夢で遭えた / 息子のトリップ

元義母が亡くなったその夜

彼女が夢に出てきた。

私は彼女と2人きりではなく、周りにも何人かいて

確か、彼女はベンチに座っていた。

私は普段一度寝付くと朝まで起きない。

でも、夕べは、夢の印象が強かったのか、途中で目が覚めた。

そして、ああ、今彼女が夢に出てきた、と嬉しくなり

その様子をちゃんと覚えておかなくちゃ、と自分に言い聞かせ

またすぐに眠りに落ちた。



翌朝起きて、娘に、あなたのおばあちゃんが夢に出てきたよ、と告げた。

どんな夢だったの?と聞かれたものの

もう、その夢はおぼろげで、ほとんど思い出せなかった。

覚えているのは、彼女が笑っていたこと。

一度目が覚めたときに、あ、お義母さんが笑っていた!

とホッとしたのを覚えているから。

あと、そこがとても明るい場所だったことと

彼女が赤の入った洋服を着ていることくらい。

これって、ただ単に、彼女のことを思いながら眠りについたからかな。

私的には、自分本位な解釈かもしれないけれど

もう一度会いたかったのに、と後悔していた私に会いに来てくれた。

そう思いたい。





----------------------------


今日、旦那と2人で、息子をシカゴの叔母宅へ送って行った。

息子は、来週の日曜日まで叔母家族と過ごす。

メインイベントは、叔母、そして彼女のひ孫達4人の総勢6人で

ウィスコンシンの北の方へ向い

別のひ孫3人と落ち合い、川下りを楽しみ、そこで一泊。

そして、その後、ウィスコンシン・デルズへ行き、そこで二泊。



彼は、まだベビーカーに乗っているころ

一度デルズへ連れて行ったことはあるけれど

全く覚えていない(当たり前)ので

彼にとっては初めてのトリップ。

以前から行きたがっていたので

ひ孫達に交ぜて連れて行ってくれる叔母に感謝。

彼らの1人はジョージアから遊びに来ていて息子と同じ歳。

何回も会っていて、とても仲が良い。

きっと楽しんで、真っ黒になって帰って来ることだろうな。

(私はちょっと寂しいけど!)



では、また。



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ