アメリカでもキラキラネーム?!

日本でキラキラネーム(またはDQNネーム)が

メディアで取り上げられうようになって久しい。

私の世代はまだ○子や○美といった名前が多かったし、

私が日本に住んでいた20年前もそんな“読めない名前”

を持つ子供は多くなかったと思う。

ちなみにこのDQNだが、日本の文化から離れて大分経つので、

この意味は去年知ったばかり(笑)


このキラキラネーム、実際どんなものがあるのか、

DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)

というサイトでチェックしてみた。

下記はその抜粋。

確かにふりがながないと読めないし、絶句な名前がずらり。

本当に子供がカワイソ。

歩九(ぽっく)
虎廉(ほりょん)
徐慧瑠(じょぇる)
詩羅純(しらす)
湯空汰(ゆかた)
戦争(せんそう)
聖王子(ぽぷり)
空々(くうそ)
赤苺(にゅうい)
織璃彌艶(おりびん)
芸者(あきひさ)
知(しらぬい)
交愛(こあ)
神皇(かみみ)
地下(ちか)
仏娘(じゃんぬ)


やはり、日本語だと漢字の使い方や、当て字の仕方によって、

いくらでも名前が作れるのね。

でも、中には自分の名前が恥ずかしく、違う通り名を名乗ったり、

将来改名したいという子供もいるとか。


アメリカではなんといってもアルファベット26文字の

組み合わせでしか変化をつけられないせいか、

聖書から取った名前をつける親が多いせいか、

あまり変な名前は聞かない。

が!たまに、ええっという名前を聞くことがある。

一つはAbcde

これは友人のそのまた友人の娘の名前だが、アブシディーと読ませる。

アブシディーの名前を聞いて、どうスペルするの?

と彼女の母親に聞いたところ、ABCDEという。

思わず、聞き返してしまった。

これが、個人的に知っている名前の中では一番衝撃的な名前。

次は、La-ya。さて、何と読むでしょう?

これは、知り合いの看護婦のべスから聞いた名前。

べスがその子の母親に名前を確認する際に、レイヤでいいのかしら?

と質問したところ、いいえ!ラダッシヤよ!と憤慨されたそうだ。

そう、―を英語でダッシュというが、それをそのまま読ませるらしい。

ラ・ダッシュ・ヤで、ラダッシヤ。トホホである。そんなん、絶対読めん。

最後に、Demon。そう、悪魔。

これは、同僚の名前。

彼によると、本当はDemontと付けられたのだが、

出生届が出された際に書類からTが誤って抜け落ちてしまったので、

そのままDemonと名乗っているそう。

本人はショックバリューを楽しんでいるらしく、全く気にしていない。


そこで、他にどんな変わった名前がアメリカあるか調べてみると、

結構あるある。下につまんだものを。


Names.jpg



アメリカのキラキラネームは日本のに比べると、ちょっとインパクトにかけるけど、

やっぱり、親の顔が見たい名前が揃ってましたよ。

このフルリストはbabycenter.comで読めるので、興味のある方はどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
Related Entries

Comments

No title

こんな名前を付けられたら親を恨むね。私なら。。。

  • 2013/05/07 (Tue) 20:21
  • のりこ #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.