勤続40周年

今日のランチはオリーブ・ガーデンで。

オリーブ・ガーデンはアメリカにある

チェーンのイタリアン・レストラン。

食べ放題のサラダとパンが人気。

普段は仕事しながらお弁当を食べているのだが

今日は特別。

私の上司の1人の勤続40周年のお祝い。

勤続40年!

これはアメリカではあまり聞かないこと。

日本でも最近はそうなのかな?



United States Department of Labor(労働省)

によると、アメリカでの社員の一社あたりでの

平均勤続年数は4.6年(2012年調べ)。

つまり、大抵の人は5年勤続する前に

転職する、ということ。



今までアメリカで働いてきて

一番聞く転職理由は

給料アップとレベルアップのため。

今勤務しているところで昇進や昇給の

チャンスを伺うと同時に

他の会社での雇用を常にチェックしつつ

もし条件の良いところがあれば

応募してみる、という人が多い。



私が働いている会社は

世界で社員が7万人という大所帯なのだが

何回も合併したり、吸収されたりして

大きくなった会社の前身は

1800年代に起こされたビジネスで

結構 Old Schoolというか古き良きアメリカ的

社風ということもあり

長年勤務する社員も少なくない。

実のところ、私も居心地がいい。



そういえば、会社(アメリカのみ)には

20 Yea Club(20年会?)というのがあって

勤続20年以上の社員や定年退職者が

所属している。

正確な会員数はわからないけれど

その会のメンバーに聞いたところ

全体で多分300人くらいで

そのうち現在まだ勤務しているのは

多分70人くらいではないか、ということだった。



私はどうかなあ。

今の会社に勤務してもうすぐ9年。

平均の5年はとっくに越えた。

今のところ不満はないから

しばらくは動かないかな。



今日のランチパーティはボスの思い出話などで

盛り上がり楽しかった。

私は大好きなパスタをやめて、スープとサラダを選び

よし、腹八分じゃーん、と自分をほめていた私

(腹八分ダイエットを心がけてるの)。

が、周りにつられてティラミスを食後に

食べてしまった...。

全然ダイエットになってないし ( ´)Д(`)

うう、負けた。おいしかったけど。

では、またね。



ぽちっと押すと、このブログのランキングがあがります。ありがとう。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村