金持ち病のティーン ジェイルを免れる 

Affluenzaという言葉を昨日はじめて知った。

Affluenzaとは

AffluentとInfluenzaをかけたもので

裕福さが増し続けることにより

かえって、人生に満足感を得ることができず

精神的に支障をきたしてしまう個人の状態のこと。

つまり、金持ちであることでかかる

“精神障害”のことらしい。

日本語にすると多分、金持ち病。



この言葉を知ったのは

昨日、あるニュースを見たことによる。

テキサスの16歳の少年(イーサン・カウチ)が

飲酒運転で事故を起こし

4人の命を奪った罪で起訴されていたが

10年の保護観察という

非常に軽い判決を言い渡されたのみに済んだというもの。

弁護側は、カウチの弁護に

カウチは金持ち病であるといことを弁護に使った。



お金持ちはいい弁護士をつけることにより

刑が軽くなったりするけれど

お金持ちであることを弁護理由にするなんてびっくり。

イーサン・カウチの場合は

裕福な両親がしつけというものを一切せず

欲しがるものを何でも与え

責任を取ることも教えずに育てたために

この障害を持つようになった

と弁護側は主張した。

この甘やかされたどら息子は

今までも、問題を何回となく起こしてきたが

その度に、両親が金で解決してきたという。



政治のブログのThink Progressによると

同じテキサスでの飲酒運転による傷害致死では

懲役5年から15年が多いとのこと。

実際、検察側は懲役20年を申し立てたらしい。

弁護側は懲役20年の判決が出ても

多分、軽減され、ごく短い期間刑務所に入るのみに

なるだろうから

若い彼を10年間モニターする方が

彼の更正に役立つとインタビューに答えている。

10年後に、どこかのテレビ局に

彼がどうなっているか取材してもらいたいわ。



なお、この保護観察に伴い

1年に45万ドルもするリハビリ施設に

入所という判決も出た。

もちろん両親の負担。

まったく、お金持ちじゃないと

こんなリハビリ施設なんて入れないよね。



全く、4人がこの事故で亡くなっているのに

金持ち病にかかっているから

刑務所に行かなくて済むなんて

被害者の家族じゃなくても納得いかない。

お金のあるなしで罪の重みが決まるなんて

フェアではないが、でも、これがアメリカの現実。

今私が一番知りたいのは

イーサン・カウチは4人の命の重みを

理解したのだろうかということ。

彼のリッチな両親でも命は金で買えないからね。




ぽちっと押すと、このブログのランキングがあがります。ありがとう。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Related Entries

Comments

だったら親が死刑になればいいのにね
過激すぎてすいません

  • 2013/12/14 (Sat) 14:21
  • ウォンバット #-
  • URL
Re: ウォンバットさん

死刑にはもちろんならないけれど、両親は民事で色々訴えられているので
何らかの責任をとることになりそうです。
息子と一緒に一生かかって責任とって欲しいです。

> だったら親が死刑になればいいのにね
> 過激すぎてすいません

  • 2013/12/14 (Sat) 22:49
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.