ぎる風が心地よい。

マットを持っていって昼寝したかった位。

休日に同僚に会うのも何やら新鮮。


ところで、このピクニック、規模が大きく、

子供向けに色々なアトラクションが設置してある。

picnic_july2013_1.jpg


picnic_july2013_5.jpg

息子が気に入ったのが、これ!

ロッククライミングもどき。

picnic_july2013_2.jpg

6回は登ったと思う(笑)


いつも忘れるのが、食べ物の撮影。

食い意地が張っているためか、写真のことなど

忘れて、すぐ食べてしまう。

なので、今回も食べ物の写真はなし。

あ、ひとつだけ撮りました。

これ、綿あめ。

picnic_july2013_4.jpg

あ、あと、食べ物の設置された建物の様子。

picnic_july2013_3.jpg

メニューは、典型的なアメリカン。

なので、写真がなくても簡単に思い浮かべられると思う。

ホットドッグ
ブラッツ(ソーセージの種類)
チキン
ポテトサラダ
パスタサラダ
ベジタブルスティック
ポテトチップス

メインの食べ物は、建物の裏手でバーベキューされたもの。

熱々でおいしい。

その他にも、アイスクリーム、ぶどうなどのフルーツ、

綿あめ、カキ氷、ポップコーン、焼きとうもろこし

なども食べ放題。

外にいると気分が高揚するのか、

ついつい、食べすぎてしまった。


外で長時間過ごしたせいか、日に焼けたせいか

心地よい疲れを覚え、家に帰ってから、

とろとろとお昼寝してしまった。しあわせー。


明日は、友人のくーみーとミツワへ行く予定。

ああ、どうしよう、家事をする時間がない(うそ)。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


アメリカでも「進撃の巨人」

15日の月曜日が締め切りの仕事が三つあり、

どうしても週末仕事をしたくなかったので、

今週全力疾走で働き、何とか今日仕上げることができた。

ふう。

明日できることは明日やろう、という私にしては

珍しく、エライじゃーん、って感じ(自画自賛)。


気がかりなことがなくなり、

夕食後ぼーっとインターネットで

ニュースを見たり、他の方々のブログを読んだり。

すると、テーブルの向かいに座っている娘が

彼女のラップトップを見ながら、

笑ったり、顔をしかめたり、息を飲んだり、忙しい。

何を見てるの?と聞くと、

「Attack on Titan」という。

Attack on Titanとは、進撃の巨人の英訳タイトル。

日本にいる方はご存知だろうが、

これは、突如あらわれた巨人と人間の攻防を描いた

ファンタジーバトルの漫画で、

今年4月からTVアニメが放映されている。

巨人が人間を殺したり食べたり、結構グロいらしい。

彼女によると、ご丁寧にも英語の字幕のついた

アニメがインターネットで見れるというのだ。


私もインターネットで、進撃の巨人のウワサは

見知っていたが、まさか娘がハマっているとはつゆ知らず。

彼女の友達(アメリカ人の男の子)も大好きで、見ているという。

なんか、こういう文化に垣根はないのね、

と思ってしまった。


私も(アニメを見たこともないのに)

何故か嬉しくなってしまって、

今までに、見つけた進撃の巨人をネタにした面白画像を

娘に見せたりしていた。

巨人をデザインしたお弁当(下記参照)とか、

リヴァイ兵長のパロディイラストとか。




なんか、親子でおたくだわね。

私も、そろそろ実物のアニメ、見てみようかな。

本当は原作の漫画読みたいんだけど。

見出したら、はまっちゃったりして(笑)



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

グーグルマップとプライバシー

googlemaps.jpg


さあ、今日は何を書こうかな、

とダイニングルームでラップトップに向かっていたら、

息子が、ドドドドッと階段を駆け上がって来て、

なにやら、目を輝かせて言う。

「ばあちゃんを見つけた!」

頭に大きな疑問符の浮ぶ私。

いいから、見てよ、と

地下室のコンピュータの置いてある部屋に連れて行かれた。

コンピュータに向かい、画像をズームさせ、

ほら!と得意げな彼。

コンピュータの画面に確かに私の母が。

なんと、グーグルマップのストリートビューに

きっちり写りこんでいるのであった。

私もこのグーグルマップ、よく使っているが、

知り合いが写っているのを今まで

一度も見たことがない。

私の実家や弟の家がびっくりする程はっきり写っている。

感動して2人の弟にメールを出したところ、

下の弟から知ってるよ、と憤慨のメールが返ってきた。

「防犯上良くないし、プライバシーの侵害だ」と。

なるほど。


私にとっては、遠出をする際に普通の地図と併せて利用し、

便利、としか考えていなかったストリートビュー。

そこで、インターネットで調べてみると、

このサービスが開始された2008年から

プライバシーの侵害ではないか、という声があがっている。

実際、ペンシルバニア州のカップルが2008年に訴訟を

起こしている。

裁判所は、完全なるプライバシーは存在しないとして、

棄却していたが、上告後、グーグルが$1支払うことで決着した。

訴えたカップルは、これは金銭の問題ではなく、

$1ドルを払うことで、グーグルが非を認めたことに

意義があるという声明文を発表したが、$1ドルって...。


とにかく、もし、プライバシーの侵害等の問題が

ある際は、その問題のストリートビューを開いた画面の

右下に“問題の報告”(アメリカの場合はReport a problem)

というリンクから報告できる。


軽い気持ちで書き始めたこの話題、プライバシーの

ことに及んでしまったけど、ごめんなさい、

ちょっと調査不足。

もしかしてあなたもグーグルマップに写りこんでるかも、って

書きたかっただけなんです(笑)。



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

夜更かしをめぐり娘と喧嘩する

argue.jpg


ゆうべ、20歳になる娘と喧嘩した。

原因は娘の夜更かし、というか徹夜。

夕食後、ダイニングテーブルでラップトップを開き、

インターネットをサーフしていた彼女言う。

「明日の朝7時に、検査入院するDad(私の元旦那)を

迎えに行って、隣町の病院まで送って行くの」

あら、そう、優しいわね、と聞き流す私に、彼女が続ける。

「朝起きれるかわからないから、

今夜一晩寝ないで起きて行くわ」

は?

何言ってんの?

その時、まだ夜の10時半。

もし12時まで起きていても、6時間は眠れる。

「とっとと寝ればいいじゃない」

「早く寝る気分じゃないのよ」

夏休みで、夜更かしの習慣がついている彼女が

口を尖らせる。

「徹夜してお父さんを病院へ連れてくなんて、

何考えてるの?危ないじゃない」

道路で車を走らせているのは彼女だけじゃないのだ。

居眠り運転でもしたら、他の人にも危険が及ぶ。

ぎゃーぎゃーわめく私に聞く耳もたずの彼女。

「前にもやったことあるし、大丈夫だって、うるさいな」

と言い返す娘。

まさか、20歳の娘をタイムアウトなんかできないし、

ベッドルームに閉じ込めることもできない。

私は、翌朝仕事があるので、12過ぎには就寝。

寝る前に、少しでも寝なさいよ、一応言っておく。


そして、今朝。

私が起きたときには、彼女はすでにいなかった。

ちゃんと寝たんだろうか、と思いながら出勤。

今日は朝からミーティングがあったので、

バタバタしていて、携帯をチェックしていなかった。

ふと、見ると、娘からテキストが入っている。

息子から伝言を頼まれたらしい。

ということは、無事に家に帰り着いたらしい。

Are you alive and awake (ちゃんと生きてて、起きてるの)?

とテキストを返す。

さっき、テキストしたじゃん、と彼女。

結局、徹夜したらしい。

無事だったから良かったものの、

もうちょっと、責任のある行動をして欲しい。


全く、世間のハタチって

こう親に心配かけるものなのだろうか。

私も、20歳の頃はClueless(世間知らず)だったけど、

こんなひどかったかしら?

私の育て方が悪かったのか、と反省ひとしきり。

いつまでたっても終わらない子育てである。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



髪を寄付

donate-you-hair-to-charity.jpg


去年日本へ帰国した際に短くした髪が肩より長くなった。

髪を切ったばかりの頃は、レイヤーがかなり入っていた、

ということもあるが、きちんとブロウドライしていた。

だが、髪が伸び、結わえるようになると、

ぐうたらな私は、即座にポニーテールへと移行。

朝、一分でも長く寝ていたい私は、

シャワーの後、タオルドライしただけの髪を

お団子にして出勤する。

それが、ここ何ヶ月かの習慣。

仕事やプライベートで、きちんとした

ヘアスタイルの女性を見ると、

ああ、私もヘアサロンへ行こうかな、と思う。

同時に、やっぱり行きたくないと思う私もいる。


以前にも書いたが、私は乾癬にかかっている。

頭皮にも症状が出ているので、

ふけのようなかさぶたのある頭で美容師さんに

行くのをためらってしまうのだ。

日本では、どうか知らないのだが、

こちらの美容師の学校では、一通り

皮膚の病気や症状等を勉強するので、

大抵の美容師は乾癬に対する一応の知識を持っている。

髪を切ってくれたアメリカ人の美容師は

全員、そんなの気にしないで、と言う。

そして、乾癬の患者さんって、結構多いのよ、

とも付け加える。

まあ、ただの自意識過剰なのだろうが、

こんな頭を洗ってもらって、髪も切ってもらうのが

すまない気持ちはぬぐえない。

そうこう、ためらっているうちに、

髪はどんどん伸びる。


で、伸びきった髪をどうするか、というと、

一大決心をして髪をカットするときに、寄付するのである。

癌の患者さんや、髪の抜ける病気にかかっている人用の

かつらを作るために髪の寄付を募っている

NPO団体があるのでそこへ。

これまで2回寄付した。

といっても、自分で直接したことはなく、

ヘアサロンを通して。

何ヶ月かすると、寄付された団体から感謝のはがきが届く。

髪を伸ばすだけなので、努力もなんにも要らない

(10インチから受け付けているところがほとんどなので

かなり伸ばさないといけないけど)。

それでも、少し誰かの役に立ったのかな、

と思うと嬉しい。


今も、髪をもっと伸ばして寄付しようか考え中。

興味がある方は、ヘアサロンで聞いてみてくださいね。

大抵のところは、本人の代わりに寄付の手続きを

行ってくれますよ。


私の髪が寄付された団体のウェブサイトはこちら。

http://www.locksoflove.org/donate.html





ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





車ぶつけちゃった

今、記事を書き終わってポストしようと思ったら、

ついうっかりバックボタンを押して

消えてなくなってしまった...。

さて、気をとりなおして、もう一度。うう。


うっかり、と書いたばかりだが、

今日は、実はうっかり車をぶつけてしまった話。


今日は4日間の連休明けの月曜日。

私はロジスティックス(物流)の部署で働いているのだが、

この連休の間にも、モノは運輸され、データは蓄積され、

てんてこまいな一日だった。


席を立ったのは、お手洗いに行った時と、

ランチを冷蔵庫に取りに行った時だけ。

ミーティングもなかったので、

一日中コンピュータに張り付いていた。

こんなんだから、歩数が伸びないのだ。

他の同僚達も忙しかったみたいで、

ほとんど見かけなかった。


ちょっと脱線するが、

私は、体を動かしてないとイライラする、

というタイプではないので、

こう引きこもって仕事するのは平気。

とはいえ、同じ姿勢でいるのは結構つらいので、

靴を脱いで、足を椅子の上で折りたたんでみたり、

足を水平にあげ、ももを引き締める運動をしてみたり、

体をツイストして、背骨を鳴らしてみたり

落ち着きがないことこの上ない。

時々、足を折って座っていると足がしびれて、

人に呼ばれた時に立ち上がれない、

という事態を招くので、これは要注意。


そして、忙しい一日の終わりに、テンパっていたのか、

会社の駐車場で、車を照明灯にぶつけてしまった。

ぶつけたといっても、ギアをドライブに入れたものの、

アクセルを踏んでいなかったので、

ちょっとバンパーをスクラッチした程度。


どうしてそんなあほなことをしたか。

今日私が駐車していたスポットは

照明灯に面していて、その向こうにもスポットがある。

その照明灯だが、不具合があったらしく、

先月、撤去されたのである。

ベースのコンクリートだけを残して。

Bumper-Wrap-6689-76039C.jpg
拝借画像。こんな感じのベース。

もちろん、今朝駐車したときにそのベースを

目で確認したのだが、

帰る時に、私のSUVからはベースが見えないものだから

うっかり、前進してしまったのである...。

自分で自分が情けない。

どうして忘れるかな、私。

おまけに、ゆうべ、いつも拝読しているブログで、

事故にあったという記事を読み、

コメントしたばかり。


もともと注意散漫な私。

テンパっていても、忙しい一日の終わりでも、

公衆の安全のためにも、これからもっと気をつけます。

反省!




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

インターネットの新たな人気猫? Be more dog

ちょっと、一息ついて...。

イギリスのモバイル会社のコマーシャル(英語)。

私は、以前猫だった、と始まるこの動画、必見です。

これって、こういう猫がいるの?

それともCG?



ルーシー 再び獣医へ

ルーシーが体をかくようになってもうしばらく経つ。

2週間前に獣医へ連れて行ったのだが、

そのときにもらった薬が効いているかどうかのチェックアップに

先週の金曜日に行って来た。

7-4-13c.jpg
マノ先生を待つルーシー。背中の黒いスポットは、抜け毛によるもの。
かき過ぎによって出来た。


私達から見ても、顕著な回復はなく、

かく回数が減ったかな、という程度なので、

いい診断は期待していなかった。

もう一度、ダニ等の皮膚検査をしたが、

今回も何も見つからない。

結局、獣医のマノ先生と前回とほぼ同じ会話をし、

あと一か月分の薬をもらって帰ってきた。

これで、よくならなかったら、

皮膚科へ連れて行くか、薬用のドッグフードに

替えるか、あとはステロイドの注射を打つか。

実際、何が原因なのかな?

季節のアレルギー?食物アレルギー?疥癬?


いつも思うのだけど、

やはり、犬用の保険に入っておけば良かったのだろうか。

獣医さんにかかる度に、頭をよぎる。

まだルーシーが子供の頃に、チェックした際、

ブルドッグは病気になりやすい犬種らしく、

毎月の支払額が、他のブリードよりも高めだったような気がする。

上の子のリーバイの時も、ちょっと後悔した。

肝臓の手術で大枚を叩いた時に。

その時の学習が役に立っていない私達。

でも、確か月に40ドルか50ドル位したはず。

年に500ドル以上保険会社に払うことになる。、

1年に1回軽い病気か、怪我をしたとしても

獣医代がそれよりも安い確率は高い。

保険を利用していた知り合いに聞いても、

保障されないサービスが多く、あまり価値がなかったという。

結局、二の足を踏んでしまい、契約しなかった。


生き物だから、病気にかかるだろうし、怪我もするだろう。

でも、犬は人間よりも丈夫だろうと思いがち。


とにかく、引き受けた生命なので、出来るだけのことはしたい。

でも、何か、民間療法でかゆみを止めることができるものは

ないのだろうか?

お酢を体にぬるといい、と旦那がインターネットで調べ

試してみたけど、効いたのかどうかわからない。

ご存知の方、教えて頂けるとありがたいです。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

日本人ピクニックと人見知り

picnic_july2013.jpg


今日は近辺に住む日本人の友人達とのピクニック。

家族でいらした方がほとんどだったので、

総勢40名と大勢の集まりとなった。

私は、凝った料理を作るのが苦手なので、

炊き込みご飯を持参。

他にも用事があった私は40分ほど遅れて参加。

ちょうど、みんなもお皿に料理を取り始めた頃に到着。

まあ、美味しそうなものがずらりとテーブルに並んでいる。


ここでちょっと反省したのが、

ブログを始めて4ヶ月も経つのに、

目の前にネタが転がっていても気付かないことが多いということ。

今回も、あんなに美味しそうで盛り付けもきれいな

お料理が並んでいるのに、写真も撮らず、

いっっただきま~す!

と、かぶりついていた私。

私のお皿が半分空になるころ、

あ、写真撮れば良かった、と気が付いた。


そして、ピクニックのスポットは

人口湖のほとりにある公園で、

木陰が心地いい、風が吹きぬける場所。

人口湖とはいえ、覗く青が美しい。

これも、写真とれば良かった。

Andrea.jpg
(お借りした画像)


とにかく、メインはやっぱり、おしゃべり。

このエリアに新しくいらした方も何人か参加されていて、

友人が増えるのも嬉しい。

実は、私は小さい頃から恥ずかしがり屋で、人見知りだった。

家の中では大威張りのいわゆる内弁慶。

一歩外にでると、内気な優等生タイプ。

知らない人が大勢いる中で、「私はかよ☆です」

と進んで自己紹介とか、本当に苦手だった。

自分に自信がなかったし、

人にどう思われているかも気になったから。

今は、そんな自分もいるにはいるが、

心の隅っこの方に小さくなっている感じ。


年を重ねるにつれて、だんだん人付き合いに

前よりも断然、積極的になった。

フレンドリーなアメリカ人をお手本にしたこともあるが、

人をジャッジしなくなったこともある。

ここでの Judge とは、to form an opinion という意味。

人は、それぞれの考えや生活のスタイルがあるが、

それに、いちいち意見を持つという意味になるかな。

それをしなくなったのだ。

金子みすゞの「みんなちがって、みんないい」

という詩の一句があるが、そんな感じ。

そう思うようになってからは、

人付き合いが楽になったような気がする。

一方、ジャッジする人もたくさんいる。

でも、それはそれ。

ジャッジしたければ、すればいい。

そういう人も、そうと受け入れてしまえば

どうってことはない。

第一、人は他人のことにそんなに興味なんてないのだ。

そう気付いてからは、人見知りが減った気がする。


このメンバーでの集まり、秋にも企画していただけるらしい。

今から楽しみ。

今日は本当に楽しかった。

みんな、ありがとうね。

(もし、ブログを読んでくれてたら、それもありがとう!)



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Happy 4th! 独立記念日の週末

ここ二日ほど、ブログの更新をサボってしまった。

ずっと、夜眠るのが惜しいタイプで、

夜更かしが好きだったのだが、

最近は、12時過ぎると、もうだめ。

もう寝なきゃ、という思いが頭の中でぐるぐる回る。


昨日も、おとといも、帰宅が11時を過ぎてしまったので、

ブログを書く気力が残っていなかった。

これが、年を取るということなんだろうか。


さて、そのおとといは、

友人宅で夕食をごちそうになり、その後で、

彼女の町であがる花火を見る、はずだったが、

濃い霧のため、彼女のお宅のエリアからは

見れず、ちょっと残念。

音だけ楽しんだ。

でも、私にとっては、メインはおしゃべりとお好み焼き。

そう、お好み焼き!とっても久しぶり。美味しかった。

okonomi.jpg


食後も、女3人プラスベイビーでしゃべりまくり、

はっと気付いたら、11時をまわっていた。

こういう楽しい時間を過ごしたあとは、

なんとも、心地よい疲労につつまれる。

帰ったら、歯をみがき、即、ベッドに入ってしまった。


そして、昨日は、独立記念日。

我が家では、シカゴ郊外に住む旦那の叔母が開く

パーティーに行くのが、毎年恒例になっている。

今年も、旦那の作ったジャーマンポテトサラダを持ってお邪魔した。

このファミリーはドイツ系で、毎回、旦那は代々ファミリーに伝わるレシピ

(といってもみんな目分量)のポテトサラダをリクエストされる。

今年も、このパーティ前夜に、私が友人宅で、

イエーイ、お好み焼き~!

とやっている間に、キッチンで息子と大量のジャガイモ(5kg位)と

格闘していたらしい。

息子ももうすぐ12歳だし、彼にレシピを引き継いでもらう、ということで、

彼に手伝わせてで作ったということ。

まずまずのお味でございました。

7-4-13b.jpg
左下のガラスのボウルにはいっているのが、そのポテトサラダ


そして、パーティでは、ビーンバッグトスというゲームをしたり、

旦那のいとこのギターの弾き語りを楽しみ、

お料理上手な、そのいとこの奥さんの大量の食事を

消費しつつ、口が疲れるまでおしゃべりし、夜は更けていった。

7-4-13a.jpg
お決まりの、ハンバーガー、ブラッツ、ホットドッグをグリルで。


アルコールは控えている私だが、

最近21歳になったばかりの旦那の甥っ子が

弱ーいカクテルを作ってくれるというので試してみた。

中身は、ウォッカ、レモネード、あと、なんとゲータレード!

Gatorade
Gatorade(スポーツドリンク)
このブルーのゲータレードを使っていたので、きれいなライトブルーのカクテルだった。


とってもさわやかで、すっきりして飲みやすい。

ゲータレードも入ってので、お酒を飲んだ後の、

脱水症状も防げるし(うそ)。


そんなこんなで、またはっと時計を見ると10時過ぎ。

自宅に着く頃には、ほぼ真夜中。

頂いた残り物を冷蔵庫に入れたりしているうちに、

ね、眠気が...。


そして今日。会社が休みなので、朝ゆっくりしたかったのだが、

ルーシーの獣医さんの予約が入っていた。

ちょっと、だらだら長くなってしまったので、

このことは、また次に。

ちょっと、カウチで、ぼーっとしてきます。

アメリカに住んでるみなさんは、

どんな4thでしたか?




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

階段こわい

photo.jpg
ちびルーシー

ルーシーがうちの子になって1年が過ぎた。

体重も6倍になり、今じゃ立派なブルドッグ体型。

なので、見た目は強そうだが、

実は、かなりの小心者。

目がよく見えないというのもあるだろうが、

いろんなものを怖がる。


一番怖がっているのが音が出る電気製品。

掃除機、扇風機、ポータブルヒーター、ヘアードライヤーなど。

思わず近くまでいって気付くと、ほふく後進する。

かわいそうだけど、つい笑ってしまう。


あとは、階段。

これは、目が悪いというのも関係するのだろうが、

実は、子犬の頃のトラウマが原因かもしれない。

ルーシーがうちに来たばかりの頃、

私と娘で、ファミリールームのある地下室への

階段を下りる練習をさせようとしていた。

その頃は、目が悪いなんて知らなかった私達。

階段の途中まで降りて、

「ルーシー、こっちよ」

と誘導するが、とまどい、踊り場で

私達を見下ろすだけのルーシー。

これは、ちょっと後押しが必要か?

と思った私は、ちょっとぽんっと

軽く背中を押してみた。

すると!

足を四方に突っ張って広げ、

お腹で階段を、てててて、と

下まで滑っていってしまったのだった...。

ごめんね、そんなつもりじゃなかったのよ。

(実は、これ旦那に言ってない。)

ちなみに、階段にはカーペットが敷いてあるので、

痛くはなかったはずです。


それ以来、階段拒否!のルーシー。

私達も半分諦めていたのだが、

なんと、今晩、階段克服!

旦那が階段の途中に座り、ルーシーを呼ぶ。

私が、首輪をくいっと引っ張って、

「さあ、行くよ~」

と促したら、なんと、自分で一歩を踏み出したのだった。

そして、無事に下まで下りれた。

今のところ、1人では行こうとしないけれど、

私がすぐ先を降りていくと、後をぴったりついてくる。

これで、家全部アクセスできるようになった彼女。

ん?ということは、いたずら区域も広がったということか。

まあ、いいや。うちの子の成長ぶりに

目を細めている親ばかかあちゃんです。





ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

続 マイル失効

昨日、貯まったマイルを無駄にしてしまった

という記事を書いたが、その進展があった。

また、私のドあほ加減が露呈することになるが、

お付き合いを。


朝、メールをチェックすると、

ANAのカスタマーサービスから返信が入っていた。

仕事が早い。

直接電話を下さいとのことだったので、

お昼休みにかけてみたところ、

昨日ポイント交換のウェブサイトに

ログイン出来なかった理由を

とても感じのいいカスタマーサービスの女性が

説明してくれた。

それはというと、実は、

...コホン 私のせいでした ボソボソ...

時差(東部時間と中西部時間)も、ANAのシステムも関係なく、

私の大ボケが原因だったのである。


ポイント交換のウェブサイトにアクセスするには、

ANAのマイレージのウェブサイトの登録とは別に、

新規登録しなければいけないらしく、

それを知らなかった(注意を払わなかった)私は、

登録もせず、ログインしようとしていたのだ。

これを、大ボケと言わんとして、何と言う。

我がアホさ加減にまたまた呆れました。

すっかり恐縮してしまった私。

それでも、恐る恐る勇気を振り絞って聞いてみた。

「あの、期限を一日延ばしていただけませんか...?」

...えーと、どこが恐縮してるのか、私?

でも、やっぱり、一応聞いてみないとね。

すると、そのカスタマーサービスの女性は、

「はい、今、交渉していますので」

私が質問する前に、

オンラインショップの担当の部署に

聞いてらしてたのだ!

ああ、デルタに浮気をしようと思っていた私を許してください

(既に、去年しちゃったけど)。

(値段が同じなら)絶対ANAを使います。


とにかく、晴れてオーダーのできた私。

ANAの方々、ご迷惑おかけしました。

そして、とても丁寧な対応ありがとうございました。

これで、私の大まぬけリストが一項目

増えたのだった。


さて、カスタマーサービスの方との電話中、

何度か、保留にされたが、

その時に流れていたのが、葉加瀬太郎のANAのテーマ曲。

ANAをご利用になった方は、

日本到着前に機内で流れる曲といったら

おわかりになるだろうが、これが一日耳から離れない。

実は、私のお気に入りでもある。

興味のある方は、下のYou Tubeをどうぞ。








ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村