車をぶつけられちゃった。

Car insurance


今日、仕事が忙しく、ちょっと残業した後に、

私に続き、具合が悪く医者にかかった娘の

抗生物質を受け取りに薬局へ向かう途中、

車をぶつけられた。


交差点で信号が青に変わるのを待っていたのだが、

後ろから来た車が左折車線に入ろうと車線変更した際に、

私の車の左後ろをががーっとこすって行った。

彼女(女性だった)はそのまま停まらず、

左折するようだったので、

仕方なく私も車線を変更し、後を追った。

彼女は、別に逃げた訳ではなく、

交差点をふさぎたくなかったので、その場を離れた、

と交差点近くの大きな食料品店の駐車場で

二台並んで駐車した後に、私に説明した。

私の車をしげしげ見てみると、

バンパーと車体に結構な擦り傷が。


私は、運転中に事故に遭ったのはこれが初めて。

お互い怪我はないようだし、見た目は車のかすり傷のみのよう。

彼女は、ごめんなさい、私のせいです、

と、自分の車両保険のカードを見せてくれ、

私はそのカードと彼女の車を携帯で写真を撮り、

彼女の連絡先を受け取って、その場を離れた。


さて、ここで問題。

私は、どんな間違いを犯したのでしょう?

そう、多分小学生でも答えられるこの問題。

答えは、

かよ☆かあちゃんは(まぬけで)警察を呼ばなかった。

である。

私も落ち着いて考えれば、

誰も怪我していないとはいえ、

車のダメージも大したことはなさそうとはいえ、

彼女がいい人そうだとはいえ、

警察を呼ぶべきだった。


家に着いてから、だんなにがっつり怒られた。

彼が言うには、警察という第三者が介入しなかったので、

彼女(加害者)が彼女の保険会社に、

偽りの情報を提出し、保険がおりなくなることもありえる、

というのだ。


とりあえず、遅ればせながらで警察に電話したが、

事故報告をしたければ、ウィスコンシン州のDMV

(運輸部署)のウェブサイトでファイルをしろ、という。

ただし、ダメージが$1000以上の場合。

ということは、見積もりを取らないといけないのか。


続いて、私の保険会社に報告。

すると、自分の保険会社を通した場合は、

自分の負担額をとりあえず支払い、車を修理、

その後、保険会社から相手の保険会社へ請求すると説明された。

この場合、もし、相手側が支払いを拒否する場合もあるという。

私は、自分に非がなく、一銭も先払いしたくないと伝えると、

私が自ら、直接相手の保険会社へクレームしてもよいという。

とりあえず、私の保険会社では事故の報告だけにし、

クレームは相手の保険会社でファイルすることにした。

2,3日中には査定担当者から連絡が来ることになっている。


さて、どうなるか。

ぶつけた彼女が、正直な人であるといいんだけど。

進展があったら、また報告します。




ランキング参加中!

一日一回どちらかにクリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村