大人の一歩手前

今日は久しぶりに氷点下から脱出。

雪の代わりに雨まで降った。

期待を抱いて裏切られたら悲しいけど

もしかして、春近し?!

雪や寒さに慣れているはずの

ウィスコンシンの人々も

今年の冬にはうんざり。



さて、最近、娘がイライラしていて

ちょっと気になる。

この間、ちょっとしたことで娘と喧嘩をしたのだが

(娘の大学のスケジュールを聞いただけ)

ああ、この家にいると息が詰まる!

と叫んでいた。

少し前にアメリコーに興味があるみたい

とブログに書いたが

彼らの事業自体に興味がある、というより

家を出たいというのが本心かな。

もちろん、独立心を持つことは良いことで

応援すべきことでもある。

ただ、親の目から見ると、彼女はかなりの甘ちゃんなのよね。



今までも何回か、友達とアパートを借りて

暮らしたい、と言ったことがある。

でも、今の我が家の経済状態では仕送りはちょっと難しいし

彼女が大学に通いながら、バイトをちょっとしたところで

家賃や生活費なんて到底稼げない。

第一、前のバイトをやめてから

次のバイト自体まだ見つかっていないのだ。



娘は4月には21歳。

アメリカでは成人になる年。

私は自分では過保護だとは思わないけれど

やっぱり心配だな。

可愛い子には旅をさせよ、というけどねー。

甘ちゃんも家を出ればしっかりするようになるのかな。

ちょっと様子を見ていこうと思います。



いつも応援ありがとう。ぽちっとよろしく。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ