家庭と仕事とどっちが大事?



女性、特に家庭を持つ女性にとって、

日本と比べた場合、アメリカでの方が働き易いかは私にはわからない。

日本でOLをしていたのは、独身の時5年間と、結婚し出産するまでの短い期間だけなので、

経験として比べられない。

が、家庭を持つ者として、アメリカで働いていて、

ああ、ありがたいと思ったことは多々ある。


再婚してから授かった息子は幼いころ喘息気味で、

毎月のように風邪をひいては中耳炎や気管支炎を併発していた。

私も旦那もフルタイムで働いていたので、彼は毎日託児所へ預けざるを得ない。

で、預けている間に熱が出ると、迎えに来てくださいと電話がかかってくる。

もちろん夜のうちに熱が出たこともしょっちゅう。

風邪気味の時は、託児所に連れて行くのに罪悪感を感じながらも、

仕事場で、熱出すなよ~

とよく念を託児所にいる息子に飛ばしていたものだ。

娘は健康そのものだったが、急に病気になり、

学校から呼び出しがかかったこともある。

日本で家族が近くに住んでいれば、頼れることも出来るが、

こっちではそうもいかない。旦那の家族や親戚もみんな働いていたし、

第一一番近くに住む彼の叔母の家は車で二時間以上離れている。


そんな時は、どうするか?

私が仕事を早退、または、欠勤するのである

(私は家から仕事場まで30分の距離だったが、旦那は1時間以上離れていたので)。

ただ、私の仕事は、会社のネットワークにアクセスし、

オンラインである程度出来るので、家で働かせてもらうことがよくあった。

もちろん、有給をとらずして。

これは、本当に助かった。

家で子供の世話をしながら仕事ができるなんて、恵まれている。


子供たちは成長し、病気になる回数がかなり減ったが、それでも、

小児科での健康診断や、歯の矯正のアポイントメントなど、常に盛りだくさん。

学校関係でも面談など色々ある。

こういう場合はどうするか。

ただ単に仕事を抜けるのである。

まあ、多分、これはサラリーだからできるのだろう。

一年の給料が決まっているので、残業をいくらしようが、

手当てはでないのと一緒で、たまに、2時間抜けてもおとがめなし。

もちろん、マネージャーの許可がいるけど。

ちなみに、今の私のマネージャーは女性で、5人の子持ち。

彼女も当然家族が仕事より大切と言い切るひと。


結局は、

家族の方が仕事よりも大事。

私の職場での経験では、これが常に根底にあって、

みんなそれに基づいて行動し、配慮している。

やるべきことをやっていれば、誰も文句は言わない。

2時間抜けたことによって、終わらなかった仕事は、

2時間のエクストラを働いて片付ければいいだけ。

こんな感じで、なんとか今までやってきた。

世の中の働くかあちゃん達(とうちゃん達も)、がんばろうね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
Related Entries

Comments

No title

今日は、かよさん、

今日の記事、これはカナダも同様です。先ず家族が優先しますね、午後5時、即帰宅ラッシュです。
会社に対してのロイヤルテイ、あるにかもしれませんが、日本とは違います

ただ、私、日本では高度成長期の企業戦士の1人だった関係で、この北米の企業風土、良いか悪いかは判断できません。

いずれにせよ、日本の終身雇用はもう存在しない、良い時代だったのかもしれませんね””

  • 2013/04/11 (Thu) 22:26
  • わがまま、親父 #.fR4.oCU
  • URL
親父さんへ

今日一時間ほど残業して外に出たら、駐車場に車が10台ほどしかありませんでした。金曜日だし、みんな5時にダッシュで帰ったみたいです。
企業戦士だったんですか?かっこいい!私は日本では不良OLでしたね。ちょうどバブルの時期だったしe-348

  • 2013/04/12 (Fri) 21:32
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.