ながら族 

ながら族という言葉がある。

私がまだ日本で学生だったころは

この言葉は使われていた。

今でも使われているのかしら?

それとも死語?



ウィキペディアで調べてみたら

これは1958年に木田文夫という医学博士が使った

「ながら神経症」から発していると書いてあった。

私が高校生のころは

よくこの言葉を聞いた覚えがあるが

(食べながら歩くのはみっともない

といったような時や

音楽聴きながら勉強するなんて。。

などとネガティブな意見をするときに

セットになっていたような気がする)

私が生まれる以前の言葉とは知らなかった。



なぜ、この言葉を思い出したかというと

私も「ながら族」のひとりで

仕事中に音楽を聴いたり

テレビを見ながら、ネットサーフィンをしたりが

当たり前になっているのだが

娘が、ちょっとそこまで、という位

いつでも「~しながら」何かをしているから。



例えば、テレビ画面でゲームをしながら

コンピューターでネットをチェックし

スカイプで友人と話す。

音楽をヘッドフォンで聴きながら

タブレットでイラストを描き

またまた、スカイプで友達と会話をする。

まあ、ネットとかコンピューター依存症ともいえるか。

トイレにまでもラップトップを持っていくので

これは、いい加減やめて欲しい( ̄- ̄;)

まあ、私も本とか持っていっちゃうんだけどね。



英語で似たような言葉で

Multitaskingがある(え?こじつけ?)。

これは、複数の業務を並行して行う、といった意味。

職場でもみんなしている。

特に仕事を2つ以上抱えていなくても

途中でメールが入れば、チェック、返信し

また自分の仕事に戻るといったように。

仕事のインタビューでも自分の長所として

Multitaskingをあげる人も多いかもしれない。

でも、最近では、効率はあまりよくない

といわれているみたいだけど。



私が読んだTIMEのオンラインの記事では

人間の脳が一度に処理できるのは2つまで。

それ以上はエラーの確率が増加する

という脳科学者の話が書いてあった。

分刻みで仕事を移行し続けるよりは

20分はひとつの仕事に集中した方が

効率がいいらしい。

私も、職場ではどちらかというと

ひとつの仕事に集中する方かも。

まあ、これは長年働いてきて

やっと学んだんだけれども (* ̄∀ ̄)ゞ



で、娘の話に戻るが

彼女は、私はMultitaskingをしているのよ!

と(笑いながら)主張するが

それ自体も、別にいばれるようなことじゃーない。

第一、彼女はADD気味なのだ。



こんな風に日常、ひとつに集中できない

21歳の彼女にとって

将来も、まだぼやーっとしているらしい。

大学でも、ひとつに絞れず、あれやこれやと

手を出している。

何か、ひとつ、これ!というものを

見つけられるといいんだけどなあ。

それにしても、トイレにラップトップって

ちょっとー、と思いません?(まだ言ってる)



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ