行きはよいよい、帰りはこわい

12時間ぶっ続けで眠ったあと

お昼ごろさわやかに目覚め

子供たちにひさーしぶりにマックのランチを与え

バイトへ出勤。



適度に忙しく、足取り軽く働き

日曜日の閉店時間の7時の10分前の

もうすぐ閉店です、のお知らせの放送がかかり

もうすぐ終わりだなー、と思っていたら

来ました、こわーい黒人女性のお客さん。



白いパウダー状の大きなしみに覆われている

カルバン・クラインのベストと

DKNYのジーンズを返品したいとのこと。

そのしみについては、何があったか知らないけど

ついてたのよ、と繰り替えす。

ベストにはタグもついていない。

レシートはお持ちですか?と尋ねると

ないわ。でも店のストアカードを使ったから

返品できるはずよ、と言う。

私のバイト先のデパートはカードがあったとしても

お客さんの明細にはアクセスできない旨を伝えても

納得されないので、マネージャーを呼ぶ。



マネージャーは、じゃあ、カスタマーサービスに

電話をして、お持ちの商品からレシートの番号を

調べてもらって、と言う。


私:え?それで全額返品するんですか(このしみ付きなのに)?

マネージャー:ええ、お願い。


アメリカのデパートってへなちょこね、もう。

ほんと、返品天国だわ。

全く、写真撮って皆さんに見せたかったわ、あのベスト。



そのレシートの番号を調べてもらったあと

返品のプロセスをしようとすると


客:私は正規の価格を払ったはずよ

  そんな割引価格じゃない!

  その金額を返金するというんだったら

  同じもので違うサイズをもらうわ。

私:(絶句)


この時点で閉店時間の10分過ぎ。

様子を見に来たマネージャーと共に

私の守備外のレディースの売り場を探しまくる。

やっと、見つけた(ほっ)あと

では、お取替えしましょう、とレジへ。



ああ、これでもう帰れると思いきや

また、ここでも難関が。

客:ただの取替えなのに、なんで返品して

  また、買わないといけないの?

私:そういうプロセスなんです。

客:そんなことして、また私のカードに

  チャージするんじゃないでしょうね。

  そんなの困る。マネージャーを呼んで。

私:返品のプロセスをして、カードに払い戻して

  先のお買い上げの値段をチャージするので

  プラスマイナスがゼロになりますので大丈夫です。

客:本当でしょうね。じゃあ、そうして。

私:もちろん、本当ですよ(にっこり)



取引額ゼロのレシートを渡し

ほら、ゼロですよ、とまたにっこりの私。

すると、レシートを私の手からもぎとり

無言で立ち去った彼女。

もしかしたら、心の中で、あら、本当、ありがとう!

と言っていたかもしれないけど

もちろん、私には聞こえなかった。



つ、疲れた・・・・。

そのあと、速攻でレジを締め、マネージャーと

セキュリティと共に裏口から出て、帰途へ着いた。

あー、これで家へ帰れるー、と思ったら

それは大間違いで

家に帰る途中、タイヤがパンクしてしまった。

旦那を呼び、ロードサービスを呼び

スペアタイヤに替えてもらった。

2014_03_02_23-00-54.jpg

外はマイナス15℃という寒さで、サービスの人も

なかなかスムーズに作業ができず

かなり時間がかかってしまっていた。

(寒い中お疲れ様です)




結局、家に帰って落ち着いたのが9時近く。

あんなさわやかな朝を迎えて(といってもお昼だけど)

気持ちよく働いてたのに

帰るときになって思いっきりずっこけた一日だった。

あらら、愚痴ブログになってしまった。

はー、聞いてくださってありがとう。

明日は、いい日になりますように。



いつも応援ありがとう。ぽちっとよろしく。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ