職場のボウリング大会にて

20140221-1.jpg

今日はうちのグループのディレクターの

引退(アメリカには定年退職はないから引退で)祝いの

ボウリング大会。

他のアメリカの会社はどうかわからないが

うちの会社では、イベントは任意参加。

うちの課からは半分しか参加しなかった。

仕事を続けるか、仕事を抜けてボウリングを

するか、というチョイスがあれば

私は当然ボウリングを選ぶけどなあ。

残った人は超勤勉なのか非社交的なのか

それともマゾなのか( ̄ー ̄?)



20140221.jpg
入力した人の手が滑り、私の名前はカユーに。ヤフーみたい(笑)

そのボーリング、1ゲームだけだったけど

楽しかったー。

10何年ぶりのボウリングに、ガーターも続出で

ご覧のとおり100には遠いスコアだったけど

9フレームで、スペアにストライク!

終わり良ければすべて良し!違うか。



ゲームの後はランチが振舞われ

その〆のディレクターがスピーチを

したのだけれど、その中で

なるほど、と思ったので、ここに書いておく。



"Try to really work hard to eliminate your position:

They will give you new opportunities and challenges.

That's how you have success in the organizasion."

“自分の就いている職が必要でなくなるように

一生懸命働きなさい。そうすれば

会社は新しいチャンスを与えてくれる。

それが組織の中で成功する方法だ”



・・・この訳じゃ、イマいちニュアンスが伝わらないか。

彼が言いたいのは、問題に対処するだけの仕事をせず

問題を根本から解決してしまうように一生懸命働きなさい。

それで自分の仕事がなくなったとしても

会社は次のチャンスを与えてくれる。

それが成功の鍵だ、ってこと。

それがうちの会社でFixer(ここでは問題解決者の意味)

として名を馳せた彼のアドバイスだった。



それを聞いてちょっと感動した私は

実は、ちょうど今日で今の会社に勤め始めて9周年。

10年目に入った。

なんか、ちょっと気合が入った感じ。

また、頑張ってみるか、と思った一日でした。

たかがボウリングしただけなのに

首、肩、手首、指の関節が痛い~( ̄ー ̄;

まったくヤワな体だのう…。


いつも応援ありがとう。ぽちっとよろしく。
     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村

Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.