2014 カウンティ・フェア

今日は午後デパートでバイトして

家で夕飯を食べた後、カウンティ・フェアへ。

職場(オフィスの方ね)を通して無料で入れるというので

息子と2人で行って来た。

2人だけなのは、娘はどっかに遊びに行っていていないし

旦那は外は暑いから行かない、というので

(暑いと言っても、26度。湿度は高いかな)。

息子ももうすぐ13歳。

いつまで、こうやって私とお出かけしてくれるかしら。




さて、カウンティ・フェアといえば

夏に全国各地で行われ

遊園地あり、出店あり、食べ物の屋台あり、野外コンサートあり

その他にもいろいろイベントが催され

大人も子供も楽しめるお祭り。

でも、メインはやはり、家畜の品評会かな。

ここで入賞すると、ステート・フェア(州のお祭り)での

品評会へ進むことができるので

畜産農家やその子供達には大イベント。




フェア・グラウンドに着いて、さてどこを回ろうか

乗り物に乗りたい?と息子に聞いていたら

友人親子にばったり。

彼らとは息子とその友達がまだ赤ちゃんの頃からのお付き合い。

いわゆる、デイケア仲間。

通う学校は違うけれど、ずっと仲良くさせてもらっている。

夏休みに入って、友達とあまり会ってない息子は大喜び。


20140726g.jpg
Cliff Hanger (ハンググライダーに乗るようにぐるぐる回る)



お友達は乗り物が苦手、というので、

息子だけCliff Hangerという乗り物に乗ったあと

4人で動物を見て回ることにした。




動物達はこういう↓Barn(農家の大きな納屋)に展示されている。

確か、これは豚の展示場。見えないけど(笑)

20140726f.jpg



Barnでは、大きな扇風機が、がんがんかかっているので

空気はこもっていないのだけど、やはりちょっと臭い。

(農家の方ごめんなさい!)

動物達は、ちょっと失礼、トイレへ行ってきますなんて

しないものね(笑)

こういう匂いって、お世話しているうちに慣れるものなんだろうか。




20140726a.jpg

にわとりのチャンピオン


20140726h.jpg

超デカいうさぎ。


20140726b.jpg

羊たちはみんな毛を短く刈っていて

中にはセーターを着ている子たちも(笑)

夏なのに暑くないんだろうか。



20140726c.jpg

Barnの外でお世話されている牛たち。



20140726d.jpg

中ではみんなだらけてるし。



20140726e.jpg

もちろん馬も。このヒトは牧草をモシャモシャと夜食中。



この他にも豚、ヤギ、あひる、七面鳥がいたかな。

写真撮るの忘れたけれど、ヤギはやっぱりかわいい!

子ヤギを抱っこしている女の子がいて

えさをあげてみる?と聞かれ、もちろんYES!

飼えないけど、欲しくなっちゃった。




多くの動物達はここでオークションにかけられ

フェアが終わるまでに、買い手に引き渡されるという。

動物の名札には、すでに値段の書き込まれているものもあった。

まあ、高く売ることが農家のゴールなんだろうけど

なんか、せつないな。

この動物達は、あくまで家畜であって

育てる段階で、感情のDetachmentをしているだろうけれど。




でも、カウンティ・フェアでは農家の方々が

格好良くみえるわー。主役だものね。

私の育てた動物見てね!本当にと生き生きされている。

そいういうのを見るとやっぱり気持ちがいい。

思いがけず友人親子と歩きまわることもできたし

楽しい夜でした。




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

My Favorite Music 1 - Josh Groban

私は特にこの歌手が大好き!と集中しないタイプで

あっちのジャンル、こっちのジャンルで拾った

お気に入りの音楽を古くても聴くタイプ。



それでも強いてお気に入りのバイト、アーティストはといえば

Radiohead、Sublime、Foo Fighters(というかDave Grohl)

などのロック系やら

Christina AguileraやThe Black Eyed Peasのポップ系も好き。

ピアノをやっていた私はクラシックも好きで

やっぱりヒーローはChopinかな。

なんか、Hopelessly Romanticって感じがいい。



で、今回紹介するのはアメリカではおばさんキラーの

Josh Groban。

日本ではあまり知られてないかな。

ポジション的には(私はあまり好きじゃないけど)Celine Dionの

男性版みたいな。

ちょっとオペラっぽい声だし。

それでも、ビデオを見ていただけばわかると思うけれど

幅広い層の女性に人気があって

彼のアルバムは1998年にデビューして以来、何百万枚と売れている。

コンサートでは、歌のイメージとは違い、気取りもなく、ジョークを連発し

楽しいというウワサなので、私も行ってみたい!

で、このビデオは私の大好きな『In Her Eyes』のライブ版。

私のことを歌ってると思いたいわー。うっとり



そうそう、今、彼はabc放送のRising Starという

歌のオーディション番組のホストもしているので

アメリカ在住の方はご存知かも。

では、どうぞ。






読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ