Flashpoint / 香水ゲット 

振り替え休日の今日。

ゆうべ、目覚ましもセットせず、よし寝るぞ!と決意のもと就寝。

眠るだけ眠ろうと思っていたら

夢(内容は忘れた)の中でジャーマン・シェパードが

規則的に、ワン!・・・・ワン!・・・・ワン!と一声(?)ずつ

ずっと吠えていて、何だろう?と思い目が覚めたら

ルーシーだった。

よしよし、中に入りたいのね、誰よ、出しっぱなしだった人。

あ~あ、自然に目が覚めるまで寝ていたかったのにな、と思い

時計を見たら、お昼近かった・・・・。

でも、なんでジャーマン・シェパードww

(ルーシーはブルドッグ)



そんな午後、私は最近お気に入りのTV番組を

Netflix で Binge watching!

その番組は Flashpoint。

これは、2008年から2012まで放送されたカナダの警察ドラマ。

つい最近IONというテレビ・ステーションで再放送をたまたま見て

コレはなかなか良いではないか!と思ったら

Netflixで全話放映している!

で、2日ほど前に、第1話から見始めた。


tv_flashpoint01.jpg


舞台はトロントで、警察の特殊部隊で

複雑だったり危険な状態で活躍する警官たちの話。

私は、Cheesy な TV番組は、こりゃありえないでしょー、と

ついつい、つっこみを入れながら見るタイプ。

なので、「怖い」ゾンビ映画とかも、笑いながら見る。

でも、これ!もうなんかつい入りこんでしまって

緊張しながら見るので、肩が凝るったらありゃしない。

息を止めてる自分に気付いて、慌てて深呼吸したり。

出演者も特にハンサムとかじゃないけれど、もう格好いい!

ボスもチーム・リーダーもハゲだけど素敵!

苦悩する様子とかシブい!

カナダ、やるじゃん!(意味不明)

特にNetflix だとCMが入らないから、休憩時間がなくて

体に力が入ったまま見終えて、最後にフーーーーーっと

長いため息をつくww

ああ、しばらくはこれで楽しめそう!



そうそう。

今日は、というか今日もバイト。

カウンターにいたら、マネージャーがニヤニヤしながら側に来て

今日、ストアカードの加入をゲットしたら、香水のテスターもらえるよー

と言う。

ふーん、そういう時はほとんど取れないから、期待しないでね

と言って、つーんとしていた私(はい、失礼な奴ですw)。



そうしたら、なんと、3つも加入を取った。

で、香水のテスターを3つゲット。

こういうこともあるのねー。

この加入を勧める仕事は苦手でキライ、とここで何回も書いている。

お客さんにたたみ掛けるようにセールスするのがイヤな私。

あくまでも控えめに勧めるのみ。

何か天地異変とかないといいけどw



明日は独立記念日。

毎年恒例の、旦那の叔母宅でもパーティーへ行ってきます。

おいしいものをたらふく食べようっと!

では、また~。


読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

カチン! / 小包

今日も腰が痛い。

でも痛みに波があるようで来たり引いたり。

同じ姿勢を続けると痛いので、動けばいいかと思うと

それもダメ。

今日もバイトで、痛みがないときは、早足で歩けて

動きも軽かったけれど

痛みがズーンと来ているときは、どんな姿勢を取っても痛い。

来週に入っても痛みが取れなかったら

カイロプラクターかフィジカル・セラピーにかかろう。



話は変わって、バイト先でのこと。

もしかしたら私の機嫌が悪くて、イライラしていただけかも知れない。

(腰痛もあるしね)

でも、今日接客したお客さんにはちょっとカチンと来た。

彼は、買ったばかりのシャツの生地の目地が均一じゃない

という理由で返品・交換に来た。

それは、別にいい。

よくあること。



本当は、同じものが欲しかったが、店に置いてなかったので

別のブランドのシャツを買うことにした、という。

返品のシャツはラルフ・ローレンで、69ドル。

新しく買いたいシャツはトミー・ヒルフィガー、75ドル。

ローレン・シャツは20%オフに20ドルのクーポンを使用したため

約35ドルが割引後の値段。

トミー・シャツは今日は20%オフで、今日利用できるクーポン(25%)を

適用すると45ドル。

で、差額が10ドルほどで、そう伝えると

2つのシャツの値段の違いは5ドルほど(正確には6ドル)

よって5ドル払えばいいはずだ、と主張する。



私がいくらシャツの差額は5ドル(しつこいけど、本当は6ドル)で

前回は20ドルのクーポンを利用できたけれど

今日は15ドルのものしか提供されていないので

10ドルくらいの差額になってしまうんです、と説明しても

それは絶対おかしい、と譲らない。

私も根が尽きて、マネージャーを呼んで対応してもらった。



私は彼女は私のヘルプをして、より分かり易く説明するのかな、と思ったら

なんと、5ドルを売値からさらに引いて

5ドルの差額になるようにレジで調整していた。

もう!

アメリカって本当に文句言ったモン勝ちなのね~。

店員がマネージャーを呼ぶときは

私達がNOと言っても、納得できないお客さんに

改めてNOと言ってもらいたい時がほとんどなんだけど

マネージャーによっては、Easy Way Out (楽な方法)を選ぶ人が多いのよね。

まあ、私達店員が正しい、ということよりも

お客さんに満足してもらうことが大切なんだろうけれど

(よくあるクレーマー対応・・・)

なんか、ちょっと納得いかなかったな~。

あれ、私がカチンときたのは、マネージャーの対応か?

どっちもってことで(笑)



と、ぷんすかしていた私も

バイトから帰って来て、日本の親戚ののんちゃんから届いた小包を開けたら

そんな不機嫌も吹っ飛んでしまった~。

IMG_4497.jpg

ちょっと、ピンぼけしてるな。

いろんな小さいサイズのカップラーメン!

うひょー、見てるだけで楽しい。

FullSizeRender.jpg

これは駄菓子。ふふふ。

この他にもお願いしていたソックス等の他にも

抹茶味のお菓子など、ツボを押さえたラインアップ。

感謝

今すぐ食べたい欲求にかられながらも

夜遅いのでぐっと我慢の子。

実家から届いたお菓子もまだあるし、ますます太るか、私!?

いえいえ、頑張って、バカ食いしないようにしなきゃ。



では、おやすみなさ~い。



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ