出戻りすることになっちゃった。


今日、職場で発表があり

私が所属しているグループが他の部署に吸収されることになった

と大ボスから知らされた。

まあ、いわゆるReorganization - 組織の再編成っていうやつ。

コスト・セービングとかリアラインメントとかシナジーとかのため。

直属の上司は大ボスのもとに残り

私達部下達は、新しい上司のもとで働くことになる。

あ、そうそう、その新しい上司達もミーティングに出席した。



そのミーティングの後、(直属の)上司と共通の友人と3人でランチをして

そこで、その決定にはもうひとつの理由があると教えてもらった。

それは、会社の訴訟問題とか色々関わってくるので

ここでは書くつもりはないが(本当は書きたいけど!)

異動にちょっとショックだった私は、少し納得。



何故ショックだったかというと

私達が異動する部署(アカウンティング)は、私が6年前だかに

ダウンサイズ、まあ日本風に言えばリストラされた所だから。

その部署を去ってから、すぐに今の部署からオファーが来て

会社自体からの雇用は途切れてはいないので

リストラと言う言葉があっているかわからないけれど。



当時の気性の激しいディレクターは他の組織に移ってしまい

職場の環境は全く違うらしいけれど、ちょっとドキドキ。

ミーティングで発表されているときも

“心配”が思いっきり顔に出ていたみたいで

後で、上司にそう言われて

おお、新しい上司達の前では

ポーカーフェースを作っておけば良かった~!と少し後悔。

私って、すぐ顔に出ちゃうのよね・・・・。

ま、みんな理由は察しただろうけれど。



ただ、楽しみなこともある。

異動先には、私が今でもとても仲良くしている友人達が

何人かいること。

いつも、インスタント・メッセージでコンタクトを取っていたけれど

同じ部署になるので、直接話せる。

私の愚痴を聞く用意もできていると言っていた(笑)

あと、職場まで自宅から車で2分という距離なので

通勤にはとても便利。

小さいウォルマートも目の前にあるし(笑)



異動は来週の金曜日。

急な決定で、いろいろ取引先との事務的な手続きとかで

来週は忙しくなりそう。

直属の上司とウマの合わなかった同僚達もいて

彼女達は大喜び(こっそりとね)。

なんか、みんなの色々な思惑が交じり合って

ドラマな職場での一日だった。

まあ、私は気持ちよく働かせてもらえる

環境だったら何でもいいんだけど

出戻りだからなあ。

やっぱ、ちょっとナーバスな私です。





読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ