睡眠時間と性格

今日は友人のくーみーが誘ってくれて

久しぶりにシカゴのミツワと天助へ。

いつもありがとー!



さて、昨日長ーい昼寝をしたので夜眠れるかな、と

心配した(→)のは全くの杞憂に終わり

また9時間がっつり寝た私。

そんなに体が睡眠を必要としているのか。

普段の睡眠時間は大体6時間から7時間。

6時間ほどしか眠らなかった翌日は

ここだけの話

仕事場で舟を漕ぎそうになることがある。

自分的には8時間眠るのが理想かも。



そう思ってよく考えてみれば

ここ最近、朝すっきり起きられた日なんて

週末以外ないなあ。

皆さん、どれ位の時間睡眠とられてます?

私の場合は睡眠の質が悪いのかしら。



そういえば去年アメリカの

National Sleep Foundation(米国立睡眠財団)

が6カ国を対象に行った睡眠の調査がある。

sleep hours
                              対象:各国22~55歳の男女1500人

これを見ると、結構みんな睡眠時間が

思ったより短い。

平均時間が6時間ちょっと、ということは

それよりも少ない人が結構いるということか。



と、色々なウェブサイトを見ているうちに

眠りの長さでわかる性格診断という

記事が書かれたサイトを見つけた。


■6時間未満……楽天的で自信家、実業家タイプ

睡眠時間が6時間未満のあなたは「ショートスリーパー」。

性格は明るくて楽天的。自分を肯定する気持ちが強く、相当な自信家でしょう。

失敗しても「ま、いいか」と軽く受け流し、悩みごとがあっても深く考えません。

意見や目標をはっきりと持っていて、せっかちに自分の道を切り開いていきます。

また、活動的で、家にじっとしていると欲求不満がたまりがち。社交が大好きなの

で、しょっちゅう人と会ったり、外に出かけたりしているでしょう。この外向的で

社交的な面は、実業家に向いていて、第一線で活躍する「やり手」が多いようです。



■6~9時間の間……標準的な性格、一般的な会社員タイプ

睡眠時間が6~9時間のあなたは「バリュアブルスリーパー」。

一番効率のよい睡眠がとれているタイプであり、標準的です。性格的にも、ショート

スリーパーやロングスリーパーのような極端さがなく、バランスがとれています。

だし、6時間睡眠に近い人はショートスリーパーの、9時間睡眠に近い人はロングスリ

ーパーの傾向があるので、それぞれの項目も参考にしてください。ちなみに、寿命が

最も長いのは、このゾーンの人たちであるそうです。仕事は、順応性を生かせば、何

をしてもうまくいくはず。ただ、一番向いているのは平均的な会社員や地方公務員で

しょう。

■9時間以上……神経質で消極的、内向的な研究者タイプ

睡眠時間が9時間以上のあなたは「ロングスリーパー」。

性格は神経質で消極的。現状を疑問視する気持ちが強く、なかなか安らげません。

心配ごとがあると、そのことにかかりきりになり、時には押しつぶされてしまうことも。

人には非常に気を遣いますが、基本的に人付き合いが苦手で、孤独を愛してい

ます。世渡りはもちろん下手でしょう。また、物ごとはとことん突き詰めて考

えるたち。一般論や常識には興味がなく、独自の世界観を大切にしているはず

です。この内向的で思考をよくする面は、研究者や作家に向いていて、型破りな

発想で世間の注目を集めるタイプです。

ハピズムより抜粋。



このサイトによると、ナポレオンはショートスリーパー

アインシュタインはロングスリーパーだったらしい。

また、「ストレスを感じやすい人は、脳が疲労を回復するのに

時間がかかるため、長時間の睡眠を必要とします。

一方、ストレスに強い人は、脳が疲労回復にそれほど

時間を要さないので、短時間の睡眠でも問題ないのです」

とも書いてある。



なるほど。

時間的には一応効率のいい睡眠時間らしい。

でも、確かに普段はノー天気な私も

実はストレスを感じやすいタイプだったりする。

しっかり長めの睡眠をとって脳みその疲れを取って

あげないといかんということか。

夜更かしが好きな私だけど心がけてみようかな。


ぽちっと押すと、このブログのランキングがあがります。ありがとう。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村