旦那の禁煙

本当は旦那の話はオフリミットなのだけど。

彼は今禁煙中。

保険を通して無料でもらえるニコチンパッチを




腕に付け、これまた無料で行われる電話での指導を

週に1回受けている。

始めてまだ4日目。



彼は以前チャンティックスという禁煙の

処方薬でトライしたのだが、失敗。

そのあと、タバコを吸うよりは肺に負担がかからず

お財布にも優しいE-シガレットをしばらく

吸ってみたが、これもダメ。

どうも、E-シガレットだと

満足感が得られなかったらしい。



パッチを始めるにあたり

まず、今まで一日一箱吸っていたタバコを

12本まで抑えるという準備をした。

なんでも、体の中のニコチンの残留量(?)が

多すぎると、パッチをした際に、多量のニコチン摂取量により

心臓に負担がかかるからだそうな。

8本減らすだけだが、やはりちょっと辛かったらしいが

なんとか頑張った。



そして、パッチを始めてから

(もちろんだけれども)1本も吸っていない。

たった4日だけれども

夜、ベッドに横たわったときの

息苦しさが軽減したのと

痰の出がほぼなくなったと言っていた。

そんな4日で変化が出るものなのかしらん。



彼は50過ぎなのだが

彼の母は生前、ヘビースモーカーで

妊娠中も禁煙せず、子供たちがいようといまいと

家の中でも、窓を閉めた車の中でもタバコを

吸っていたらしく

小さいころからずっとタバコの煙にさらされていた。

まあ、彼の生まれた(私もだけど)60年代なんて

まだ、タバコがそんなに体に悪いなんて

誰も言ってない時代だったしね。

実際、私の実家でも、祖父も父も家の中でいつも

タバコを吸っていた。



とにかくそんな環境で育った彼は

かなり早い年齢からタバコを覚え

軍に入隊するときの訓練中に一度禁煙したのみで

タバコを手放したことがない男。

一生吸い続けるんじゃないかと思っていた。



チャンティックスで失敗したときも

私は心の中で、このヒト、タバコが大好きで

本気でやめたいという気持ちがないから

ダメなんじゃないか、と密かに思っていたが

本当にやめたかったのね(笑)



この禁煙プログラムは、ニコチンの量が大目のパッチで

6週間続けたあと

弱めのパッチを2週間、そして、さらに弱いパッチを

2週間の合計10週間の期間行われる。

さてさて、どうなるか。

がんばれー、旦那。

(とここで書いたことは内緒)



と、午前中にここまで書いたのだが

今日は旦那にとってストレスフルな日だったようで

周りにもストレスを撒き散らしていた。

イライラMAXのよう。

大丈夫かなー?

いつも応援ありがとう。ぽちっとよろしく。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ