ぐうたら休暇中の読書

毎回、旅行などの予定もなく

休暇を取るときは

ああ、これで毎日ぐうたらできる~

とわくわくするものの

実際何もしないで一日を終えると

充実感はほとんど得られず

ああ、何もしなかった、勿体ない~

と思ってしまうのは何故だろう?

(ほんとに、ぐうたら好きなんだけど)



今回も休みをとったはいいが

片付けておきたかった書類の整理は

ぼちぼちやっているものの

やはり、何も達成してない感がばりばりの出だし。

何かやりたいことってあったっけ~

あ、そうだ、読んでみようと思っていた

本があったんだ。



思い出したのは、以前にシカゴの掲示板を通して

買った、一箱の古本の存在。

村上春樹の本が目当てで買ったその箱には

読んだことのない作家の本も何冊か入っていた。

年をとってくると、新しい作家の本に取り掛かるのが

億劫になるようだ。

でも、過去に話題になった本もあるので読んでみよう

と思いつつ、しばらくたってしまった。



そのうちの一冊はこちら。



博士の愛した数式 小川洋子著

この本、とても素敵。

一気に読んでしまった。

「交通事故による脳の損傷で記憶が80分しか

持続しなくなってしまった元数学者「博士」と

博士の新しい家政婦である「私」とその息子「ルート」の

心のふれあいを美しい数式と共に描いた作品」

(ウィキペディア)

この本は家政婦の「私」の視点で書かれているのだが

それは、淡々として、それでいて優しい。

記憶が8時間しか持たない「博士」にとっては

毎日「私」と「ルート」とは初対面。

そんな3人の交流は心をぽっと暖かくしてくれる。

「私」と「ルート」の「博士」への愛情

(といってもいいだろう)は最後まで

読者の心を裏切らないのも好み。

また、「博士」の苦しみや

過去に封印された秘密などについての

さらりと、そして揺り動かされるような書き方もいい。

お気に入りの一冊となった。



そして、今読んでいるのがこの本。





模倣犯 宮部みゆき著

彼女の本では歴史小説は読んだことはあるけれど

推理物はこれが初めて。

かなりの長編なので一瞬読み始めるのに躊躇した。

現在、上巻を2/3ほど読んだところ。

読み始めはなかなか入り込めなかったけれど

だんだん、本を置きにくくなってきた。

登場人物も結構多いのだけれど

書き方がいいのだろう、混乱することなく読める。

この休暇中にできれば読み終わらせたいな。

もしかしたら、後で感想を書くかも。



しかし、ぐうたらが好きだけれど

何かしなくちゃ、と思う貧乏性(?)な私。

なんだろうね。

ぐうたら道においての潔さが足りないな。





これを押すとかあちゃんのブログのランキングがあがりますよ~。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村

Related Entries

Comments

宮部みゆき

かよさん、またまた、お邪魔しますね!

宮部みゆき、私が好きな作家の1人、彼女の小説、沢山読んでいます。

今、お読みになっている模倣犯も以前に読みました。彼女の小説時代物も味があってよく書かれてあり好きですね。

私、以前の職業が出版産業関係であったので本には縁があり、何人かの作家先生には会った事がありました。

面白い事にどの作家でもそうでしたが、実際に会って見るとその作家の作風とその著者とのイメージが全く合わない、驚いた事がありました。

本、好きなんですが、こちらで読むのは駐在が引越しで置いていった文庫本くらいしか手に入りません、日本に帰った時も沢山の本も持ち帰りたいのですがかさばったり重いので諦めています。

しかし、本も以前から言われていた活字文化の衰退で名立たる出版社、青息吐息、潰れた出版社の沢山あります、残念ですがこれも時代の移り変わり、しょうがないですね。

模倣犯、読み終わりましたら是非感想、お聞かせ下さい。

  • 2013/11/27 (Wed) 08:39
  • わがまま、親父 #.fR4.oCU
  • URL
Re: わがまま、親父さん

どの作家にお会いになったのか気になります!

模倣犯はやっと上巻を読み終わり、下巻に入りました。
今週いっぱいには読み終わりそうもないです。
でも、読み終わったら、感想をお知らせししますね。

私は日本に帰る旅、買った本をダンボールにいっぱい詰めて
飛行機で持って帰ります。
今は荷物の制限が厳しくなったらしい(二つ目のチェックインの荷物は料金かかるんですよね?)ので、次はできるかな?

私は、本に関してはアナログで、紙の本が好きです。
息子はKindleも好きらしいですが。
出版社には頑張ってもらいたいなあ。

> かよさん、またまた、お邪魔しますね!
>
> 宮部みゆき、私が好きな作家の1人、彼女の小説、沢山読んでいます。
>
> 今、お読みになっている模倣犯も以前に読みました。彼女の小説時代物も味があってよく書かれてあり好きですね。
>
> 私、以前の職業が出版産業関係であったので本には縁があり、何人かの作家先生には会った事がありました。
>
> 面白い事にどの作家でもそうでしたが、実際に会って見るとその作家の作風とその著者とのイメージが全く合わない、驚いた事がありました。
>
> 本、好きなんですが、こちらで読むのは駐在が引越しで置いていった文庫本くらいしか手に入りません、日本に帰った時も沢山の本も持ち帰りたいのですがかさばったり重いので諦めています。
>
> しかし、本も以前から言われていた活字文化の衰退で名立たる出版社、青息吐息、潰れた出版社の沢山あります、残念ですがこれも時代の移り変わり、しょうがないですね。
>
> 模倣犯、読み終わりましたら是非感想、お聞かせ下さい。

  • 2013/11/28 (Thu) 00:19
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
かよ☆かあちゃん

私は作家にこだわらず毎年Bookoffで
目についたタイトルの本を買ってきます。
エッセイが多いでしょうか。
小説はあまり読まないのですが数年前に私も
「博士の愛した数式」を読みました。
とっても良かったです。
私も一気に読んでしまいました。

  • 2013/11/28 (Thu) 14:27
  • kemmi #-
  • URL
No title

こんばんは~! 
模倣犯は好きな本の一つです。 かなり前に日本から買って帰りましたけど、文庫本で5巻もあって、確か4000円以上だったような、、面白くなかったらどうしようって、ドキドキしました(笑) でもすっごくおもしろかったです。 
宮部さんの本は母親が好きで少し借りて読んだのがきっかけです。火車もおもしろかった。
アメリカの翻訳物が好きです。パトリシアコーンウエルとか。
かよさんは全然ぐうたらじゃないですよ~!
それからリンクに入れさせてくださいね。

  • 2013/11/28 (Thu) 21:25
  • tomotan #-
  • URL
Re: kemmiさん

私も日本に帰る際にBookoffに
何回か通って買い込むのが私の楽しみです。
「博士の愛した数式」いいですよね~。
押し付けがましくない優しさが気に入りました。



> 私は作家にこだわらず毎年Bookoffで
> 目についたタイトルの本を買ってきます。
> エッセイが多いでしょうか。
> 小説はあまり読まないのですが数年前に私も
> 「博士の愛した数式」を読みました。
> とっても良かったです。
> 私も一気に読んでしまいました。

  • 2013/11/29 (Fri) 20:15
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
Re: tomotanさん

そっかあ、文庫本だと5巻になっちゃうんですか~!
今はバタバタしているので、なかなか進みません。
ピースにムカつき過ぎて、読み進まないだけかも(笑)

私もパトリシア・コーンウェルの大ファンで
スカーペッタ・シリーズは全部持ってます。
彼女のTwitterもフォローしてるんですよ~。

> こんばんは~! 
> 模倣犯は好きな本の一つです。 かなり前に日本から買って帰りましたけど、文庫本で5巻もあって、確か4000円以上だったような、、面白くなかったらどうしようって、ドキドキしました(笑) でもすっごくおもしろかったです。 
> 宮部さんの本は母親が好きで少し借りて読んだのがきっかけです。火車もおもしろかった。
> アメリカの翻訳物が好きです。パトリシアコーンウエルとか。
> かよさんは全然ぐうたらじゃないですよ~!
> それからリンクに入れさせてくださいね。

  • 2013/11/29 (Fri) 20:29
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.