謎の足音

2、3日前、娘とダイニングルームにいた時のこと。

ベースメントから階段を昇る足音が聞こえた。

その時、旦那と息子はベースメントで

それぞれ、テレビを見たり、コンピューターで

ゲームをしてりしていたので

どちらかが上の階へ来るだろうと思い

踊り場を見ていたが、誰も来ない。



ははーん、息子が驚かそうと思っているな。

ばれてるよー、と息子の名前を呼んでも返事がない。

あれ~、と思っていたら

また足音がして、今度は旦那が踊り場へ顔を出した。



そこに○○(息子の名前)いるでしょ?

と旦那に聞くと

え?何のこと?○○はコンピューターでまだ遊んでるよ。

と怪訝な顔をして答えた。

また~、おどかそうとして~、と娘と私。

本当だよ。僕は今までテレビを観ていたし

○○はコンピューターでずっと遊んでるし

という旦那(マジで言っていた)。

え゛ーーーーーー!

とは私達女性軍の叫び声。



まあ、同じ叫び声でもちょっと種類が違って

娘 → え゛ーーーーーー! (((( ;゚Д゚)))ガクブル

私 → え゛ーーーーーー! (`Д´) ムキー!

私はオカルト話が好きだし

たまーに、不可解なことは家の中で起こっていて

ああ、またか、という感じだったし

第一、最近色々悩みが多くて

それどころじゃないっていうか

ウザいなあ、もう!と叫んだ私に対して

娘は涙を流して怖がっている。



全く、誰か何か言いたいことでもあるのかしらね!

と、イラつく私に

何も言いたいことなんてないよ、きっと!

ただの Jerk (ヤな奴)に決まってるよ、と

涙目で答える彼女。



昨日は、誰もいないところで

壁を蹴るような音がしたし。

今は、色々手いっぱいなので

もっと気にかける人のところに出たほうがいいと思うよ

それにたいしてアドバイスしたい私です。


ぽちっと押すと、このブログのランキングがあがります。ありがとう。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.