DWTSにカールトン登場!

90年代にアメリカで人気のあったドラマのひとつに

NBCの『The Fresh Prince of Bel-Air』がある。

あらすじはこんな感じ。



西フィラデルフィアに住んでいたザ・フレッシュ・プリンスこと

ウィル・スミスは、ストリートでトラブルを起こしたことがきっかけで

シングルマザーの母親に、彼女の姉夫婦が住んでいる

治安のいいカリフォルニアのベル・エアー

(超高級住宅地)に送られてしまう。



裁判官を務める叔父が主のお堅いバンクス一家で

ウィルはストリートのライフスタイルを変えようとしないことから

起こるトラブルやバタバタを描いたコメディ。

こちらがドラマのテーマ曲。

もともとはラッパーだったウィル・スミス本人が歌っている。



 
で、このドラマといえば、ほとんどの人が思い浮かべるのが

アルフォンソ・ロべりオ演じる、いとこのカールトンのダンスシーン。

いつも、こっちこちに堅い彼が踊りまくるのが爆笑を誘った。

私も、これ大好き!

こちらがそのシーン。




ただ、本人は、この役を演じたことによって

カールトンのイメージががっちり定着してしまい

ドラマ終了後は、ドラマや映画のオーディションには

この役はカールトンみたいなイメージじゃないから、と

受からなかったりしてかなり憂き目を見たらしい。



そんな彼が、Dancing With The Starsという

(どちらかというとB級の)芸能人や話題性のある有名人が

プロのダンサーと組、ダンスを競うテレビ番組に出演

カールトン・ダンスを踊った!

それがこちら。



トレードマークの白いセーターで(笑)

もう、嬉しくて何回も見てしまった。



『The Fresh Prince of Bel-Air』は

日本では放送されてなかったと思うので

何のこっちゃと思った方、ごめんなさいね!<(_ _)>



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ