万引き予防

今日デパートでバイト中、タタタタッと足音がしたので

顔を上げるとLoss & Prevention(警備・万引き防止員)の

女性が通路を走っていた。

もしかして、万引きを見つけたのかな?

と、思ったが、特に気にも留めず

値札つけの仕事に戻った。



5分ほどして、私の売り場のマネージャーが

やって来て、話すことには

さっき、子供服売り場から万引きをしようとした女性が

捕まったわ。

今日はメンズ売り場と子供服売り場には

あなた1人しかいないのはわかっているけれど

子供服を万引きする人は結構いるから

もし、子供服売り場に買い物客がいたら、必ず側へ寄って

接客するようにお願いね。

顧客サービスであると同時に

もし万引き客であった際には、けん制になるから。

ということだった。



私のバイトするデパートでは

今月から人件費削減、ということで

かなりの店員のバイトの時間が削られることになった。

私が働いている売り場(メンズとキッズ)は

もともと、バイトの人数が多くなかったし

何人かバイトが辞めた後に補充もなかったので

あまり変化はないみたい。

それでも、平日は2つの売り場に店員が1人だけなので

あんまり目が行き届かない。

他の売り場では、お客さんから、サービスが必要なときに

店員が見つからない、などのクレームも来ているらしい。



今回は幸い私の売り場での万引き客は捕まった。

マネージャーによると

3人の小さい子供を連れた妊婦さんらしい。

キッズのリーバイスを抱えて、店を出ようとしたところを

捕まったということだった。

私は実際、彼女達を見ていないのだが

確かに、試着室でキャーキャー遊んでいる

子供たちの声が、メンズのカウンターにいる時に聞こえた。

あーあ、ちゃんと声かければよかったなー。

万引きを捕まえるのは私の仕事じゃないけど

なんか、もやもやする。



私のマネージャーは、その話が終わった後に

昨日は値札を安いものに付け替えて

チェックアウトしようとした客がいたのよ、と言っていた。

ええ、この人が?って思うような人も

万引きしようとするから、気をつけてね、だって。

ふーむ。

頭から人を疑ってかかるのは性分じゃないんだけど

(というか、ぼーっとしているだけかも)

仕方ないのかな。



あ、それとマネージャーによると

もし、怪しい客を警備に通報して、その人が捕まったら

お礼が25ドルだか50ドルだかの謝礼が出るんだそうだ。

ほほーう。

どいういうのが怪しい行動なのか

実際目にしたことがない(気づかないだけ?)ので

よくわからないし、もし違ったらどうしよう

と、きっと考えちゃう小心者だから、どうかなー。

とりあえず、目をキラリンとしつつ

目にしたお客さん全員に声をかけるとするか。

うん。そうしよう。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ