私の持病 乾癬について3 悪化(後編)

前編はこちら(→


さて、2人目の妊娠、出産以来、だんだん乾癬が悪化してしまった私。

上の娘が11歳、息子が4歳になり、仕事と家庭の両立も

結構スムーズになってしばらくした頃、

私はリストラに遭ってしまった。

当時のことについてはこちら(→

なんと、このリストラのおかげで、

乾癬が寛解するという不思議なことが起こった!



6ヶ月ほどの再就職探し中の夏に、

父の3回忌があり、家族4人で日本へ里帰りした際のこと。

本当は2週間滞在し、アメリカへ戻る予定だったのだが

(旦那は1週間のみの滞在)、

せっかくの機会だし、子供と3人で、滞在期間を

1ヶ月に延ばすことにした。

また仕事が決まったら、早々来れないし。



法要を済ませ、旦那を成田まで送った後、

妻であることや、母親であることをちょっと脇によけて、

実家にて母の娘として思い切り甘える日々が始まった。

(とはいっても、ちゃんと子供の面倒はみたし、

家事も手伝いましたよ~。)

すると!1週間の内に、硬かった乾癬のパッチが

薄くなり、ほろほろと剥がれ落ち、

スムースな皮膚が顔をのぞかせてきたではないか!

これには私もびっくり!

湿気のある気候があっているのかしら?

毎日の日本食によるもの?

と考えた。

いや、多分、日常のストレスからスコーンと開放された

ことによるのではないだろうか。

あれは、今振り返っても夢みたい。

リストラに遭った良かったと思った、

ちょっとその矛盾に複雑な感じ。



アメリカへ帰国した時には、まっさらなきれいだった皮膚も

しばらくして再就職先も見つかり、

また日常に追われる日々が始まったら、

また乾癬は戻ってきてしまった。

その後、悪化の一途を辿り、

立ったまま入る、タンニング(日焼け)ベッドのような

医療用のUV機器での治療を受けることになった。

これは、思いもかけずよく効いた。

頭皮やでこぼこの爪を除き、あれよあれよと、

クリアーになる皮膚。

治療前には、身体の20%は乾癬で覆われ、

夏でも長袖、長ズボンという状態だったので、

これには救われた。



現在は、乾癬性関節症を発症後、

食事に気を遣い、

メソトレキセートを服用し、

先週まで、ポイント照射方のUV治療を受けていたので、

とりあえず、寛解に近い状態。

ここ2年ほどは、半そでも着れている。幸せ。

これからこの治療を受けられない日々が来る(→)ので

また悪化してしまうかもしれない。

いつか、乾癬、というか膠原病の遺伝子を直接コントロールできる

薬とか出来ないかなあ。

この病気と共に生きている方々、

お互いがんばりましょうね。




おまけ。キム・カーダシアンが乾癬の診断を受けたときのビデオ。



ランキング参加中!

一日一回どちらかにクリックして頂けると励みになります!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Related Entries

Comments

No title

私の場合は、バイクでこけたら腰痛がなおったということがありました。
いろいろなことがありますよね。

ストレス社会ですが、どうぞためすぎないように。
ためるのはお金がいいですよ

  • 2013/09/01 (Sun) 22:39
  • wombat #-
  • URL
Re: wombat さん

Alignmentされたんですかね、こけて?

本当ですよね、たまったストレスが換金できたら、
私、きっとお金持ちかも。

> 私の場合は、バイクでこけたら腰痛がなおったということがありました。
> いろいろなことがありますよね。
>
> ストレス社会ですが、どうぞためすぎないように。
> ためるのはお金がいいですよ

  • 2013/09/02 (Mon) 19:43
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
私も!!

肌は予測つかない時があるからつらいですよね。。
私は30歳超えてから蕁麻疹もちに。。。ストレスがあんなに肌にくるとは( ^)o(^ )!!
またかよさんもご一緒においいしいパン食べてHappy気分高めたいですっ♪

Re: えりさん

蕁麻疹ってアレルギーなのかな?大変だね。
パンのバフェ行ってみたいなあ。じゅる(よだれ)。
おいしいパンは確かにHappyな気分にしてくれる!

> 肌は予測つかない時があるからつらいですよね。。
> 私は30歳超えてから蕁麻疹もちに。。。ストレスがあんなに肌にくるとは( ^)o(^ )!!
> またかよさんもご一緒においいしいパン食べてHappy気分高めたいですっ♪

  • 2013/09/04 (Wed) 21:54
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.