シングルマザーだった頃 ~不安発作~

mother daughter


シングルマザーだった頃の話は

何回か、このブログに書いているが、

今回はちょっと真面目にココロのことを。


私は前夫と離婚をファイルした年に

大学へ行き始めた。

1996年だった。

アメリカへの移住、離婚、大学進学と

環境が激変したこの年の前後、

私は、自分を見失っていたような気がする。

もちろん、日常生活はきちんと送っていたし、

娘との2人暮らしも楽しかった。

大学を出て、アメリカで就職するという

明確な目標もあった。

バイトに勉強に子育てに息つくひまもない過ぎていく毎日。

でも、ふと立ち止まると、

不安を抱える、自信をなくした私がひょっこり現れた。

不安発作を起こし、心臓発作かと思い、

医者にかかったこともある。

必死で勉強したので、大学での成績は良かったし、

就職への不安も不思議となかった。

今当時を振り返るに、

アメリカで娘を抱えてひとりぼっちで、

私の居場所を見つけられないことが怖かったんだと思う

(実際は、前夫の両親のサポートはあったけれど)。

受け入れられたいけど、どうしたらいいかわからない。

家族はみんな日本だし、親しい友達もそばにいない。

英語は発展途上で、顔見知り以外の人と会話するのも苦手。

そんな自分がいや。


そんな私は、ふと思いついて、

大学のキャンパスにいるカウンセラーに

かかったことがある。

そこで私は、

「自分に自信がない。受け入れられていない気がする。

そんな自分が嫌い」

と訴えた。

「自信がないって、あなた成績だっていいじゃない」

とカウンセラー。

「成績のいい人なんて、いくらでもいるわ」

と私。そんなの全然特別じゃない。

そこで、彼女は私に質問した。

「あなたの長所は何?」

思いつかないので答えられない。

じゃあ、次のアポイントメントまでに、一つだけでいいから、

自分の誇れるところを見つけてきてね、という彼女。

結局、一つも思い浮ばず、キャンセルしてしまった。

これって、いわゆるウツ状態だったのかもしれない。

でも、前述したように、

本当に普段はちゃんとファンクションしていたし、

落ち込んで引きこもるようなこともなかった。

ただ、普段、ココロの中に小さく小さく、

押しつぶし、飼いならしている不安が、

時々、ぱちん、と顔を出す感じ。

それを持て余し、抱えきれなくなると、

不安発作として症状に出たのだ。

今の私は、その頃の私が誇って然るべきものを

いくつでも挙げられる。

自分で言うのもナンだけど、頑張ったもの。


その後、仲の良い友人ができたり、

英語漬けの毎日を過ごすことで

英語へのコンプレックスもだんだんなくなったり、

アメリカでひとりで暮らすことへの

自信もついてきた。

あとは、娘の存在。

彼女によって、母としての居場所はいつもあった。

彼女に、常に求められているという実感。

これに助けられたことも大きい。

娘よ、感謝するぞ。


今、同じように、どこかで次へのステップを

踏み出そうとしている人にエールを送ります!






ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


Related Entries

Comments

No title

かよ☆かあちゃんの勇気と決断力と実行力を尊敬します。

  • 2013/06/29 (Sat) 01:22
  • Yokito #-
  • URL
No title

うーん、わかります。
私もアメリカで働き始めたばかりの頃、意味のない不安が多かったです。
なんでわざわざこんなとこにいるんだろう〜って思った事も。
多分今でも拭いきれない不安はあるけど、私自身が不安や痛みに図太くなってしまって、感じなくなってしまっただけなのかなと思います。
お嬢さんがいて良かったですね。
少なくとも、彼女にとってかよ☆かあちゃんさんは絶対的な存在。
それは一生かわりません。
確たる居場所ですよね!




  • 2013/06/29 (Sat) 04:16
  • みかづき #-
  • URL
Re: Yokitoさん

コメントありがとうございます。
いえいえ、いつも、これで良かったのかな、と自分に問いかける連続でしたよ。
流れにのって、ここまで来たって感じです(笑)

> かよ☆かあちゃんの勇気と決断力と実行力を尊敬します。

  • 2013/06/29 (Sat) 20:32
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
No title

こんにちは
私の娘も同じような状況で(大学院アメリカ留学中)
大変なことがありました。渡米して半年、やっと半期が終わって
成績もよく何とかやっていたんです。はじめは渡米して1年は日本帰国の
予定はなかったんですが・・・親心でお金を出して帰国させたんです。
日本で2週間ほど過ごして、アメリカに戻った途端・・・号泣した娘。
日本で過ごした平穏な生活から、また「大変なアメリカ生活」のことで
不安がガアア~と襲ってきて、
「英語ができない!」「よい成績を取り続けられるか分からない!」
いろいろな不安が一挙に出て、泣きながら電話をしてきました。

親としては何も手伝えなくて・・・ただただ電話の娘の言葉を聞くだけ。
英語についてはハンディがあるし、でも
成績はアメリカ人より上回らなくてはならない!という思いで・・・
すごいストレスだったようです。
若いから、やっと乗り越えられたんだと思います。

こういう体験があるので、娘と同じように、いやいや
娘以上に、アメリカでがんばっておられる、
かよ☆かあちゃんのブログは見逃せません(笑)

因みに・・この話とは異質ですが、私は・・・
母のことで、すごいストレスを感じて・・・
うつ状態・パニック障害?になりました。
もう不安感がすごくて・・・心臓は爆発しそうになるし・・・
腰痛・首痛はおこるし、帯状疱疹は出るし・・・。。
ストレスって怖いですね。。

娘さんがいてがんばれた面がありますね。
どうぞこれからもがんばってください。
アメリカで働く かよ☆かあちゃんさんを応援しております~

  • 2013/06/29 (Sat) 21:15
  • ライリ #SWpj80tQ
  • URL
Re: みかづきさん

コメントありがとうございます。
私も、今は図太くなって感じなくなっているようです(笑)
やっぱり、人間って環境が変わると、何とか順応しようと
もがくのかな、と思います。
あの小さかった娘も今は、20歳。
全く、こうるさいですよ(笑)


> うーん、わかります。
> 私もアメリカで働き始めたばかりの頃、意味のない不安が多かったです。
> なんでわざわざこんなとこにいるんだろう〜って思った事も。
> 多分今でも拭いきれない不安はあるけど、私自身が不安や痛みに図太くなってしまって、感じなくなってしまっただけなのかなと思います。
> お嬢さんがいて良かったですね。
> 少なくとも、彼女にとってかよ☆かあちゃんさんは絶対的な存在。
> それは一生かわりません。
> 確たる居場所ですよね!

  • 2013/06/29 (Sat) 22:27
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
Re: ライリさん

コメントありがとうございます。
娘さんの気持ちよくわかります。
私も何故か、アメリカ人よりも良い成績を取らなきゃって
思い込んでました。
英語ができないイコール頭が悪い、と思われたくなかったんでしょうね(笑)
私はこのパニック発作、この時のほかにも人生の違うポイントで2回起こしてるんです。
あれは、つらいですよね。本気で、私、もうダメかもと思ったりして。
ライリさんのお母様の記事も少しずつ読んでます。全力疾走の様子が手に取るように浮んできます。
私は父を10年ほど前に亡くしていて、母は今年70歳。
弟が同じ敷地内に住んでいて、心配はないのですが、
やはり、遠くにいることがつらいです。
ブログを通して、ライリさんと知り合いになって良かった。
元気付けられます!

> こんにちは
> 私の娘も同じような状況で(大学院アメリカ留学中)
> 大変なことがありました。渡米して半年、やっと半期が終わって
> 成績もよく何とかやっていたんです。はじめは渡米して1年は日本帰国の
> 予定はなかったんですが・・・親心でお金を出して帰国させたんです。
> 日本で2週間ほど過ごして、アメリカに戻った途端・・・号泣した娘。
> 日本で過ごした平穏な生活から、また「大変なアメリカ生活」のことで
> 不安がガアア~と襲ってきて、
> 「英語ができない!」「よい成績を取り続けられるか分からない!」
> いろいろな不安が一挙に出て、泣きながら電話をしてきました。
>
> 親としては何も手伝えなくて・・・ただただ電話の娘の言葉を聞くだけ。
> 英語についてはハンディがあるし、でも
> 成績はアメリカ人より上回らなくてはならない!という思いで・・・
> すごいストレスだったようです。
> 若いから、やっと乗り越えられたんだと思います。
>
> こういう体験があるので、娘と同じように、いやいや
> 娘以上に、アメリカでがんばっておられる、
> かよ☆かあちゃんのブログは見逃せません(笑)
>
> 因みに・・この話とは異質ですが、私は・・・
> 母のことで、すごいストレスを感じて・・・
> うつ状態・パニック障害?になりました。
> もう不安感がすごくて・・・心臓は爆発しそうになるし・・・
> 腰痛・首痛はおこるし、帯状疱疹は出るし・・・。。
> ストレスって怖いですね。。
>
> 娘さんがいてがんばれた面がありますね。
> どうぞこれからもがんばってください。
> アメリカで働く かよ☆かあちゃんさんを応援しております~

  • 2013/06/29 (Sat) 22:48
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
元気もらいました

状況は少し違うけれど、3ヶ月の娘と犬一匹とアメリカで新米のシングルマザーをしております。誰の助けもなしに本当に1人で3ヶ月やってきて、私も「日常生活は普通に」していますが、娘が起きる前と寝た後はイライラと行きどころ無い怒りで泣いてばかり。お金もすっからかんでお先真っ暗。悪い時は終わりが来ると信じてなんとか一日一日やり抜いてる感じですが、こちらのブログを読ませて頂いて、最後のくだりで元気づけられました。明日もやるだけやってみよう・・・

  • 2014/01/12 (Sun) 01:36
  • まいまい #aaK22Eco
  • URL
Re: まいまいさん

一番手がかかるときに1人で子育ては大変ですね。
ちゃんと睡眠は取れてらっしゃいますか?
アメリカのどちらにお住まいなのかしら?地域によってはサポートグループとかあるかと思います。
シカゴには私のブログ仲間が立ち上げた日本人向けのシングルマザーの会があります。
大変なときに前向きでいるのはしんどいと思います。私はしんどいときは「魔法の言葉」で乗り切ってます。
「私はツイてる」「ありがとう」「感謝します」と辛いときにあえて声に出して言うだけでも私には効き目があるようです。
もし私で何かお手伝いできることがあったら、またご連絡くださいね。


> 状況は少し違うけれど、3ヶ月の娘と犬一匹とアメリカで新米のシングルマザーをしております。誰の助けもなしに本当に1人で3ヶ月やってきて、私も「日常生活は普通に」していますが、娘が起きる前と寝た後はイライラと行きどころ無い怒りで泣いてばかり。お金もすっからかんでお先真っ暗。悪い時は終わりが来ると信じてなんとか一日一日やり抜いてる感じですが、こちらのブログを読ませて頂いて、最後のくだりで元気づけられました。明日もやるだけやってみよう・・・

  • 2014/01/12 (Sun) 23:19
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.