子供を職場へ連れて行く日

今日はTake Our Daughters and Sons to Work Dayだった。

これって以前はTake Our Daughters to Work Dayだったのよね。

私が大学を出てすぐに働いていた時はまだその名前だったような。

その後、男の子にも均等にチャンスを与えるべき、みたいな動きがあって

Sonsも加えられたんだと思う(←きちんと調べてない)。



私の会社ではTake Your Kids to Work Dayと呼んでいて

ロケーション毎にボランティアさえ集まれば、開催される。

私が以前勤めていたロケーションでは、なかなか集まらず

マネージャーの承認があれば、子供を連れて来てもいいという具合で

私も一度だけ息子を連れて働いたことがある。

でも、私の仕事はコンピュータとにらめっこがほとんどで

半日だけ学校から連れ出したのだけれど

息子にはやはり退屈だったみたいで、それ以来一度も参加していない。



そんなこんなで、今回も息子は参加しなかったのだけれど

今のロケーションではボランティアがかなり集まり

コミッティが作られ、オーガナイズされているようだった。

きちんと一日のスケジュールが立てられ

会社の製品の紹介、社員疑似体験、ゲーム等が

大まかな年齢別のグループごとに行われていたみたい。

同僚で親しい友人の1人がこのイベントのまとめ役で

へえー、こんなにオーガナイズされているんだったら

息子連れてくれば良かった~、と彼女に言ったら

あのね、私がどんなにオーガナイズするのが得意か知ってるでしょ?

と返ってきた。

そうでした。ま、時すでに遅しww



ボランティアたちは目立つ蛍光の黄色のTシャツ(会社が支給)を着て

子供を引率したり、イベントの手伝いをしたり忙しそうだった。

子供達も70人以上集まり、結構大掛かり。

(訂正 4/24 - 後で聞いたら倍の140人以上ということだった!)


ランチにはピザも提供され

(私は、友人の娘さんが、レッドロブスターでえびを食べたい!

と言うので彼女を囲んでもう1人の同僚と4人でランチをして来た)

最後には色々お土産をもらったりして、楽しそう!

来年は息子に、楽しそうだからおいでよ、と言えば参加するかな?

高校生もかなり来ていたみたいだし誘ってみようっと。

日本にもこんなイベントってあるのかしら?



子供達の声がこだまするオフィスはちょっと新鮮でした♪

では、また~!



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ