私の医者事情

Clay Doc


今日、年に1回の産婦人科での定期健診に行ってきた。

私は今年の4月に子宮を摘出してしまったので

子宮頸がんの検査の必要はなくなったけれど

これからも1年に一度は欠かさずに検診に行く。



さて、その定期健診でのこと。

私の主治医は韓国出身の私と同じ年代の医師で

人柄も腕もとてもいい。

その病院の医師の奥様方はほとんど彼に

診てもらっているらしい。

私の子宮摘出も彼が執刀した。



診察が終わり、最近仕事はどう?と聞かれ

代わりばえないですよ、と答えたついでに

先生の場合は、一日として同じ日はないですよね~?

と聞いてみた。

すると、そうだね~、日によって大変な日もあるし

そうでない日もあるかな、と言う。

患者さんのことを心配したり悩んだり。

へえ、そうなんですか~?と返すと

そりゃあ、そうだよ。

つい最近、簡単な手術をした患者さんが

術後に、痛い~!と泣いて叫んで大変だったんだけど

手術自体はパーフェクトだったし

彼女も血液検査なんかの結果もクリーン。

結局、何にも問題なかったんだけど

どうしてだろうと心配だったよ。

難しい患者さんもいるからね。

ふーん。

お医者さんも人間なのよね、と改めて思ってしまった。



この医師の他にも、私にはあと2人の主治医がいる。

内科医と乾癬の専門医(というかNurse Practitioner)。

どの先生も私の話をきちんと聞いてくれるし

私の意見も尊重してくれる。

内科の主治医とはほぼ20年の付き合いで

気心知れているし

乾癬のNPは私と同年代の女性で何でも相談できる。

本当に彼らにめぐり合って良かったなと思う。

持病持ちの場合は、相性の良い医師を

見つけることは本当に重要。

ただ、アメリカでの医療費は本当に高い。

医療費の設定に行政の規制がないため

病院はいくらでも請求できるというのも

理由のひとつだけど

医者も稼ぎすぎじゃないの!?と思うこともある(笑)。

それさえなければ、私の医者事情は

完璧なんだけどなあ。




これを押すとかあちゃんのブログのランキングがあがります。ありがとう!
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Related Entries

Comments

No title

医療事情は、生活するのに大事ですよね。そういう意味では、アメリカで、周りがみんな’自力’で病気を治しているのにびっくりしました。ものによっては、自費で日本でかかってもまだ安い ものも多かったです。かよ☆かあちゃん、健診は大事ですね。命は買えませんからね・・・。

  • 2013/11/20 (Wed) 09:45
  • Yokito #-
  • URL
Re: Yokitoさん

ほんと、自力で治すって多い!第一、病院側も熱がでてから1週間たったら来てね、みたいな感じだし(笑)
安心を買うというアイデアはこちらではないですよね。
でも、私は健診は欠かさないつもりです。もちろん、子供達も。旦那は病院嫌いだから、ちょっとアレだけど(笑)


> 医療事情は、生活するのに大事ですよね。そういう意味では、アメリカで、周りがみんな’自力’で病気を治しているのにびっくりしました。ものによっては、自費で日本でかかってもまだ安い ものも多かったです。かよ☆かあちゃん、健診は大事ですね。命は買えませんからね・・・。

  • 2013/11/21 (Thu) 23:36
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.