怒りの私用電話

angry phone call


私の職場はフレックスタイム制なので、

早く出勤し、早く帰る人が多い。

特に夏の間はその数が増え、4時を過ぎると、

私の周りは2,3人を残してがらーんとなる。

(私は早起きが苦手なので、用事がない限り、

大体8:00から5:00の出勤)

しーんとした中響くのは、

夏なのに手放せないポータブルヒーターのファンの音と、

ひそひそした怒鳴り声。

そう、“ひそひそ”した“怒鳴り声”。


私の近くにキュービクルを構える同僚は

毎日のように彼女の何年か前に別れた旦那さんや子供達に

電話をして怒っている。

内容はわからないし、興味もないのだが、

時々、怒りがMaxに達するようで、

"You listen to me!"(ちゃんと聞きなさいよ!)とか

"Don't you dare hang up on me!"

(電話切るなんて考えないでよ!)

など聞こえてくることがある。

電話をガチャン!と切る音もよく聞く。

この女性、普段はとても静かで、おとなしいが、

時々会話に混じるユーモアがナイス、

なのだが、電話で話している彼女はコワい。


この仕事に就く前は長い間専業主婦で

時々パートで働いていた、という彼女が

離婚を機にフルタイムで働きはじめ、

常に一緒だった子供達と離ればなれになり

最初はとまどったのだろう、

仕事中、何回も当時高校生だった子供達と電話で話をしていた。

でも、それが度が過ぎたらしく、

マネージャーから“警告”されていたと後で聞いた。

それから月日は過ぎ、上の子は大学生になったが、

電話での子育ては続いている。

先のマネージャーも4時には帰宅するので、

それを狙ってこの時間帯に電話しているのかも知れない。


私は私用電話を全くするなとは思わない。

もちろん、毎日長時間話すのは問題外だが、

フルタイムで働いていると、勤務時間内でないと

済ませられない電話での用事はよくあるものだ。

ただ、彼女のように私事を職場に持ち込むのは

プロフェッショナルじゃないと思う。

また、それよりも、どうして彼女は私事を持ち込み

職場では解決できないことを抱え、

ストレスを増やしているんだろう、と思うのだ。

多分、Control Freak(常に状況や人をコントロールしたい人)

なんだろう。

一度、怒りの電話を切った直後の顔を見たことがあるが、

真っ赤だった。


今日もひそひそ怒鳴っていた彼女を聞きながら、

彼女、いつか、具合悪くなってしまうんじゃないかと

思いながら働いていたので、こんな記事になってしまったわ。




ランキング参加中!

一日一回どちらかにクリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村