リーバイの予防接種

日曜日にリーバイを予防接種とフィラリアの検査に連れて行った。

20140518a.jpg
助手席のリーバイ


行った先はいつもの獣医さんではなくてミルウォーキーのPet World

友達ののりPに教えてもらったところ。

ここへは、Healthy Paws Wellness Clinicが毎月2回クリニックを開き

犬と猫の予防接種を手ごろな料金で提供している。


20140518.jpg
こんな倉庫の一角のようなところ。



リーバイは1歳くらいまで肝臓が悪く

何回か死にかけたりしていたので

子犬の時に、ほとんど他の犬と交わったことがなく

社会性に欠ける。

手術を受け、健康を取り戻してから

グループでのトレーニング・クラスを2回

プライベートでのクラスを1回受けたけれど

(これはしつけというより、他の犬に慣れるため)

なかなか、知らない犬と遊ぶことができない。

のりPによると診察の受付に列ができる、と聞いていたので

大丈夫かな、とちょっとナーバスだったけれど

問題なく終わった。ほっ。

やっぱり、他の犬にすごく近くまで来られると

「わー、近すぎー!!」と、短く吠えていたけれど。



そういえば、列の中で待っているときに

見知った顔の人が近づいてきた。

それは、このお店を教えてくれた張本人で

ミルウォーキーでの動物愛護団体のイベント帰りの

のりPと愛犬のタミーちゃんだった。

思いがけないところで、思いがけない人と会うと

実際目で見ているものを脳がきちんと反応しない。

あ、これは、もちろん私の場合ね。

仲が良いのに、挙動不審になってぎこちなく会話する私。

なんというか、びっくりしたら手足をつっぱって

倒れてしまうヤギみたいな(笑)

20140518b.jpg
リーバイは採血とか注射はへのかっぱ(死語?)。



えー、話を元に戻して。

ここでの予防接種の料金は

狂犬病、DHLPP(ジステンパー他の混合ワクチン)

フィラリアの検査で72ドル。

フィラリア予防の薬を6ヶ月買い合計102ドル(税込み)。

これってやっぱり安い。

獣医さんだったら軽く200ドルはいくだろうな。



獣医さんではないところへ予防接種へ連れていったのは

初めてだけれど、持病がないのなら

これもアリだな、と思った。

もちろん、具合が悪くなったり、怪我をしたりしたら

いつもの獣医さんへかけつけるけれどね。

ミルウォーキー付近にお住まいで犬か猫を飼っている方

おすすめです。



P.S. 昨日はご心配おかけしました。

今日はちょっと調子が良くて

左右には首が回るようになったのですが

下を向いたりがまだ辛いです (;´д`)

このまま、ベビーステップでもいいから

毎日良くなっていきますように。



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。

     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ