アメリカの社内恋愛って?

この間興味深い記事を読んだ。

CareerBuilder.comの行ったリサーチによると38%の社会人が

社内恋愛を経験しているとのこと。

また、Vault.comのリサーチによるともっと高い数字が出ていて

56%(専門職に就いている社会人へのリサーチ)。

これはアメリカでのリサーチだけれど

結構いるんですねー。

さらに、CareerBuilder.comによると

その社内恋愛を経験した人の31%が結婚へ

至っているということ。

それってかなりの確立だと思いません?



かくいう私の職場にも夫婦が何組かいる。

大抵は役職の有無にもよるが

夫婦で同じ部署、というのはほとんどなく

(一組だけいる)

他は夫と妻はそれぞれ違う部署に所属している。

どちらかがマネージャーだった場合

やはり、公平さを保たねばならないのだろうが

どちらかが移動しているみたい。

マネージャーは公正であるべきなので

倫理上の問題を避けるための処置なのだろう。



倫理上といえば。

隣の部署でディレクター(30代男性)とその部下(20代女性)が

こっそり付き合っていたらしいが

2年ほど前、あるイベントでその部署の大部分の社員が

出張中していた際にそれがバレたらしい。

(話によると、バレるような行為をしていたのを

誰かが見ていたらしい)

すると、ディレクターは即クビ。

かなりの腕ききで名を馳せていたので、みんなびっくり。

あー、不倫だったんだ、と思うでしょ?

でも、そんなことは全くなく、二人とも独身。

男性が上司で女性が部下だったというだけ。

皮肉なのは、その女性は今でも同じ部署で

働いていること。



日本だったら、逆なんじゃないかしら。

女性がクビにならなかったとしても

居づらくなって、移動を希望するか辞職するか。

それとも寿退社とか?

まあ、これは私の会社で実際にあった事件(!)だが

アメリカの会社がみんなそういう

措置をとるかはわからないけれどね。



でも、ということは、もし上司と部下で恋愛関係を

持ちたかったら、かなり、慎重にコトを運ばないと

いけないってことね。

あ、これは日本でもそうか。

でもそのスリルが結構楽しかったりするのかな。



ちなみに、CareerBuilder.comによると

社内恋愛を経験した男女の24%が自分より

地位の高い同僚と付き合ったことがあるとのこと。

(直属の上司かどうかは書いてなかった)

そのうち3%が、昇進につながるかもしれないから

と答えたらしい。

ふーん、どうなんだろう、実際のところ。

昇進につながるのかしらね。

うちの会社では無理かも(笑)

でも、表に出ないだけで、そういうのもあったりするのかな。

なーんて、ちょっと考えてしまった私でした。

では、また明日~。



社内恋愛したことある人もない人も、ぽちっとよろしく。

     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ

Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.