出さなかったカード

夕食後にベッドで寝そべってゲームをしていたら

父親と出かけていた娘が帰ってきて

ベッドルームのドアを開けて突っ立っているので

何よ?と声をかけたら

彼女の祖母(私の元義母)が今日亡くなったと言う。

びっくりして言葉の出ない私に

父親(私の元旦那)とKマートで買い物していたら

彼の携帯が鳴り、警察官からそのニュースを聞いたと言う。



お義母さんは、夫を亡くしたあと、再婚し

その再婚相手と、私の住む町から4時間ほど離れた町に住んでいたのだが

今日の午後、昼寝をする、と言って横になり

そのまま目を覚まさなかったという。

再婚相手はショックで彼女の子供達に連絡もできず

救急車を呼んだときに来た警官が代わりに電話をしてくれたとのこと。



彼女は若い頃に猩紅熱、そしてリューマチ熱にかかり

心臓弁膜症を患ってしまい、今まで何回も

心臓手術を受けてきた。

娘によると、一番最近に受けた手術の予後が余り良くなく

今回のニュースはサプライズではなかったと言っていた。



それを聞いても、まだ言葉の出ない私。

彼女夫婦には、元旦那との離婚前後、本当によくしてもらい

彼らの助けなしには、今の私はない、と言っても過言ではない。

大学に通う間、彼らの家の2階のアパートを貸してもらい

本当の家族のように接してくれた。

それなのに、私が再婚してから疎遠になってしまった。

今の旦那と彼女の折り合いはあまり良くなかったし

私が旦那に気を遣ったから。

最後に会ったのは、かれこれ4、5年前になる。



実は、最近の手術の後、容態が悪くなり

入院が長引いたことは聞いていて

お見舞いのカードを出そうと思っていた。

そして、今まであまり連絡をしなかったことを

詫びようとも思っていた。

(もちろん、娘は父親と共に会ったりはしていた)

でも、その後、無事に退院したらしい、と聞き

私も、色々忙しい日常を送っているうちに

すっかりカードを送ることを忘れてしまった。



もし、出していたら、彼女から電話が来て

最後に声を聞くことが出来たかも知れない。

もう、声を聞くことはかなわないんだ。

私はなんてバカなんだろう。

ラストチャンスだったのに。

そんなことを思いながら、元旦那に、お悔やみのテキストを打ったら

You know, she's always loved you.

と返って来た。

もう涙が止まらなかった。

I loved you too.






読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ