病める時も健やかなる時も(笑) 4本足の家族たち。前編

dogs.jpg


今日は仕事のことはおいといて、

友人のくーみーのリクエストで、我が家の4本足の家族のご紹介。

写真の向かって左側がLevi(リーバイ)6歳のチワワのミックス、

右側がLucy(ルーシィ)1歳になったばかりのオールドイングリッシュブルドッグ。

このヒトたちは我が家の金食い虫。


まず、Levi。

パピーの頃から、ちっこくて(ま、チワワが入ってるけど)

食が細いと思ってはいたんだけど、まさか、

大変なことが待っているとはつゆ知らずの私たち。

Leviが小さい頃は、毎日ランチタイムに家へ様子を見に帰っていたのだが、

ある日帰宅してみるとLeviがピクリともしていない。

目は開いたまま、どこも見てないし、触ってもだらりとする体。

ぎゃー!!死んじゃったー!

と泣きながら旦那に電話をかけ、とりあえず、毛布を被せて仕事に戻ったが、

べそべそして仕事にならない。

と、しばらくして旦那から電話が。

“あのさー、Levi、全然死んでるようにみえないよー。”

と、その頃3時ごろが帰宅時間だった旦那が電話口でのたまう。

そういえば、私、気が動転してて、脈とか確かめなかった…。

もしかしてComa(昏睡状態)だったの?

“生きてた!”と喜んだものの、そのまま彼を置いて来てしまった自分を責めつつ、

速攻で獣医へ。

そこで検査をしてもらうと、もしかしたら肝臓が悪いかも、とのこと。

とりあえず、薬用の缶詰フードを買い、スポイトで2時間おきに食べさせる毎日が始まった。

ちょうど夏休みだったので、高校生になったばかりの娘が食事係になった。

体重が何グラム増えるかチェックするのに、キッチンスケールで毎日針とにらめっこ。

それがしばらく続いたが、あまり状態は良くならない。

ある日、獣医さんが、言う。

“私が思うに、これは肝臓の手術が必要になると思いますよ。

たぶん、動脈が肝臓の中でなく外側を通っているので、

毒素をフィルターできてないんだと思います。

外科を紹介するので、行ってみてください。”

ええー?手術でっかー?

と恐る恐る、その外科医へ連れていくと、彼の所見も同じ。

肝臓の外側を通っている動脈をリングのようなもので閉め、

中を通っている細い血管に血流を促すようにするとのこと。

で、手術代は、な、なんと5000ドル!! 

卒倒するかと思いましたよ、かあちゃんは。

旦那と相談して、この小さなワンコの命を救うことに決めたけどね。

で、手術は無事成功して現在に至るのである。

ただ、子犬の頃、あまりに病弱だったので、他の犬たちと交流がほとんどなく、

非社交的な子になってしまいました…。

ちなみに、彼のニックネームはZombie Dog(ゾンビドッグ)です…。


なんか、長くなってしまったので、Lucyについてはまた明日。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
Related Entries

Comments

No title

かよさん、この話は良く解る、

私の老犬、ブラッキー、乳癌になった。

その時、新型テレビ購入時、約2000ドル、だが、ブラッキーの手術代でパー、

テレビはいつでも買える、だが、ブラッキーの命は買えない、

このブラッキー、今年の9月で20歳になります。

  • 2013/04/13 (Sat) 22:22
  • わがまま、親父 #.fR4.oCU
  • URL
親父さんへ

わー、20歳ですか、長生きですね。大切にされているんでしょうね。乳がんは治癒したんですか?ブラッキー、何犬ですか?

  • 2013/04/14 (Sun) 19:02
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
No title

私が次にワンコに生まれて来たら、かよさんの家の子にならせて下さい!

  • 2013/05/08 (Wed) 20:03
  • のりこ #-
  • URL
Re: のりこさん

いやいや、のりこさんの方が絶対いいお母さんだって!

  • 2013/05/08 (Wed) 20:51
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.