寒い夜の思いやり

20140303.jpg
あれ、なんか顔がこわい。



なーんか、今日はイケてない日だった。

やっぱり、昨日の夜の出来事を引きずっているのか。

まあ、デパートでのことは

マナーの悪い客やクレーマーの相手をすることは

避けて通れない道のようなものだから

天災と思えば、まあ、いい。

やっぱり、パンクだろうなあ、このクサクサ感。



実は、パンクしたタイヤだが

以前からスローリークがあり

タイヤ修理の店でパッチしてもらうつもりだった。

だが、本職の仕事はフルタイムだし

それに加え、バイトの時間が増え、忙しくなり

延ばし延ばしにしていた。

ああ、すぐに行っておけば、と後悔しても後の祭り。

やっぱり、車に関しては

早め早めのメンテナンスが必要だと実感。

これに関してはぐうたらはいかんね。反省!



そうそう、昨日ちょっと感動したことがあったことを

忘れていた。

仕事を終えて店を出たときは

当然真っ暗で、駐車場には私と男性マネージャーと

セキュリティの男性の車3台のみ。

とにかく寒かったので、3人とも急いで

それぞれの車に乗り込んだ。



私も車に乗り込むやすぐにスタートさせ

エンジンを温めていた。

すると、ふと気づくと、私の車の後方に

一台の車が停まっている。

一瞬ギョッとしたが、しばらくして

私が車を発進させると同時に

その車はUターンして別の方向へ走っていった。



外はマイナス15℃の寒さだったので

一緒に店を出た男性のどちらかが

ちゃんと私の車が無事に動くか見届けてくれたのだろう。

まあ、結局、私の車は全然無事じゃなかったのだが

その思いやりが嬉しいではないか。

なんて、ジェントルマン。

明日、バイトに行ったらどちらかを突き止めて

お礼を言わなくちゃ。



では、また明日~。



いつも応援ありがとう。ぽちっとよろしく。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ