え~、短大卒業できないかも?後編

昨日の続きです。


卒業旅行を目の前にして、短大から追試の知らせが。

旅行はキャンセルか?

卒業できるのか?

本当に最後の英語の試験で赤点だったのか?

それを確かめるべく、英語の教授へ会うために

アポを取った私。



アポ当日、教授にオフィスにて。

私の名前を確認したあと、ファイルをチェックする教授。

ほんの5秒くらいだったのだが

時間が止まったかと思うほど長かった~。

そして、審判が下った。

ちらりと書類を見た教授は、にこりともせず

「あ~、君、赤点だね。

追試を受けるように」

え゛ーーーーーーー!と泣き崩れる私。

・・・・・というのは真っ赤な嘘です。嘘。

Just kidding.



実際は

「ちょっと待ってくださいね。

ええと、かよさんね。ああ、大丈夫ですよ。

試験通ってます」

「・・・え?ということは、追試を受けなくてもいいと

いうことですか?」

「そうですよ」


・・・・おおお、教授に後光が・・・・・

カチカチに固まっていた私は、大きな安堵のため息をついた。

そして、今日はお忙しいところを申し訳ありませんでした

と言って、オフィスを出た。

やっぱり~!私通ってたジャーーーん!

旅行に行けるー!

追試受けないで、卒業できるー!

と、ルンルンで帰路についた。



このことは、その後、自分の中では武勇伝として

記憶に刻まれたのだが、しばらくするとすっかり忘れてしまい

卒業後何年もたってから、ふと思い出した。

(私、本当に試験通ってたんだろうか。

もしかして、もしかして、教授に情けをかけてもらったのかも。

そいういえば、教授がファイルを見る様子とか

私への話しかけ方が、なんか演技してるっぽかった

(ような気がする)。

本当は、赤点だったのに、通ってますよ

って言ってくれたんだろうか)



さっき、武勇伝、と書いたけれど

実際は、もしかしたら、と心の奥底で思っていたんだと思う。

長い間誰にもこのことを話すことはなかったし。

今となっては、ミステリー。

教授の名前もすっかり忘れてしまった。



そうそう、この話をブログにを書こうと思った時に

ネットで同じような経験をした人がいるかどうか調べてみた。

すると、単位が足りず、卒業が危うい学生が、まず学生課に

そして教授にかけあう、というのはよくあることらしい。

ただ、成績が発表されてしまった後に

評価を変更してもらうということは、まれであるとも書いてあった。

学校側がミスをしたということを認めることは避けたいらしいとも。



これを読んで

ああ、私ったらなんてラッキーだったんだろう、と思う。

教授!

間違いを認めてくれて

OR

温情措置をしていただいて

本当に、本当に、ありがとうございました。

今は、赤点だったかもしれない英語を使って

アメリカで働いてますよ~。

ああ、この思いを直接伝えられないのが残念だなあ。

ちょっと恥ずかしい思い出でした。





読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

え~、短大卒業できないかも?前編

昔、むかーし、私がまだ短大生だったころの話。



短大の後期試験もすべて終え

就職先も決まっていて

卒業式、謝恩会、そして友人のFみとの卒業旅行を控え

家でのんべんだらりとしていたある日

一通の知らせを受け取った。

それは、通っている短大からだった。



何だろう、と思い軽い気持ちで開けてみると

なんと!

追試のお知らせだった!

はっきりいって私は不良短大生で

試験前にしか勉強しないような

優秀とは言えない学生ではあった。

でも!でも!!

赤点ですか~~~!?

そんなもん、今まで取ったことないし!



え~、うそ~、本当~?(←当時よく言ったよね?同世代の方?)

とか言ってる場合ではなく

これは受けないと卒業できん、と腹をくくりかけて読み進めると

その追試の日は、卒業旅行の日程のど真ん中!

え~、どうするの~?

旅行先はシンガポール・マレーシアなのに~。

飛行機のチケットだって購入済。

一瞬、試験を無視して、旅行へ行ったら?と考えた。

そりゃ、もちろん、短大3年生に突入。

就職先へもお断りを入れ。。。

親に頭を下げて、もう1年通わせてもらう。

なーんて、もちろん却下、却下。



あまりのショックに頭は真っ白になるし

心臓もばくばく(笑)

そんな自分をようやく落ち着かせて、考えてみた。

(ふーむ、追試の科目は英語。

あの試験、楽勝と思いながら受けた記憶があるけど

実際は、赤点を取るほど悪かったのか?

そんなはずはないけどな~。

でも、そんなの的外れの自信で、実際ヤバかったのか!?)



そして、出した結果は、学生課へ問い合わせること。

自分では赤点を取ったとは信じられず

実際何点取ったのか、採点ミスということはなかったのか

聞いてみることにした(はい、失礼な学生です。でも、もう、必死 笑)。

すると、学生課の人は、そのクラスの教授に聞かないと

わかりません、教授に直接聞いてみてください、と仰る。

その後の記憶はあやふやなのだけれど

確か、電話番号を学生課からもらい

ドキドキしながら教授に電話をかけ、アポを取り

彼のオフィスへ訪ねていくことになった。

とりあえず会ってもらえることで、第一関門突破。

心の底からほ~っとした。



そして、そのアポの日。

教授のオフィスの様子はあまり覚えていなくて

何となく薄暗かったような記憶があるだけ。

教授は私の名前とアポの用件を聞くと

机の上に出してあったファイルを開け、ちらりと見た。

その間、私は

(いやいや、絶対赤点のわけがない!)という自信と

(あ~、本当に赤点だったら、どうする~)という心配のはざまで

大揺れ。



そして教授が口を開いた。


続きはまた次回~!




読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ