娘を見直した日

2日前のこと。

午後1時過ぎ、仕事中に娘から電話がかかってきた。

「高校の卒業証明書どこにある?」

何でそんなものが必要なのか、と聞くと

「今日の応募したバイト先の説明会で必要なの。

それか、大学の在籍証明」

全くこのヒトは、時間と場所だけチェックして

必要な書類については思いっきりスルーしていたらしい。



今週は大学の今期最後の週だったので、ファイナル(期末試験)だ、課題だと

確かに彼女はテンパっていた。

でも、当日気付くってどうなのよ?2週間以上前に連絡が来てたのに。

卒業証明書はあなたの汚部屋のどこかに埋まってるわよ。

オフィシャルな在学証明書は当日発行してもらえるかわからないから

とりあえず、クラスのスケジュールとかでいいんじゃない?

と言うと、

「オフィシャルなものじゃないとダメだって!どうしよう!?」

と思い切り焦っている娘。

じゃあ、面接を先延ばしにしてもらうか

在学証明書は後で提出しますって言えば?

と言うと

「あ゛------!

お母さんは全くヘルプにならん!もう切る!」

と言って電話を切られてしまった。



ムッカーーー!

電話切るなよなーー!

全く直前まで気付かないって何なのよ!

第一、面接にどうして高卒の証明の書類が必要なのよ!

と、仕事しながら頭に血が上る。

信じられなーい!

そのは大手の会社なので、いいチャンスなのに

とイラっ。



それから30分ほどして、気分が落ち着き(笑)

どうなったか、とやはり気になり、娘に電話してみると

「なーにー?

今、大学に向っているところ。

すぐ発行してもらえるって。

急いでるから、切るよ!」

とまた切られた。

切られたのはムカつくけれど

とりあえず、自分で何とかしたのね、あの子。

常日頃からぼーっとしているけれど

確実に成長してるのねとうれし涙が(大げさ)。



ということが昼間あって、夜に娘と家で話をしてみると

すべて上手く行ったとのこと。

じゃあ、そのバイト、ゲットできるかもね、と言うと

「あのね、今日のは面接じゃなくてミーティングって言ったでしょ。

私は雇ってもらえることになったって言ったじゃん。

全く人の話聞いてないんだから」

ええ?

オンラインで履歴書出して、適正試験受けただけなのに?

それで、雇ってくれるの、あの会社(ほぼ誰でも知ってる会社です)?

それもフルタイムだって。

まだ大学を卒業していないので

秋の学期が始まったらどうするのか?

「それは、その時に、パートにしてもらえるか聞くよ」

へーー、そんなんでいいんかいな。



でも、先のことがあってから

勉強が嫌いで、いつもぼんやりだったこの子も

色々1人で問題を解決出来るようになってきたんだなー

大人になったのねー(まあ22歳だから当然か・・・)

それとも、私はもしかして彼女を子ども扱いばかりして

おまけに過小評価しすぎていただけ?

この日のことは、他の人からしたら、できて当たり前でしょ

ということなんだけれど

私的には娘を見直してしまった、ちょっと嬉しい一日でした。



ま、ぼーっとしてるのは親譲りだけどねww



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ