乾癬と爪と私

爪というからだのパーツは

指のさきっちょにちんまりあるくせに

自己主張が激しい。

それに爪の持ち主について

情報を発信したりもする。

例えば

つま先が黒い爪は

その人がメカニックかも知れない

ヒントを出しているし

きちんとマニキュアされた爪は

その人がおしゃれに使える時間に

余裕があることを知らせてくれる。

私の爪は

私が乾癬を持っていることを

堂々と見る人に伝えている。

まあ、その割には乾癬だと見破る人は

実際少ないと思うけれど。



私は尋常性乾癬と乾癬性関節症の持病があり

爪もその影響を受けている。

尋常性乾癬を持つ人の皮膚は

皮膚の表皮を作るスピードが

通常の10倍速を上回るので

どんどん角化してかさぶたとなる。

(私は今はかさぶたはほとんどない)

爪もそれと同じなのか

せかすように生えてくるようで

私の場合はでこぼこの横線が

入っていたりする。



ずっとレーザーの治療をしていたせいか

薬(メソトレキセート)が効いているのか

爪床にぬっている薬が効いているのか

今はありがたいことに

変色していない。

治療・投薬前は少し黄ばんでいて

人に手を見せるのがいやで

手をいつも丸めていた。



変色してないとはいえ

でこぼこと変形している私の爪。

バイトを始めたときにちょっと考えた。

人前でレジを打つときに

お客さんが見て不快になったらどうしよう。

まあ、それは杞憂に終わり

一言のコメントももらったこともないし

視線を爪に感じたこともない。

本人が気にするほど周りは

見ていないものなのだろうか。



一時、マニキュアを塗れば

変色した爪や多少のでこぼこが

隠せるかもしれないと考え

ためしに塗ってみたこともあるが

マニキュアが沁みて痛くて諦めた。

こんな私には素敵なネイルアートが憧れ。



そうそう、見えないところの爪にも

色々と問題はある。

私の足の爪は乾癬のせいで巻き爪になりやすく

時々爪が食い込まないように

角をリフトしないといけない。

これが痛い。

でも、放っておくともっと痛いことになるので

我慢、我慢。



おしゃれにかけては全く無能な私の爪たち。

一度爪に乾癬の症状が出てくると

本当にきれいな爪に戻すことは難しい。

まあ、それでも私の一部だから

できるだけヘルシーになるように

大事にしてあげないとね。

爪としての役割くらいは

きちんと果たしてもらいたいもんだわ

\(*⌒0⌒)bがんばっ♪




ぽちっと押すと、このブログのランキングがあがります。ありがとう。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村



Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.