80セント

夕食を食べ終わったあと

娘とウォルマートで買い物をし

さあ、帰ろうと車に乗ろうとした時に

ハーイ、寒いわねえ、と

30歳くらいの黒人女性が声をかけて来た。

そうね、と返し、車のドアを開け

乗り込もうとして、ふと視線をあげると

彼女が目の前に立っていた。

自分の車へ向かって歩いているのだろうと

思っていたので、ぎょっとした。



よく見ると、この寒い(-10℃)のに

コートなしに、パーカとスウェットパンツ

という格好。

きちんとメイクをしていて、にっこりと笑い

こう言った。

80セント持ってない?

思わず反射的に持ってないわ、と返してしまった。

彼女があまりにも近くに立っていて

今にも車に乗り込みそうな雰囲気で

ナーバスになっていたから。



すると、思いがけず、彼女は笑顔でオッケー

と言って、すぐ私の車から離れた。

ほっとして、つと、彼女を視線で追うと

近くでやはり車に乗り込もうとしている

別の女性に近づき、話しかけていた。



車を発進させると、隣に座っていた娘が

あの人、乗り込みそうでこわかったね

と、私が思っていたと同じことを言う。

本当ねと言いつつ、なんで80セントなんだろう

と考えていた。

1ドルじゃなくて、80セント。

80セントで何かを買いたかった?

欲しいものを買うのに80セント足りなかった?

今(遅ればせながら)思いついたのが

もしかしたら、家に帰るバス代が

足りなかったのかも?

そう思うと、80セントあげれば良かったかな

とちょっと後悔する。



でも、ここはアメリカ。

ついつい、悪いシナリオを考えてしまう。

夜の人気の少ないウォルマートの駐車場。

目の前に突然現れた知らない人。

彼女は違っただろうが

強盗が目的で近づく悪者の可能性だってある。

お財布を出した途端、盗られるかもしれない。



でも、あんな薄着でうろうろしていた彼女。

もしバス代が足りなかったのなら

そのお金誰かからもらえることが

できたのかな。

皆さんだったら、どうします?

80セント、あげますか?




ぽちっと押すと、このブログのランキングがあがります。ありがとう。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村