白人がアジア人によく聞くことがあるけど、立場を逆にしたら?(笑)

アメリカには多くの人種が住んでいるけれど

アジア系だというだけで、聞かれる質問というのがある。

いわゆるステレオタイプな質問。

生まれも育ちもアメリカなのに

どこ出身?と聞かれ、ミルウォーキーと答えると

本当の出身地はどこ?と聞かれ

数学のクラスで一緒になると、君は数学得意だから簡単でしょ

と、羨ましそうに言われ

ふと知り合った人に東洋の宗教っていいよねえ

心が落ち着くし~、とコメントされ

日本人だと言うと、私、SUSHI 大好きー!!と言われ…

などということがある。



私は日本生まれの日本育ちなので

どこ出身と聞かれても、日本、と答え、相手も納得する。

でも、アジア系のアメリカ人が、アメリカを出たことがなくても

どこ出身とか、東洋文化のこととかコメントされても

うっせーなー、と面倒くさい気持ちになるだろうことは必然。

明からさまでない、無意識の人種的なコメントととる人も多いのでは。



では、立場を逆にしたら?というのがこのビデオ。

白人がアジア人によく言うような質問の内容を

白人の文化などに置き換え、アジア人が白人に質問する。

これ、結構ウケます。

結構早口なので、聞き取りづらいかなー。




読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。

     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.