Time Flies

Clock.jpg


年を取るにつれて、時間がたつのが早く感じるようになってきた。

もちろん、職場で、

ああ、早く5時にならないかなあ、と

ちらちら時計を眺めるときもあるけれど、

1日があっという間に過ぎる。

これは、1日という時間を人生の全体と比較した時に、

若い頃と比べ、比率が少ない為だろうか。

それとも、こまごまとしたことに追われてはいるものの、

惰性的な日常なので、ふわりと過ぎていくだけからなのか。


1週間、1ヶ月、また1年という期間を

振り返ったりすると、

あれ?いつの間にこんなに時間が経った?

とびっくりすることも。

例えて言うなら、

ひとりだけ、時間がゆっくりになる魔法をかけられて、

周りは普通のスピードの時間が流れているけれど、

私から見ると、超スピードに感じられるような。

え?余計わかりにくいデスカ?


時間といえば、私の好きな本の一冊に

ミヒャエル・エンデのモモがある。

“これは、イタリア・ローマを思わせるとある街に現れた

「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男たちによって人々から

時間が盗まれてしまい、皆の心から余裕が消えてしまう。

しかし貧しくとも友人の話に耳を傾け、

その人自身をとりもどさせてくれる不思議な力を持つ少女モモが、

冒険のなかで奪われた時間を取り戻すというストーリー。”

(Wikipediaより抜粋)

この本は日本の短大で倫理学のクラスを取ったときに、

授業で取り上げられ、初めて読んだ。

児童書ではあるが、大人にもおすすめ。

私も、今でも1年に1回は読んでいる。

実際、エンデの真意は、

“「時間」を「お金」に変換し、利子が利子を生む

現代の経済システムに疑問を抱かせることが目的だった”

というが、時間にもお金にもがんじがらめに

しばられない生き方とは、と考えるのにも

いい本だと思う。


明日は花金。

職場での時間が早く流れますように!・・・あれ?






ランキング参加中!

一日一回どちらかにクリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村