ゴルフ優勝よりも妻の出産

baby.jpg


さっきインターネットで、

カナダオープンで首位に立っていたメイハン選手が

第一子を出産する妻に立ち会うために

トーナメントを棄権したというニュースを読んだ。

奥さんの陣痛が始まったという連絡を受け、

即決だったという。

日本の男性から見たら、

これってありえないんじゃないだろうか。

まあ、アメリカ人にとっても

驚きのことなので、ニュースになったのだろうけど。

このことを検索してみたら、

よくやった、とまでは言わずとも、

"Understandable" 理解できる、との意見が多いようだ。

トーナメントはこれから何回もあるだろうが、

その子の誕生は一度だけ、

"One time deal"ということだから。


私の時も最初の子は前の旦那が、

下の子も、今の旦那が立会いしての出産だった。

下の子の時は、朝起きて、

あれ?陣痛かな?でも、予定日より一週間早いし、

前駆陣痛かしら、と思いつつ

上の子を学校へ連れていった後、

念のため病院へ行ったら、そのまま入院となった。

旦那はゴルフのトーナメントで首位を取っていたわけではないが、

1時間ほど離れた職場で働いていた。

一応、その旨を連絡したが、

まだまだだと思うから、また連絡するね~、

と言ったのに、仕事場からすぐ車を飛ばして来た。

結果的には、私は出血していて、羊水が濁っているため、

赤ちゃんを早く出しましょう、ということになり、

ピッチの早い出産だったので、

すぐに仕事場を発ってくれたのは嬉しい判断だった。

別に何をしてくれるわけではないが、

いるだけで安心というか。


今の時代、日本でも奥さんの出産に立ち会う男性が

増えているらしいが、

仕事よりも奥さん(または恋人)の出産が大事と

言い切れる人が増えているということなのだろうか。

何もかも放り出して、

奥さんまたは恋人のもとに駆けつけてくれたら

女性は嬉しいですよね。

それとも、ちゃんと職務を果たす男性の方が

いいわ、という日本女性の方が多いのかしら。



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村