子供嫌い

baby hand


若い頃の私は、子供という存在に全く興味がなかった。

親戚の集まりに小さな子がいても、

お守りしたり、遊んであげるのはもっぱら

すぐ下の子供好きの弟で、私は見向きもしなかった。

第一、面倒見が悪かったので、子供達も

私では、楽しくなかったであろう。

電車などで、騒ぐ子供達などにも、

顔をこっそりしかめるようなオンナでもあった。

私だって、子供の時代があったのに

どうしてだろう。

それに、私には2人の弟がいる。

彼らが赤ちゃんだった頃の記憶は皆無なので、

どんな姉だったか覚えていないが、

まあ、これは推して知るべしだろう

(今度、母に聞いてみることにする)。

とにかく、子供というものは、

別の世界の住人であるかのように思っていたような気がする。


上の娘を産んだのは、結婚したら子供を作るもの、

と何故か思っていたから。

あんなに、子供というものが遠い存在に感じていたのに、

欲しくない、と思ったことはない。

太古からの本能のようなものか。

そんな私だったので、自分でもどんな母親になるのか想像もつかなかった。


ところが、娘が生まれた途端、

私は彼女に夢中になった。胸が苦しくなるくらい。

子供というものがこんなに可愛いものとは思いもしなかった。

我が子ながらうんぬん、という表現があるが、

私は、よく、我が子だから可愛い、とひとりごちていた。

それに、私に向けられる100% の Unconditional Love(無条件の愛)!

全く、イチコロ(死語?)だった。


そんな、自分の娘への愛情というものに目覚めて以来、

他人の子供も可愛くみえるようになった。

娘のぷよぷよのほっぺや、輪ゴムがはまったような手足。

そういう赤ちゃんの可愛さのディテールを一度知ってしまうと、

外出先で見る子供達をみんな、可愛く見える。

密かに、ああ、あのほっぺに触りたい、とじれるほど。

なので、友人に小さな子供がいると、抱っこしたくてたまらなくなる。

私は、赤ちゃんは触ってなんぼ、と思っている人なので、

つい実践してしまう(もちろん、ちゃんと許可を得てから)。


幸いにも、娘の下に、もう1人子供に恵まれた私は、

これを、デジャヴのように繰り返した。

ああ、赤ちゃんって、子供ってなんて可愛いの。

ああ、無条件の愛!という具合に。


まったく、ハタチ頃の私には、

こんな子供好きになるとは想像もできなかったこと。

子宮を取ってしまった私に、もう子供を作ることは無理だが、

孫を抱くという可能性がある。

娘は20歳、息子は11歳。

ああ、その日が待ち遠しい(あんまり早くても心配だけど)。





ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.