色白の悩み

beach.jpg


昨日、ピクニックに行って日焼けした、と書いたが、

英語でいうSUNTAN の域を超え、完全にSUNBURNである。

真っ赤で、洋服がこすれて痛い。

ほとんど、やけどと同じ。


実は(というほどの事ではないが)私は色白である。

色素が薄いのか、髪の色も瞳の色も茶色。

と書くと、ハーフみたい?と思われる方もいるかも知れないが、

顔かたちは、純日本人なので、そう間違われたことは

一度もない(笑)。

で、色が白いせいか、子供の頃から、

ひどい日焼けをしてきた記憶が多い。


母の出身が富山で、子供の頃は夏休みは

毎年のように母の実家へ遊びに行っていた。

母の実家は日本海が近く、海のない県で生まれ育った私は、

海に泳ぎに行くのが何よりも楽しみだった。

当時は、紫外線による皮膚のダメージうんぬんは

あまり問題視されていなかったせいか、

日焼け止めを塗った覚えがあまりない。

学校のプールで毎日のように泳いでいても、

海での日焼けは別物のようで、

いつも、真っ赤になり、水ぶくれができた。

最初の一夜は大抵、皮膚がほてって、

眠れないのが常だった。


大きくなっても海への憧れは強く、

友人とキャンプに行ったり、ビーチに行ったりしたが、

さすがに日焼け止めを使うようになった。

皮膚がんの心配や美白のためというよりも、

あの日焼けの痛みを二度と味わいたくない、

という思いから。

一時は、こんがり焼けた肌、というものに憧れたが、

いつも赤くなるだけで、小麦色の肌になったことがなく、

いつしか、諦めた。


そして、結婚して子供ができると、小さいうちは

ちょっと外で遊ばせるにも、

早く遊びに出たいと気がはやる子供を押さえて、

日焼け止めを塗りたくったものだ。


今回のピクニックでは油断していた。

子供たちは2人とも、どちらかというと

おたく系で、外遊びよりも、コンピューターや

ビデオゲームを好む。

息子は毎年やっていた野球も今年から不参加、

ということもあり、ほとんど外に出ていない。

よって、日焼け止めのことすら、

頭から欠落していた。

Tシャツがすれる肩口が痛いな、あれ、日焼け?

とやっと思いあたったほど。


日本では美白が定着したらしいが、

アメリカでは、いまだに浅黒い肌が人気。

同僚にも日焼けサロンに通う人が結構いる。

太陽の光を見たこともない脚をさらそうものなら、

「うわ、まぶしい!」

と言われること間違いなし。

それが気になるけど、皮膚がんも嫌、

という人は、日焼けスプレーをサロンでしてもらうか、

自分で日焼けローションを塗るのである。


私は、美白にはあまり興味ないけど、

とりあえず、痛い思いはしたくないので、

明日にでも日焼け止めを買いに行こうかな、

と考えています。




ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村