QBQ! 考え方を変えよう

3連休のはじまりの今日は

一日の大半をごろごろして過ごした。

午後遅くになって、あまりの何もしなさ過ぎに飽きて

職場で配給された本を読んでみた。



QBQ!とはThe Question Behind The Question!を略したもので

ジョン・G・ミラーという組織の人材育成、組織開発を専門に

活動している著者による本。

いわゆるビジネス書で、個人、そして組織が成功するためには

どのような考え方をすればいいかが書かれている。



これを渡された時、一瞬、めんどくさ、と思った私。

でも、手軽に読めるよ~、と言われたのと

私が新たに所属することになった部署の

基本理念のようなものらしいので

いっちょ読んでみっか、となった。



読んでみると、なるほど、語りかけるような文体で

すらすらと読める。

ほとんどの章が、2ページから3ページと短く

ユーモアを交え、著者自身のエピソードも多く書かれていて

とても読みやすく、1時間ちょっとで読み終えてしまった。



内容は、一言でいえば

仕事や人生においての自己責任の重要性。

つまり、問題が起こったり、壁にぶち当たった時に

人のせいにしたり、被害者意識を持ったり

不平不満を言ったり、問題を先延ばしにしたりせず

自分は、何を、どうしたらできるか考えよう、というもの。



ついこの間、職場の愚痴を書いた私。

It's not my job!

というのはアメリカで働くようになって

本当によく聞くフレーズなのだけれど

私のグループの中でも、忙しいということもあり

これを連発する同僚がいる。

この本をもらったときに、そのフレーズを聞き飽きていた

別の同僚が、なんてタイミングがいいんでしょ!と呟いていた。

私もぶつぶつ文句なんか言ってないで

自分に何ができるか考えなさい、と言われたようだわ~。



あと、そうよ、そうなのよね、と思いながら読んだのは

他人は変えられない、変えられるのは自分だけ

というやつ。

同僚や部下が私の思うように働いてくれればいいのに

などと、変わってもらおうと期待してはいけない。

それを受け入れた上で、自分に何ができるか

を考えるべきなのよね~。

これって結婚生活にも応用できる(笑)



しぶしぶ読んだ本だけれど(笑)

読んで良かった。

職場でも、生活のうえでも

私の仕事じゃない(もしくは、私は関係ない)とか

何で私が、とつい考えてしまうことは、ありがちだけれど

そうではなくて、何をしたらいいか、どうしたら上手くいくか

と考えられる脳みそになるようにしたいわ、と思った。

ポジティブ・シンキングにもつながるわよね。

ホント。

あ、そうそう、色々文句の多い旦那にも

きっちり薦めておきましたとも(笑)



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ