郵便局でパスポート申請 ・ 朝の争い

5月末に日本へ子供二人連れて一時帰国をすることになり

期限が切れていた息子のUSパスポートの申請に

今朝、郵便局へ旦那と3人で行ってきた。

9:30の予約だったので息子は学校へちょっと遅れて登校。



本当は息子の春休み中にやっておけば良かったのだが

郵便局でのパスポート申請手続きが予約制に変わっているのを

インターネットで見るまで知らず

あわてて最後の休みの日に郵便局へ電話をかけたが

その日はいっぱいだと言われ、予約がとれなかった。

以前はウォークインだったのになあ。

でも、この予約制の方が申請者にとっても郵便局にとても

効率がいいだろうから文句は言えない。

まったく、私はいつも行き当たりばったりだからね・・・



で、予約の当日。

私はここぞ、という時に大ポカをしたりするので

ちょっと緊張気味。

書類の用意には念には念を入れたけど。

郵便局の人が書類をチェックするのをドキドキしながら

見守る私。

と、息子の写真をテンプレートに合わせチェックをしている

彼の手がふと止まった。

これ、頭が規定サイズよりちょっと大きく写ってますねえ。

ちょっと同僚に見てもらってきます、だって。

あちゃー、そら、きた!



息子のパスポート用の写真は近所のウォルグリーンズという

薬局で撮ってもらったのだが

写真を撮った女性はきちんとコンピュータのスクリーンで

確認していたはず。

でも、郵便局でも写真は撮れるので、ダメでも何とかなる

と思っていたら、局員の男性が戻ってきて

問題なさそうですね、と言う。

ほっとした反面、本当かなあ、写真を見た事務局で

あ、これダメね!

なんて、言われたらヤだもんね。

でも、毎日手続きをしている人の言うことだから

大丈夫だろう。



その他の書類にも不備はなく、30分弱で申し込みは完了。

あとは、郵便で届くのを待つのみ。

ほっと一息。



そうそう、昨日、私と旦那の朝の準備の仕方?の違いをちょっと

書いたけれど(→

今朝は(旦那にとって)大変だった。

私は例のごとく予約の時間から逆算して

起きる時間を決め、アラームをセットしたのだが

彼は私と同じ時間に目が覚めたらしく

出かけるまで1時間しかないと気づき、パニックしていた。

どうして、いつもと同じ時間にアラームをセットしないんだ

と、超不機嫌な彼。

自分のアラームをセットすりゃあいいじゃん、と私。

1時間で用意なんて余裕じゃないかなあ、と思うけど。



と、起き抜けにふたりでやいやい言い合ってっていた頃に

息子はというと

さっさと1人で起き、朝食も着替えも済ませていた・・・

親がこんなだと、子供はかえってまともに育つのか。

なーんて思った朝でした。




いつも応援ありがとう。ぽちっとよろしく。

     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ