TVケーブルのトラブル 旦那の勝利の巻

先日、TVケーブルのトラブルのことを

ぶつぶつと書いたのだが

それが昨日決着がついた。

旦那がネットで見つけたケーブル会社の

アメリカ中西部を率いるVice Presidentの連絡先へ

電話をかけ、直訴 (  Д ) ゚ ゚

さすがに、VP。

ものの10数分で解決。

3日後の木曜日にはインストールされることになった。

最初に予約を入れた時は

3週間待ちだったのに、さすがVPの鶴の一声。

もちろん、インストール料金は最初に契約した際の

プロモーション価格で。

おまけに、“おわび”にということで

毎月のサービス料金を5ドル引きにしてくれるということだった

ヾ(´・∀・)ノ



ま、これがアメリカ。

今回は、もちろんカスタマーサービスに不満はあったものの

ケーブル会社が無断でサービスの解約や

値段の変更をしたことに対しての正当なクレーム。

もちろん、旦那は所謂クレーマーではない。

ただ、こんな上の人までエスカレートさせなくても

電話で応対したカスタマーサービスの社員が属する部署の

マネージャーでも対応できたと思うんだけどな。

今回は、その社員がマネージャーはいない

と、電話を回すことをしなかったらしいけど。

全く、VPもいち顧客のクレームの相手に

どうして貴重な時間を割かにゃならんのや

と思ったに違いない。

すんません、そして、ありがとうございます!



やっぱり、アメリカでクレームをするなら

(正当な理由があるときね)

カスタマーサービスレベルの対応で満足がいかなかったら

上へ上へをエスカレートすべし。

もし、電話を回してもらえなければ

旦那のように自分でネットで役員の連絡先を探すというのもあり。

上位の長付きなら自分で決断できる権限があるからね。

ま、時間はかかから忍耐力が必要だったりするけど(笑)

クレームするときは落ち着いてスマートにしましょうね!



なーんて、普段はバイト先でクレームを

受ける立場だったりするんだけどさー (*´ー`)ゞ



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ