ピアノ ラブ

piano.jpg


最近バイオリンを習い始めた息子に触発されて、

私も久しぶりにピアノを弾くようになった。

乾癬性関節炎を発症してから、ほとんど触っていなかったピアノ。

最近は薬が効いていて、日常生活に支障がないが、

大丈夫かなと、最初は恐る恐るピアノに触れた。


もう何年も弾いていなかったが、以前弾いていた曲は

予想外にも指がまだ覚えている。

といっても、簡単なソナタ程度しかもう弾けない。

今日も、ハイドンのごく易しいソナタを弾いた。

久しぶりに無心になったような気がする。


どんな楽器でも奏でる音はみんな素敵だけど、

ピアノの音が一番好き。

なので、時々図書館で借りるCDは

ほとんどがピアノ曲。

仕事場で時々聞く音楽も大抵ピアノ曲。

何故って聞かれても、自分でもわからない。

ピアノの音がしっくりくるのだ。


プロのピアノの演奏を聞いて、

うっとりするのももちろんいいけど、

下手でも自分で弾くのもいい。

滑らかな和音の進行とか、予想を裏切る変調とか

なんていうか、音楽を体で感じるというか、

音楽が体に入ってくる感じがいいのかな。


また練習して、以前のように弾けるように

なりたいなとは思うが、

今日は、さっき30分ほど弾いただけで、

指がこわばって、関節と手首かすかに痛い。

毎日弾いていたら、きっと症状が出てくるだろう。

関節に負担にならない程度に

すこうしずつ、ピアノを楽しむとするか。



ランキング参加中!

一日一回クリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.