アメリカに公用語はない件について

スーパーボールの試合中に放映されたコカ・コーラの

コマーシャルは話題を呼んだ。

America the Beautifulというアメリカの愛国心あふれる歌を

8つの言語で歌うというもの。

移民の国であるアメリカを象徴したような作り。

だが、このコマーシャルが流れた途端

ツイッターでは非難の声が続々とあがった。

この曲は英語で歌うべきだ、いうもの。

中には、コカ・コーラの製品をボイコットする

という意見もあった。



HuffPost が行った調査によると

このコマーシャルを不快に思うかという問いに対し

21%が思うと答えたのみだったが

英語をアメリカの公用語にするべきか

という問いに対しては

70%がするべきと答えている。

共和党の返答者はなんと92%が

英語を公用語にすべきと答えている。



それを読んだ私の反応は

え!?英語ってアメリカの公用語じゃなかったの?

というかアメリカに公用語というものはないとは

知らなかった(恥ずかしい...)。

そこで調べてみると、連邦レベルでは確かに

公用語は存在しないが、州レベルでは、50州のうち28州が

英語を公用語としているということだった。

ちなみに、私の住むウィスコンシンでは

英語は公用語とされていない。



連邦レベルでも、これまで何度か

移民法の改正の一部として英語を公用語とすることが

提案されてきたが、成立していない。

だが、先のHuffPostの調査結果に見られるように

多くのアメリカ人は英語を公用語とすることを

望んでいるようだ。



では、公用語のないアメリカ人は

どの言語を使っているかというと

2009年の American Community Surveyの

アメリカ人の母語の調査によると

80%が英語、12%がスペイン語で

そのあと中国語が0.09%と続く。

ちなみに日本語は0.015%。



アメリカに住んでいる方はご存知だと思うが

公共施設の案内には英語の他にスペイン語が

カスタマーサービスに電話をすれば

英語とスペイン語の両方の録音のメッセージに

案内される。

スペイン語を母語とする人達の中には

英語を理解しない人が多いのだ。

そして、それを快く思わないアメリカ人も多い。



私はといえば、この国で生きていくために

受け入れられるために必死で英語を勉強した。

それが、この国に対するリスペクトだと思ったし。

郷に入れば郷に従え。

英語でない別の母語でのニーズの対応を

周りに期待するのは、ちょっと違うとも思う。

まあ、それは英語を公用語にしたほうが

いい云々とは、また別か。

他民族が暮らす国というのは、

織り成す問題がいっぱいあるのね。



そうそう、その問題のコマーシャル

興味がある人のためにアップしておきます。

では、また明日。



【参照】ウィキペディア Languages of the United States

ぽちっと押すと、このブログのランキングがあがります。ありがとう。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村

Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.